【カンスゲのまとめ!】画像や班入りの種類等4個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、カンスゲについてまとめていきたいと思います。

 

カンスゲは、カヤツリグサ科スゲ属に属す常緑宿根草です。

冬になっても枯れないので、カンスゲ(寒菅)と名付けられました。

 

北海道・本州・九州の、低山~山地でやや湿った林床や林縁、岩場に見られます。

 

今回は、カンスゲについてのポイント、

①カンスゲの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②カンスゲの画像(写真)!特徴は?
③カンスゲの開花時期や季節はいつ頃なの?
④カンスゲの斑入りの種類や品種は何があるの?

 

以上4個の点についてお伝えします。

まずはカンスゲの育て方からお伝えします!

 

カンスゲの育て方は?

 

カンスゲはとても丈夫で、育てるのにほとんど手間がかかりません。

 

その丈夫さから、古くは蓑を作るのに用いられたり、現在ではガーデニングのグランドカバーや寄せ植えにも使われています。

大きな株を作って生育し、緑色の葉のまま越冬します。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、カンスゲが好む環境についてお伝えします!

 

カンスゲの育て方!環境はどうする?

 

カンスゲは、日なた・日陰どちらの環境でも育ちますが、やや湿り気のある場所を好みます。

株が大きく育ち混みあってきたら、株分けをすると良いでしょう。

 

次は、カンスゲに適した用土についてお伝えします!

 

カンスゲを育てる際の適した用土は何?

 

カンスゲを育てる際の用土は、地植えであれば、種類は選びません。

鉢植えの場合は、水はけの良い土を使用すると良いでしょう。

 

次は、カンスゲに必要な肥料についてお伝えします!

 

カンスゲの育て方!肥料はどうする?

 

カンスゲを育てる際に、肥料は余り必要ありません。

 

では次は、カンスゲの水やりポイントについてお伝えします!

 

カンスゲを育てる際の水の量はどうする?

 

水やりは、地植えの場合は、雨が降らない日が続く以外は必要ありません。

鉢植えの場合は、土が乾いたら、たっぷりお水をあげましょう。

 

以上で基本的なカンスゲの育て方については終わりです。

次はカンスゲの写真をお見せします!

 

カンスゲの画像(写真)!特徴は?

 

 

カンスゲは、根元から密に伸びる、緑色の固く細長い葉が特徴です。

葉の長さは20~40cmになり、幅は6~15mmと細長く、縁はザラザラしています。

 

春には葉の間から沢山の花穂を出し、実をつけます。

花穂は20~40cmで、淡い褐色をしています。

 

都心近郊では高尾山でも自生しているそうです。

花穂の季節以外は余り目立たないかも知れませんが、知っている植物を探しながらのハイキングも楽しそうです。

 

次に、カンスゲの開花時期をお伝えします!

 

カンスゲの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

カンスゲは、早春の3~4月頃に、葉の間から多くの花茎を出し、頂に長さ2~4cmの褐色を帯びた花穂をつけます。

 

花穂は、一番先に雄花が一つとその下に多数の雌花からなります。

雄花は葯を伸ばして沢山花粉をまき、雌花は受粉して4~5月に実がなります。

 

春の花が出始める時期に、カンスゲの花穂が現れます。

色とりどりの春の花のなかで、フワフワした花穂はまるで綿毛が飛んでいるような様子で、とても優しい雰囲気を醸し出します。

 

それでは最後に、カンスゲの斑入りの種類や品種をお伝えします!

 

カンスゲの斑入りの種類や品種は何があるの?

 

カンスゲには、ヒメカンスゲ、オクノカンスゲなどの品種があります。

 

ヒメカンスゲは、カンスゲの近縁種で、小型で日本各地の林床に自生します。

オクノカンスゲは、カンスゲに似ているものの、葉の断面がW型に波打っているのが特徴です。

 

その他にも斑入りの品種に、シマカンスゲやベアグラスがあります。

 

シマカンスゲは、縁が黄緑色の葉が特徴です。

 

ベアグラスは、黄中斑の葉をもち、寄せ植えによく使用されています。

オオシマカンスゲの斑入り園芸品種です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

カンスゲのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは4個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①カンスゲの育て方(環境、土、肥料、水やり)

カンスゲは、日なた・日陰どちらの環境でも育ちますが、やや湿り気のある場所を好みます。

株が大きく育ち混みあってきたら、株分けをすると良いでしょう。

用土は、地植えであれば、種類は選びません。

鉢植えの場合は、水はけの良い土を使用すると良いでしょう。

肥料は余り必要ありません。

水やりは、地植えの場合は、雨が降らない日が続く以外は必要ありません。

鉢植えの場合は、土が乾いたら、たっぷりお水をあげましょう。

 

②カンスゲの画像(写真)!特徴は?

カンスゲは、根元から密に伸びる、緑色の固く細長い葉が特徴です。

葉の長さは20~40cmになり、幅は6~15mmと細長く、縁はザラザラしています。

春には葉の間から沢山の花穂を出し、実をつけます。

花穂は20~40cmで、淡い褐色をしています。

 

③カンスゲの開花時期や季節はいつ頃なの?

カンスゲは、早春の3~4月頃に、葉の間から多くの高さ20~40cmの花茎を出し、頂に長さ2~4cmの褐色を帯びた花穂をつけます。

花穂は、一番先に雄花が一つとその下に多数の雌花からなります。

雄花は葯を伸ばして沢山花粉をまき、雌花は受粉して4~5月に実がなります。

 

④カンスゲの斑入りの種類や品種は何があるの?

カンスゲには、ヒメカンスゲ、オクノカンスゲなどの品種があります。

その他にも斑入りの品種に、シマカンスゲやベアグラスがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)