【ユウスゲのまとめ!】育て方(苗の植え方や種まき)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ユウスゲについてまとめていきたいと思います。

 

ユウスゲは、本州、四国、九州の山地の草地に自生しているツルボラン科のワスレグサ属の多年草です。

 

ユウスゲの花は、夕方に開き、朝には閉じてしまいます。そのため、開花している花を見ることの少ない植物です。

ユウスゲは、漢字で「夕菅」で書き、別名キスゲと言われています。

 

ユウスゲの学名は、「Hemerocallis citrina var.vespertina」です。

 

今回は、ユウスゲについてのポイント、

①ユウスゲの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ユウスゲの花の画像(写真)!特徴は?
③ユウスゲの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ユウスゲの苗の植え付けのポイントは?
⑤ユウスゲの種まき時期と種まきのポイントは?
⑥ユウスゲに似た花はなにがあるの?
⑦ユウスゲの花言葉はなに?
⑧ユウスゲの種類や品種は何があるの?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはユウスゲの育て方からお伝えします!

 

ユウスゲの育て方(栽培)は?

 

ユウスゲは、とても丈夫な植物で、庭植えの場合はほとんど手をかけなくても育ちます。

ユウスゲは、根が張りやすいので鉢植えの場合は、大きめの鉢で育てることをおすすめします。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ユウスゲが好む環境についてお伝えします!

 

ユウスゲの育て方!環境はどうする?

 

ユウスゲは、日当たりの良い場所を好みますが、半日陰でも栽培が可能です。

 

葉は幅5~15㎜で、40~60㎝ほどの長さになります。

葉が伸びると倒れやすくなるので、鉢植えの場合は置き場所を確保する必要があります。

 

次は、ユウスゲに適した用土についてお伝えします!

 

ユウスゲを育てる際の適した用土は何?

 

ユウスゲは、腐植性に富み排水の良い場所を好みます。

 

鉢植えの場合は、水持ちと水はけの良い用土に植えましょう。

市販の培養土で大丈夫です。

 

次は、ユウスゲに必要な肥料についてお伝えします!

 

ユウスゲの育て方!肥料はどうする?

 

ユウスゲは、肥料を多めに与えます。

 

植え付け時に元肥として、緩効性肥料を土に混ぜます。

その後追肥として、3~4月と9~10月に1回ずつ緩効性化学肥料を施します。

 

では次は、ユウスゲの水やりポイントについてお伝えします!

 

ユウスゲを育てる際の水の量はどうする?

 

ユウスゲの水やりは、年間を通して土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

 

以上で基本的なユウスゲの育て方については終わりです。

次はユウスゲの写真をお見せします!

 

ユウスゲの花の画像(写真)!特徴は?

 

  

 

ユウスゲの花は、直径10㎝ほどでユリの花に似た形をしています。

 

花色は、上品なレモンイエローで、甘い芳香があります。

草丈は約40~80㎝ほどになります。

 

次に、ユウスゲの開花時期についてお伝えします!

 

ユウスゲの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ユウスゲの開花時期は、6~7月の初夏です。

ユウスゲは、夕方から開花し、翌日の午前中にはしぼむ一日花です。

 

次に、ユウスゲの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ユウスゲの苗の植え付けのポイントは?

 

ユウスゲを鉢に植え付ける際の目安は、6号鉢に1株です。

 

根が張りやすいため、見ための草丈より大きめの鉢に植えましょう。

鉢が小さいと、株が増えづらくなり花付きが悪くなるので気を付けましょう。

 

株が混んできたら、秋か春先に株分けをして、植え替えを行います。

庭植えの場合は、4~5㎝の深さで、40㎝程の間隔で植えます。

 

では次に、ユウスゲの種まき時期とポイントについてお伝えします!

 

ユウスゲの種まき時期と種まきのポイントは?

 

ユウスゲの種まきは、9月から10月ぐらいに行うと、寒くなる前に新芽を伸ばすことができます。

 

また春、5月以降に播いても発芽は可能です。

乾燥させないように水やりをしながら管理します。

 

ユウスゲは発芽してから花が咲くまで4~5年かかる植物です。

最初の1,2年は、しっかりと根が張るように株を育てます。

 

次は、ユウスゲに似た花についてお伝えします!

 

ユウスゲに似た花はなにがあるの?

 

ユウスゲに似た花を咲かせる植物は、ヤブカンゾウやニッコウキスゲが挙げられます。

 

ニッコウキスゲは、ユウスゲとは対照に昼間に花を咲かせ、夕方にはしぼむのが特徴です。

ユウスゲの方がやや草丈がやや高くなります。

 

では次に、ユウスゲの花言葉をお伝えします!

 

ユウスゲの花言葉はなに?

 

ユウスゲの花言葉は、「媚態」、「麗しき姿」です。

 

媚態は、月の光を受けて闇にぽっかりと浮かぶ神秘的な花姿に由来しているようです。

麗しき姿は、薄暗い中で宙に浮いたようにくっきりと見える美しい花姿からきているのかもしれません。

 

それでは最後に、ユウスゲの種類や品種をお伝えします!

ユウスゲの種類や品種は何があるの?

 

ユウスゲの仲間として挙げられるのは、日中開花の「ニッコウキスゲ」、ユウスゲと同じく夕方から開花する「エゾキスゲ」があります。

 

エゾキスゲは、花色はユウスゲと同じですが日本では主に北海道に分布しているのが特徴です。

また、八重咲きの花をつける「ヤブカンゾウ」もユウスゲの仲間と言えます。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ユウスゲのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ユウスゲの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ユウスゲは、日当たりの良い場所を好みますが、半日陰でも栽培が可能です。

ユウスゲは、腐植性に富み排水の良い場所を好みます。

鉢植えの場合は、水持ちと水はけの良い用土に植えましょう。

ユウスゲは、肥料を多めに与えます。

植え付け時に元肥として、緩効性肥料を土に混ぜます。

その後追肥として、3~4月と9~10月に1回ずつ緩効性化学肥料を施します。

ユウスゲの水やりは、年間を通して土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

 

②ユウスゲの花の画像(写真)!特徴は?

ユウスゲの花は、直径10㎝ほどでユリの花に似た形をしています。

花色は、上品なレモンイエローで、甘い芳香があります。

③ユウスゲの開花時期や季節はいつ頃なの?

ユウスゲの開花時期は、6~7月の初夏です。

 

④ユウスゲの苗の植え付けのポイントは?

根が張りやすいため、見ための草丈のサイズより大きめの鉢に植えましょう。

鉢が小さいと、株が増えづらくなり花付きが悪くなるので気を付けましょう。

株が混んできたら、秋か春先に株分けをして、植え替えを行います。

 

⑤ユウスゲの種まき時期と種まきのポイントは?

ユウスゲの種まきは、9月から10月ぐらいに行うと、寒くなる前に新芽を伸ばすことができます。

乾燥させないように水やりをしながら管理します。

ユウスゲは発芽してから花が咲くまで4~5年かかる植物です。

 

⑥ユウスゲに似た花はなにがあるの?

ユウスゲに似た花を咲かせる植物は、ヤブカンゾウやニッコウキスゲが挙げられます。

 

⑦ユウスゲの花言葉はなに?

ユウスゲの花言葉は、「媚態」、「麗しき姿」です。

 

⑧ユウスゲの種類や品種は何があるの?

ユウスゲの仲間として挙げられるのは、日中開花の「ニッコウキスゲ」、ユウスゲと同じく夕方から開花する「エゾキスゲ」があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)