【ムスコーサ(多肉植物)のまとめ!】育て方や若緑との違い等8個のポイント!

ムスコーサ

 

みなさんこんにちは。

今回は、ムスコーサについてまとめていきたいと思います。

 

ムスコーサは、ベンケイソウ科クラッスラ属に属する多肉植物です。

 

原産地は南アフリカです。

 

別名の漢字では、「青鎖竜」と書き、「せいさりゅう」と呼びます。

その漢字の通り、密集した葉が上へと伸びていく様は竜のようです。

 

ムスコーサだけでも存在感はありますが、寄せ植えにもよく使われます。

 

今回は、ムスコーサについてのポイント、

①ムスコーサの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ムスコーサの画像(写真)!特徴は?
③ムスコーサの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ムスコーサの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤ムスコーサの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?
⑥ムスコーサの増やし方!挿し木や葉挿しのやり方は?
⑦ムスコーサと若緑の違いはなに?同じ植物なの?
⑧ムスコーサの花言葉はなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはムスコーサの育て方からお伝えします!

 

ムスコーサの育て方は?倒れる際の対策はどうするの?

 

ムスコーサは耐暑性もあり、多湿にならないように気をつければ育てやすい植物です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ムスコーサが好む環境についてお伝えします!

 

ムスコーサの育て方!環境はどうする?

 

ムスコーサは、日当たりの良い場所で育てますが、夏の直射日光に当たると葉焼けすることもあるので、半日蔭の場所に変更します。

 

また風通しが悪いと下葉がしおれてしまうので、風通しを良くしてあげます。

冬は寒さには弱いので、室内に移動します。

 

次は、ムスコーサに適した用土についてお伝えします!

 

ムスコーサを育てる際の適した用土は何?

 

ムスコーサの用土は、赤玉土を3割、鹿沼土を3割、バーミキュライトを2割、腐葉土2割を混ぜて作ります。

市販の多肉植物用やサボテン用の培養土を使用しても構いません。

 

次は、ムスコーサに必要な肥料についてお伝えします!

 

ムスコーサの育て方!肥料はどうする?

 

ムスコーサは、植え付けや植え替えの時に緩効性の肥料を元肥として混ぜます。

葉が落ちるのが多くなってきたら、緩効性の液体肥料を与えます。

 

では次は、ムスコーサの水やりポイントについてお伝えします!

 

ムスコーサを育てる際の水の量はどうする?

 

ムスコーサは乾燥に強いですが過湿には弱いです。

過湿になると倒れてしまう場合もあるので、乾燥気味にするぐらいにします。

 

冬は1カ月に1回土の表面が濡れる程度ぐらいに水やりします。

 

夏は土が乾いたら、朝または夕方に水やりをします。

 

以上で基本的なムスコーサの育て方については終わりです。

次はムスコーサの写真(画像)をお見せします!

 

ムスコーサの画像(写真)!特徴は?

 

ムスコーサ

 

ムスコーサの葉の形は三角形になっています。

この葉が茎の周りに密になってきれいに重なり、上に伸びていきます。

 

花は葉のすき間から小さい黄色の花を咲かせます。

 

次に、ムスコーサの開花時期をお伝えします!

 

ムスコーサの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ムスコーサの開花時期は、4月~5月です。

非常に小さいので見過ごしてしまうこともあるかもしれません。

 

次は、ムスコーサの値段や販売価格をお伝えします!

 

ムスコーサの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

ムスコーサの販売価格は300円~600円程度です。

 

それでは次に、ムスコーサの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントをお伝えします!

 

ムスコーサの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

 

ムスコーサの植え付けや植え替えは、に行います。

 

用土はあらかじめ水に濡らしておきます。

根は傷つけたり乾燥したりしないように気をつけます。

 

鉢の底には軽石を敷き水はけのよい状態にします。

3分の1程度土を入れたら、ムスコーサを置き、残りの土を入れていきます。

 

植え替えは2年に1回行うと良いでしょう。

 

次は、ムスコーサの増やし方をお伝えします!

 

ムスコーサの増やし方!挿し木や葉挿しのやり方は?

 

ムスコーサは挿し木や葉挿しで増やすことができます。

 

挿し木は伸びすぎた茎を切り、2日間乾燥させた後土に挿します。

根が出るまでは、風通しの良い日陰の場所に置きます。

 

葉挿しは葉を優しく取り、乾燥させた用土の上に置いていきます。

根が出るまでは、日陰の場所に置きます。

 

次に、ムスコーサと若緑の違いをお伝えします!

 

ムスコーサと若緑の違いはなに?同じ植物なの?

 

ムスコーサと若緑はとても良く似ています。

違いはムスコーサは太い形状で、若緑は細い形状です。

 

それでは最後に、ムスコーサの花言葉をお伝えします!

 

ムスコーサの花言葉はなに?

 

ムスコーサを含むクラッスラの花言葉は、「富」、「一攫千金」、「幸運を招く」、「不老長寿」という花言葉があります。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

ムスコーサのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ムスコーサの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ムスコーサは、日当たりや風通しの良い場所で育てます。

用土は、赤玉土、鹿沼土、腐葉土、バーミキュライトを混ぜて作ります。

肥料は葉が多く落ちるようになったら、緩効性の液体肥料を与えます。

水やりは過湿にならないように、土が乾いたら水やりをします。

 

②ムスコーサの画像(写真)!特徴は?

ムスコーサの葉の形は三角形になっています。

この葉が茎の周りに密になってきれいに重なり、上に伸びていきます。

花は葉のすき間から小さい黄色の花を咲かせます。

 

③ムスコーサの開花時期や季節はいつ頃なの?

ムスコーサの開花時期は、4月~5月です。

 

④ムスコーサの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

ムスコーサの販売価格は300円~600円程度です。

 

⑤ムスコーサの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

ムスコーサの植え付けや植え替えは、春に行います。

用土はあらかじめ濡らしておきます。

 

⑥ムスコーサの増やし方!挿し木や葉挿しのやり方は?

ムスコーサは伸びすぎた茎を挿し木にしたり、摘み取った葉を葉挿しにして増やすことができます。

 

⑦ムスコーサと若緑の違いはなに?同じ植物なの?

ムスコーサは太い形状で、若緑は細い形状です。

 

⑧ムスコーサの花言葉はなに?

ムスコーサを含むクラッスラの花言葉は、「富」、「一攫千金」、「幸運を招く」、「不老長寿」という花言葉があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)