【キンラン(植物)のまとめ!】育て方や花言葉等9個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、キンランについてまとめていきたいと思います。

 

キンランはラン科の多年草で、自生ランの一種です。

黄金色の花を付けることからキンランと名前がつけられました。

 

今回は、キンランについてのポイント、

①キンランの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②キンランの画像(写真)!特徴は?
③キンランの開花時期や季節はいつ頃なの?
④キンランを移植する際のポイントは?
⑤キンランの増やし方!
⑥キンランとギンランの違いはなに?絶滅危惧種に指定されているの?
⑦キンランの価格は?
⑧キンランと菌根菌の関係とは?
⑨キンランの花言葉はなに?

 

以上9個の点についてお伝えします。

まずはキンランの育て方からお伝えします!

 

キンランの育て方(栽培方法)は?

 

キンランの育て方に適しているのは庭植えです。

鉢植えだと、菌根菌の問題が発生し発育が難しくなります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、キンランが好む環境についてお伝えします!

 

キンランの育て方(栽培)!環境はどうする?

 

キンランの好む環境は、落葉樹の足元のような半日陰です。

庭植えで落葉樹を栽培しているなら、半日陰になるように植えつけると良いでしょう。

 

次は、キンランに適した用土についてお伝えします!

 

キンランを育てる際の適した用土は何?

 

キンランに適した用土腐葉土です。

庭植えの際は、土をよく耕し腐葉土や落ち葉を混ぜながら柔らかい土壌を作るようにしましょう。

 

次は、キンランに必要な肥料についてお伝えします!

 

キンランの育て方!肥料はどうする?

 

キンランは菌根菌と樹木が共生して育つため、肥料は必要ありません。

 

では次は、キンランの水やりポイントについてお伝えします!

 

キンランを育てる際の水の量はどうする?

 

キンランの水やり発芽までは水を与えるようにし、発芽後は降雨で育ちます。

 

以上で基本的なキンランの育て方については終わりです。

次はキンランの写真をお見せします!

 

キンランの画像(写真)!特徴は?

 

 

こちらがキンランの写真です。

 

キンランはラン科の多年草で草丈は30cmから70cmほどになります。

茎の先端から鈴のように連なった黄色の花を半開きに咲かせます。

 

花は、花弁が5枚あり真ん中に黄褐色の突起があります。

また、葉は10cmほどの長さで茎を抱くように7、8枚重なっていることが特徴です。

 

次に、キンランの開花時期をお伝えします!

 

キンランの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

キンランの開花時期は、春から初夏にかけての4月から6月です。

山や林の遊歩道で自生するキンランは見つけやすいのでぜひ探してみましょう。

 

次は、キンランを移植する際のポイントをお伝えします!

 

キンランを移植する際のポイントは?

 

 

キンランを移植するのは基本的にはおすすめしません。

 

キンランは環境に弱く、移植しても5年程で枯れてしまいます。

万が一、市販の苗を移植する場合は既にキンランの植えている場所に移植するか落葉樹の近くに移植することをおすすめします。

 

次に、キンランの増やし方をお伝えします!

 

キンランの増やし方!

 

キンランの増やし方種で増やします。

 

花後に種が出来るため、種を取ったら、ポットに種まき用の土を入れて窪みを作り、種を2、3粒入れて土をかけ、発芽するまで水を与えましょう。

また、種取りをしなくても種が落ちるまで放っておいて自然と増やす事もできます。

 

次は、キンランとギンランの違いをお伝えします!

 

キンランとギンランの違いはなに?絶滅危惧種に指定されているの?

 

 

キンランの仲間にはギンランがあります。

 

違いとしては、ギンランはキンランよりは草丈が10cmから30cmと小さく、茎が細く直立しています。

花は白く花弁の先が若干尖っており、蕾のような形のまま開花するのが特徴です。

 

また、キンランとギンランは自生数の大幅な減少から、環境省の絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。

 

次に、キンランの価格をお伝えします!

 

キンランの価格は?

 

キンランは、苗では野草を取り扱うお店などで販売されています。価格は1000円から1700円程です。

ただし、流通量が少ないため取り扱いのない場合もあります。

 

次は、キンランと菌根菌の関係をお伝えします!

 

キンランと菌根菌の関係とは?

 

キンランには、生長するのに菌類から炭素や窒素などの栄養を吸収して生育するという特徴があります。

 

自生のキンランの多くは、イボタケ科やベニタケ科などの菌根菌と共生しているブナ科の樹木の自生場所に入り込み、養分をもらいながら自生しています。

キンランの人工栽培が難しい理由には、菌根菌(栄養元)がないと栄養を吸収できず、やがて枯れてしまうからです。

 

それでは最後に、キンランの花言葉をお伝えします!

 

キンランの花言葉はなに?

 

 

キンランの花言葉には、「眠れる才能」「華やかな美人」という意味があります。

樹木の陰で眠っているような佇まいから、黄金色の花を咲かせる様子が、実は華やかさがあるということなのでしょう。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

キンランのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①キンランの育て方(環境、土、肥料、水やり)

キンランの好む環境は、落葉樹の足元のような半日陰です。

キンランに適した用土は腐葉土です。

庭植えの際は、土をよく耕し腐葉土や落ち葉を混ぜながら柔らかい土壌を作るようにしましょう。

キンランは菌根菌と樹木が共生して育つため、肥料は必要ありません。

キンランの水やりは発芽までは水を与えるようにしましょう。

 

②キンランの画像(写真)!特徴は?

キンランは茎の先端から鈴のように連なった黄色の花を半開きに咲かせます。

花は、花弁が5枚あり真ん中に黄褐色の突起があります。

 

 

③キンランの開花時期や季節はいつ頃なの?

キンランの開花時期は、春から初夏にかけての4月から6月です。

 

④キンランを移植する際のポイントは?

キンランを移植するのは基本的にはおすすめしません。

万が一、市販の苗を移植する場合は既にキンランの植えている場所に移植するか、落葉樹の近くに移植することをおすすめします。

 

⑤キンランの増やし方!

キンランの増やし方は種で増やします。

 

⑥キンランとギンランの違いはなに?絶滅危惧種に指定されているの?

違いとしては、ギンランは草丈が10cmから30cmと小さく、茎が細く直立しています。

花は白く花弁の先が若干尖っており、蕾のような形のまま開花するのが特徴です。

また、自生数の大幅な減少から、環境省の絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。

 

⑦キンランの価格は?

キンランは、苗では野草を取り扱うお店などで販売されています。価格は1000円から1700円程です。

 

⑧キンランと菌根菌の関係とは?

キンランには、生長するのに菌類から炭素や窒素などの栄養を吸収して生育するという特徴があります。

自生のキンランの多くは菌根菌と共生しているブナ科の樹木の自生場所に入り込み、養分をもらいながら自生しています。

 

⑨キンランの花言葉はなに?

キンランの花言葉には、「眠れる才能」「華やかな美人」という意味があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)