【コケリンドウ(苔竜胆)のまとめ!】育て方や販売価格等5個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、コケリンドウについてまとめていきたいと思います。

 

コケリンドウは、リンドウ科リンドウ属に属する越年草(二年草)です。

本州・九州・東アジアの、日当たりの良い山野や、乾いた草地に自生します。

 

今回は、コケリンドウについてのポイント、

①コケリンドウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②コケリンドウの画像(写真)!特徴は?
③コケリンドウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④コケリンドウの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤コケリンドウとフデリンドウの違いはなに?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはコケリンドウの育て方からお伝えします!

 

コケリンドウの育て方は?

 

コケリンドウは、山野に自生することから耐寒性の強い花とされています。

 

「清らかな心を忘れずに」という花言葉から、爽やかで愛らしい花姿が清らかな心を想起させる事が伺えますね。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、コケリンドウが好む環境についてお伝えします!

 

コケリンドウの育て方!環境はどうする?

 

コケリンドウを育てる際は、風通しの良い涼しい場所を選びましょう。

 

開花した株は枯れてしまうので、種を取り捲きし、翌年用に株を更新しましょう。

植え替え時には、根鉢を崩さないように丁寧に扱いましょう。

 

次は、コケリンドウに適した用土についてお伝えします!

 

コケリンドウを育てる際の適した用土は何?

 

コケリンドウを育てる際は、水はけのよい土を選びましょう。

鹿沼土や火山礫を使用すると良いでしょう。

 

次は、コケリンドウに必要な肥料についてお伝えします!

 

コケリンドウの育て方!肥料はどうする?

 

コケリンドウを育てる際の肥料は、春に化成肥料か有機肥料を置き肥します。

春から初夏にかけては、山野草用に薄めた液肥を1週間か10日に一度与えます。

 

夏に肥料は不要です。

 

では次は、コケリンドウの水やりポイントについてお伝えします!

 

コケリンドウを育てる際の水の量はどうする?

 

水やりは、表土が乾いたらたっぷり水を与えましょう。

 

以上で基本的なコケリンドウの育て方については終わりです。

次はコケリンドウの写真をお見せします!

 

コケリンドウの画像(写真)!特徴は?

 

 

コケリンドウは、茎の高さは2~10cmと小さく、花の直径も7~8mmと小さめな植物です。

 

茎はよく分枝し、花茎が多数つきます。

 

根生葉はロゼット状で、開花時には枯れてしまいます。

互生する葉は卵型で、フデリンドウの葉と良く似ています。

 

リンドウの仲間でもかなり小さめのコケリンドウ。

草地の中に見える薄いブルーの花は、小さいながらも、力強い生命力を感じます。

 

次に、コケリンドウの開花時期をお伝えします!

 

コケリンドウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

コケリンドウの開花時期は、3~5月(春)です。

 

コケリンドウは、春に芽を出し淡い青紫色の花を咲かせ、種が付きます。

 

夏に実生の芽がでて成長し、秋にロゼットが出来ます。

そして、休眠して冬を越します。

 

小さい体でじっと冬を耐えるのですね。

健気ですね。

 

次は、コケリンドウの値段や販売価格はいくらぐらいなのかをお伝えします!

 

コケリンドウの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

コケリンドウは、山野草や高山植物の販売を行っているサイトで、700円程度で販売されています。

 

あまり販売されているのを見かけないので、見つけた時は迷わず買う事をお勧めします。

17都府県で絶滅危惧指定を受けているので、流通量が少なのかもしれませんね。

 

それでは最後に、コケリンドウとフデリンドウの違いをお伝えします!

 

コケリンドウとフデリンドウの違いはなに?

 

コケリンドウとフデリンドウの違いは萼の形です。

 

コケリンドウの萼は、カールして反り返っています。

フデリンドウの萼は、カールしないで花にぴったりとついています。

 

他にもコケリンドウの花の方が小さめという特徴がありますが、生育状況によっては大きさだけでは見分けがつきづらいので、萼の形状で確認したほうが確実ですね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

コケリンドウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①コケリンドウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

コケリンドウを育てる際は、風通しの良い涼しい場所を選びましょう。

開花した株は枯れてしまうので、種を取り捲きし、翌年用に株を更新しましょう。

植え替え時には、根鉢を崩さないように丁寧に扱いましょう。

コケリンドウを育てる際は、水はけのよい土を選びましょう。

鹿沼土や火山礫を使用すると良いでしょう。

肥料は、春に化成肥料か有機肥料を置き肥します。

春から初夏にかけては、山野草用に薄めた液肥を1週間か10日に一度与えます。

表土が乾いたらたっぷり水を与えましょう。

 

②コケリンドウの画像(写真)!特徴は?

コケリンドウは、茎の高さは2~10cmと小さく、花の直径も7~8mmと小さめな植物です。

茎はよく分枝し、花茎が多数つきます。

根生葉はロゼット状で、開花時には枯れてしまいます。

互生する葉は卵型で、フデリンドウの葉と良く似ています。

 

③コケリンドウの開花時期や季節はいつ頃なの?

コケリンドウの開花時期は、3~5月(春)です。

 

④コケリンドウの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

コケリンドウは、山野草や高山植物の販売を行っているサイトで、700円程度で販売されています。

 

⑤コケリンドウとフデリンドウの違いはなに?

コケリンドウとフデリンドウの違いは萼の形です。

コケリンドウの萼は、カールして反り返っています。

フデリンドウの萼は、カールしないで花にぴったりとついています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)