【ウマゴヤシ(苜蓿)のまとめ!】育て方(適した環境や種まき)と花言葉等8個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ウマゴヤシ(苜蓿)についてまとめていきたいと思います。

 

ウマゴヤシは、マメ科ウマゴヤシ属の1~2年草です。

 

ウマゴヤシは欧州原産で、江戸時代に日本に渡り、日本中の道端や海岸に自生しています。

もっと古い時代に朝鮮から種が渡ってきたという説もあるようです。

日本の他にも世界中の温帯・暖帯に分布しています。

 

今回は、ウマゴヤシ(苜蓿)についてのポイント、

①ウマゴヤシ(苜蓿)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ウマゴヤシ(苜蓿)の画像(写真)!特徴は?草や花はどんな感じ?
③ウマゴヤシ(苜蓿)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④ウマゴヤシ(苜蓿)の種まき時期と種まきのポイントは?
⑤ウマゴヤシ(苜蓿)は食用なの?おすすめの食べ方は?
⑥ウマゴヤシ(苜蓿)とクローバーの違いはなに?
⑦ウマゴヤシ(苜蓿)の花言葉はなに?
⑧ウマゴヤシ(苜蓿)の種類や品種は何があるの?ムラサキウマゴヤシなど

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはウマゴヤシ(苜蓿)の育て方からお伝えします!

 

ウマゴヤシ(苜蓿)の育て方は?

 

ウマゴヤシは、渡来してから広く緑肥や飼料作物として栽培されてきました。

マメ科の牧草は土地を肥沃にし、たんぱく質やアミノ酸を多く含むので、栄養豊富な飼料として扱われていました。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ウマゴヤシ(苜蓿)が好む環境についてお伝えします!

 

ウマゴヤシ(苜蓿)の育て方!環境はどうする?

 

古くから飼料や牧草として利用されてきたウマゴヤシですが、暖地では野生化しているものもあります。

 

やせた土地でもよく育ちますが、寒さには弱いので注意しましょう。

日当たりの良い場所を選び、湿地は避けるようにしましょう。

 

次は、ウマゴヤシ(苜蓿)に適した用土についてお伝えします!

 

ウマゴヤシ(苜蓿)を育てる際の適した用土は何?

 

ウマゴヤシを育てる際には、水はけの良い土を選びましょう。

園芸用培養土を使用するのも良いでしょう。

 

次は、ウマゴヤシ(苜蓿)に必要な肥料についてお伝えします!

 

ウマゴヤシ(苜蓿)の育て方!肥料はどうする?

 

ウマゴヤシはやせた土地でも十分育つので、特に肥料は必要ないでしょう。

 

では次は、ウマゴヤシ(苜蓿)の水やりポイントについてお伝えします!

 

ウマゴヤシ(苜蓿)を育てる際の水の量はどうする?

 

ウマゴヤシを育てる際は、水やりは降雨のみで大丈夫です。

乾燥した日が続いた場合には、適宜お水をあげましょう。

 

以上で基本的なウマゴヤシ(苜蓿)の育て方については終わりです。

次はウマゴヤシ(苜蓿)の写真をお見せします!

 

ウマゴヤシ(苜蓿)の画像(写真)!特徴は?草や花はどんな感じ?

 

 

ウマゴヤシの茎は基部から分枝し、地上を這うように延びます。

草丈は60cm程で、斜めに立ちます。

 

1.5cm位のハート形の小葉は3枚の複葉で、葉柄は長めです。

黄色い5mm位の蝶形花を数個、葉腋に咲かせます。

 

果実は螺旋に巻かれた5~8mmの球形をしていて、その螺旋の縁に沿ってとげがあります。

その形状からバークローバーとも呼ばれています。

 

次に、ウマゴヤシ(苜蓿)の開花時期をお伝えします!

 

ウマゴヤシ(苜蓿)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ウマゴヤシの開花時期は、春です。

視界一面にウマゴヤシが広がる野原は、待ちわびた春にぴったりの光景ですね。

 

次は、ウマゴヤシ(苜蓿)の種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

ウマゴヤシ(苜蓿)の種まき時期と種まきのポイントは?

 

ウマゴヤシの種まきは、秋に行いましょう。

 

あらかじめ元肥を少し入れて土を耕し、平らにならしておきます。

種まき後は1~2cm覆土し、発芽までは土が乾かないようにしましょう。

 

それでは次に、ウマゴヤシ(苜蓿)のおすすめの食べ方をお伝えします!

 

ウマゴヤシ(苜蓿)は食用なの?おすすめの食べ方は?

 

ウマゴヤシの近縁種であるムラサキウマゴヤシ(マメ科ウマゴヤシ属)は、食べることが出来ます。

 

ムラサキウマゴヤシの種子を発芽させたもやし(アルファルファ)は、栄養豊富なことで有名ですね。

アルファルファは、ビタミンA(βカロテン)・ビタミンB1/B2/B6・葉酸・ビタミンC・鉄・亜鉛・食物繊維などをバランスよく含みます。

 

生食としては、種まき後、3~7日の幼苗がアルファルファ・スプラウトとしてサラダなどで頂くことが出来ます。

加工食品としては、茎葉を粉砕・圧縮したものがサプリメントに用いられています。

 

アルファルファは、疲労回復・コレステロール値抑制・消化促進・便秘改善、ダイエット等に効果があると言われています。

婦人系がんや妊娠・授乳中のかたは、アルファルファには植物性エストロゲンが吹く前れるため、過剰摂取に注意しましょう。

 

次は、ウマゴヤシ(苜蓿)とクローバーの違いをお伝えします!

 

ウマゴヤシ(苜蓿)とクローバーの違いはなに?

 

ウマゴヤシは、マメ科ウマゴヤシ属の植物ですが、クローバー(シロツメクサ)は、マメ科トリフォリウム属の植物です。

またウマゴヤシが欧州原産なのに対し、クローバー(シロツメクサ)は、北半球の温帯・南アフリカ原産です。

 

余談ですが、トリフォリウムという属名は、小葉が3枚からなることからつけられています。

 

トランプのクラブのデザインに用いられたり、三位一体の例えにも使われます。

四葉のクローバーが幸運をもたらすと言われているのは、有名ですね。

 

トリフォリウム属には、シロツメクサ(クローバー)の他、ムラサキツメクサなどがあります。

 

次に、ウマゴヤシ(苜蓿)の花言葉をお伝えします!

 

ウマゴヤシ(苜蓿)の花言葉はなに?

 

ウマゴヤシの花言葉は、「陽気な性格」「快活」です。

 

明るい野原に沢山咲くウマゴヤシは、見ているだけで気分が明るく陽気になりますね。

そんなのびのびとした気持ちを、多くの人々が感じる植物なのでしょうね。

 

それでは最後に、ウマゴヤシ(苜蓿)の種類や品種をお伝えします!

 

ウマゴヤシ(苜蓿)の種類や品種は何があるの?ムラサキウマゴヤシなど

 

ウマヤゴシと同じウマゴヤシ属には、コメツブウマゴヤシ・ムラサキウマゴヤシ・コガネウマゴヤシなどがあります。

 

ムラサキウマゴヤシは、紫色の花で、もやしの部分(アルファルファ)は食用として有名です。

コメツブウマゴヤシは、豆果にとげがない品種です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ウマゴヤシ(苜蓿)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ウマゴヤシ(苜蓿)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

古くから飼料や牧草として利用されてきたウマゴヤシですが、暖地では野生化しているものもあります。

やせた土地でもよく育ちますが、寒さには弱いので注意しましょう。

日当たりの良い場所を選び、湿地は避けるようにしましょう。

ウマゴヤシを育てる際には、水はけの良い土を選びましょう。

園芸用培養土を使用するのも良いでしょう。

ウマゴヤシはやせた土地でも十分育つので、特に肥料は必要ないでしょう。

ウマゴヤシを育てる際は、水やりは降雨のみで大丈夫です。

乾燥した日が続いた場合には、適宜お水をあげましょう。

 

②ウマゴヤシ(苜蓿)の画像(写真)!特徴は?草や花はどんな感じ?

ウマゴヤシの茎は基部から分枝し、地上を這うように延びます。

草丈は60cm程で、斜めに立ちます。

1.5cm位のハート形の小葉は3枚の複葉で、葉柄は長めです。

黄色い5mm位の蝶形花を数個、葉腋に咲かせます。

果実は螺旋に巻かれた5~8mmの球形をしていて、その螺旋の縁に沿ってとげがあります。

その形状からバークローバーとも呼ばれています。

 

③ウマゴヤシ(苜蓿)の開花時期や季節はいつ頃なの?

ウマゴヤシの開花時期は、春です。

 

④ウマゴヤシ(苜蓿)の種まき時期と種まきのポイントは?

ウマゴヤシの種まきは、秋に行いましょう。

あらかじめ元肥を少し入れて土を耕し、平らにならしておきます。

種まき後は1~2cm覆土し、発芽までは土が乾かないようにしましょう。

 

⑤ウマゴヤシ(苜蓿)は食用なの?おすすめの食べ方は?

ウマゴヤシの近縁種であるムラサキウマゴヤシ(マメ科ウマゴヤシ属)は、食べることが出来ます。

ムラサキウマゴヤシの種子を発芽させたもやし(アルファルファ)は、栄養豊富なことで有名ですね。

アルファルファは、ビタミンA(βカロテン)・ビタミンB1/B2/B6・葉酸・ビタミンC・鉄・亜鉛・食物繊維などをバランスよく含みます。

生食としては、種まき後、3~7日の幼苗がアルファルファ・スプラウトとしてサラダなどで頂くことが出来ます。

加工食品としては、茎葉を粉砕・圧縮したものがサプリメントに用いられています。

アルファルファは、疲労回復・コレステロール値抑制・消化促進・便秘改善、ダイエット等に効果があると言われています。

婦人系がんや妊娠・授乳中のかたは、アルファルファには植物性エストロゲンが吹く前れるため、過剰摂取に注意しましょう。

 

⑥ウマゴヤシ(苜蓿)とクローバーの違いはなに?

ウマゴヤシは、マメ科ウマゴヤシ属の植物ですが、クローバー(シロツメクサ)は、マメ科トリフォリウム属の植物です。

またウマゴヤシが欧州原産なのに対し、クローバー(シロツメクサ)は、北半球の温帯・南アフリカ原産です。

 

⑦ウマゴヤシ(苜蓿)の花言葉はなに?

ウマゴヤシの花言葉は、「陽気な性格」「快活」です。

 

⑧ウマゴヤシ(苜蓿)の種類や品種は何があるの?ムラサキウマゴヤシなど

ウマヤゴシと同じウマゴヤシ属には、コメツブウマゴヤシ・ムラサキウマゴヤシ・コガネウマゴヤシなどがあります。

ムラサキウマゴヤシは、紫色の花で、もやしの部分(アルファルファ)は食用として有名です。

コメツブウマゴヤシは、豆果にとげがない品種です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)