【ムラサキゴテンのまとめ!】育て方(寄せ植えや増やし方)や花言葉等10個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ムラサキゴテンについてまとめていきたいと思います。

 

別名でセトクレアセアやパープルハートといわれているムラサキゴテンは、メキシコに分布しているツユクサの仲間の植物です。

 

多肉の葉は紫色をしているカラーリーフのムラサキゴテンは、乾燥にとても強い品種となります。

葉に生えている白く細かいうぶ毛によって、葉色が変わって見える特徴があります。

 

今回は、ムラサキゴテンについてのポイント、

①ムラサキゴテンの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ムラサキゴテンの画像(写真)!
③ムラサキゴテンの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ムラサキゴテンの苗の植え付けのポイントは?
⑤ムラサキゴテンは水栽培できるの?やり方は?
⑥ムラサキゴテンの寄せ植えの仕方!
⑦ムラサキゴテンの剪定(切り戻し)のポイントは?
⑧ムラサキゴテンの増やし方!挿し木で増やすの?
⑨ムラサキゴテンに似た花は何がある?
⑩ムラサキゴテンの花言葉はなに?

 

以上10点についてお伝えします。

まずはムラサキゴテンの育て方からお伝えします!

 

ムラサキゴテンの育て方は?

 

 

ムラサキゴテンはナメクジが不着することがあり、柔らかい新芽や葉を食害されてしまうことがあります。

輝く粘液のようなものが這ったところに付着しているので、見つけたときは市販のナメクジ用誘殺剤をまいて駆除してください。

 

また、霜に当たってしまうと枯れてしまいますので冬時期は当たらないように注意してください。

 

霜に当たってしまった場合でも、根が生きていれば冬越しをして春にまた芽吹くことがあります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ムラサキゴテンが好む環境についてお伝えします!

 

ムラサキゴテンの育て方!環境はどうする?

 

原産地がメキシコ地方であるムラサキゴテンは、約半世紀程前である1955年に日本にきた植物です。

 

半耐寒性常緑多年草であるムラサキゴテンはやや乾燥している環境を好みます。

乾燥した環境を好む植物ではありますが湿度がない干上がった状態では枯れてしまいます。

 

次は、ムラサキゴテンに適した用土についてお伝えします!

 

ムラサキゴテンを育てる際の適した用土は何?

 

 

乾燥した環境を好むムラサキゴテンは水ハケが悪い用土で育成を行うと、過湿状態になってしまい根腐れを起こしてしまいますので、水ハケの良い用土を使用してください。

 

庭植えでの育成を行う場合は、水ハケが良くなければ腐葉土を予め混ぜて水ハケの良い環境をつくってください。

鉢植えでの育成を行う場合は、市販の草花用培養土に2割程度の川砂を混ぜてあげると水ハケが良くなります。

 

次は、ムラサキゴテンに必要な肥料についてお伝えします!

 

ムラサキゴテンの育て方!肥料はどうする?

 

ムラサキゴテンは肥料を与えるとより良い育成に繋がる植物となります。

 

庭植えで育成を行う場合ですと、春や秋時期にゆっくりと効果が持続する緩効性化成肥料を株元に置き肥してあげましょう。

鉢植えでの育成を行う場合も緩効性化成肥料を施してあげますが、そこに元肥として完熟堆肥を混合させてください。

 

肥料を多く与えすぎてしまうと徒長してしまい草姿が悪くなりますので気をつけてあげましょう。

 

では次は、ムラサキゴテンの水やりポイントについてお伝えします!

 

ムラサキゴテンを育てる際の水の量はどうする?

 

 

乾燥には強いムラサキゴテンですので、水やりを行う時は土の表面が乾燥してきたら行ってあげましょう。

 

水やりを過度にしすぎてしまうと根ぐされを起こしてしまい最悪枯れてしまいますので注意してください。

冬時期の水やりは特に必要はなく、通常は乾いた状態のまま2~3日置いて水を与えてあげましょう。

 

以上で基本的なムラサキゴテンの育て方については終わりです。

次はムラサキゴテンの写真をお見せします!

 

ムラサキゴテンの画像(写真)!

 

ムラサキゴテンはその名のとおり花だけでなく、茎や花、萼まで紫づくしの神秘的な植物となります。

 

丈夫でたくましいムラサキゴテンは、住宅街でも半野生化の状態を見かけることも多く、親しみのある品種です。

初心者でも簡単に育てることができるムラサキゴテンですが、茎や根は脆くて折れやすいので取り扱いは注意してあげましょう。

 

ムラサキゴテンの画像はこちらになります。

 

次は、ムラサキゴテンの開花時期や季節についてお伝えします!

 

ムラサキゴテンの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

ムラサキゴテンは長い期間開花させていく植物となります。

 

花色だけではなく、葉色も紫となるカラーリーフとして利用する価値の高いことで人気があります。

観葉植物として扱われていることの多いムラサキゴテンの開花時期は夏時期の7月から秋時期の11月の終わり頃となります。

 

次に、ムラサキゴテンの苗の植え付けについてお伝えします!

 

ムラサキゴテンの苗の植え付けのポイントは?

 

ムラサキゴテンの植え付けの適時期は初夏の5月頃から秋時期の9月頃となります。

 

植え付けを行う用土は腐植質のものを選んであげましょう。

また、乾燥している環境を好む植物ですので水ハケのよい場所に植え付けをしてください。

 

直射日光を好むムラサキゴテンを庭に植え付けをする時は年間を通して直射日光が当たるところに植え付けをしてあげましょう。

 

次は、ムラサキゴテンの水栽培のやり方についてお伝えします!

 

ムラサキゴテンは水栽培できるの?やり方は?

 

 

ムラサキゴテンは水耕栽培での育成が可能な植物となりますので、春時期にお部屋の中で花を楽しむことができます。

 

水耕栽培方法は基本的には水に挿しておくだけで十分育ちます。

水耕栽培を行う場合は15~25℃が適温度となりますので、夏の暑い時期に25℃を越えたり、冬の寒い時期に10℃を下まわらないように注意してください。

 

次に、ムラサキゴテンの寄せ植えについてお伝えします!

 

ムラサキゴテンの寄せ植えの仕方!

 

葉だけでなく全体的に紫色をしているムラサキゴテンは、カラーリーフとして人気がある植物となります。

 

葉色が特徴的で光によって変化いたしますので、寄せ植えをして利用されることも多く花壇にも利用されております。

カラフルで鮮やかな花にカラーリーフのムラサキゴテンを合わせることでさらに豪華な寄せ植えを演出できます。

 

次は、ムラサキゴテンの剪定(切り戻し)についてお伝えします!

 

ムラサキゴテンの剪定(切り戻し)のポイントは?

 

ムラサキゴテンをボリュームがある株にしたい場合は、新芽が生えてきた春時期のタイミングで摘心してあげると良いでしょう。

 

生育旺盛なムラサキゴテンは成長期になると茎が長く伸びて草姿は乱れてきますので、伸びすぎている茎を株元より2節程度残してあげ切り詰めてください。

ムラサキゴテンの剪定の適時期は成長期である春時期の4月から秋時期9月頃のとなります。

 

次は、ムラサキゴテンの増やし方についてお伝えします!

 

ムラサキゴテンの増やし方!挿し木で増やすの?

 

 

ムラサキゴテンは株分けや挿し芽で増やすことができる植物となります。

さし芽で増やす場合は、さし床を乾燥させないように注意して水やりをこまめに行ってあげましょう。

 

株分けで増やす場合には、春時期の4月から秋時期の9月頃に、大きく育った株で行いましょう。

 

予めに土をふるい落としておき、3株程度に分けてください。

株分けをした後は鉢が落ち着くまでの間、半日陰の環境で育成を行いましょう。

 

それでは次に、ムラサキゴテンに似た花についてお伝えします!

 

ムラサキゴテンに似た花は何がある?

 

ムラサキゴテンが属しているムラサキツユクサ属の品種は約70種もあり、主にアメリカの熱帯地域に生息しています。

 

栽培されているムラサキゴテンは、パープルハートの名で流通していることがありますが同じ種類の植物となります。

似ている品種としては同じムラサキツユクサ属に属するムラサキツユクサがあり、三弁花であることや葯が黄色でありますのでムラサキゴテンと似ています。

 

次は、ムラサキゴテンの花言葉についてお伝えします!

 

ムラサキゴテンの花言葉はなに?

 

6月30日の誕生花となるムラサキゴテンは、立派である邸宅の御殿が名前の由来になっています。

 

別名パープルハートとも呼ばれているムラサキゴテンは、優しいカラーリーフの雰囲気が青春時代の初恋のような花であることから

花言葉として「優しい愛情」が付けられています。

 

また、控えめで繊細で向かし懐かしい花姿から、昔の純粋な恋愛である「誠実」や「変わらぬ愛」が付けられています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ムラサキゴテンのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ムラサキゴテンの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ムラサキゴテンはナメクジが不着することがあり、柔らかい新芽や葉を食害されてしまうことがあります。

輝く粘液のようなものが這ったところに付着しているので、見つけたときは市販のナメクジ用誘殺剤をまいて駆除してください。

また、霜に当たってしまうと枯れてしまいますので冬時期は当たらないように注意してください。

霜に当たってしまった場合でも、根が生きていれば冬越しをして春にまた芽吹くことがあります。

 

②ムラサキゴテンの画像(写真)!

ムラサキゴテンはその名のとおり花だけでなく、茎や花、萼まで紫づくしの神秘的な植物となります。

丈夫でたくましいムラサキゴテンは、住宅街でも半野生化の状態を見かけることも多く、親しみのある品種です。

初心者でも簡単に育てることができるムラサキゴテンですが、茎や根は脆くて折れやすいので取り扱いは注意してあげましょう。

 

③ムラサキゴテンの開花時期や季節はいつ頃なの?

ムラサキゴテンは長い期間開花させていく植物となります。

花色だけではなく、葉色も紫となるカラーリーフとして利用する価値の高いことで人気があります。

観葉植物として扱われていることの多いムラサキゴテンの開花時期は夏時期の7月から秋時期の11月の終わり頃となります。

 

④ムラサキゴテンの苗の植え付けのポイントは?

ムラサキゴテンの植え付けの適時期は初夏の5月頃から秋時期の9月頃となります。

植え付けを行う用土は腐植質のものを選んであげましょう。

また、乾燥している環境を好む植物ですので水ハケのよい場所に植え付けをしてください。

 

⑤ムラサキゴテンは水栽培できるの?やり方は?

ムラサキゴテンは水耕栽培での育成が可能な植物となりますので、春時期にお部屋の中で花を楽しむことができます。

水耕栽培方法は基本的には水に挿しておくだけでじゅうぶん育ちます。

水耕栽培を行う場合は15~25℃が適温度となりますので、夏の暑い時期に25℃を越えたり、冬の寒い時期に10℃を下まわらないように注意してください。

 

⑥ムラサキゴテンの寄せ植えの仕方!

葉だけでなく全体的に紫色をしているムラサキゴテンは、カラーリーフとして人気がある植物となります。

葉色が特徴的で光によって変化いたしますので、寄せ植えをして利用されることも多く花壇にも利用されております。

カラフルで鮮やかな花にカラーリーフのムラサキゴテンを合わせることでさらに豪華な寄せ植えを演出できます。

 

⑦ムラサキゴテンの剪定(切り戻し)のポイントは?

ムラサキゴテンをボリュームがある株にしたい場合は、新芽が生えてきた春時期のタイミングで摘心してあげると良いでしょう。

生育旺盛なムラサキゴテンは成長期になると茎が長く伸びて草姿は乱れてきますので、伸びすぎている茎を株元より2節程度残してあげ切り詰めてください。

ムラサキゴテンの剪定の適時期は成長期である春時期の4月から秋時期9月頃のとなります。

 

⑧ムラサキゴテンの増やし方!挿し木で増やすの?

ムラサキゴテンは株分けや挿し芽で増やすことができる植物となります。

さし芽で増やす場合は、さし床を乾燥させないように注意して水やりをこまめに行ってあげましょう。

株分けで増やす場合には、春時期の4月から秋時期の9月頃に、大きく育った株で行いましょう。

 

⑨ムラサキゴテンに似た花は何がある?

ムラサキゴテンが属しているムラサキツユクサ属の品種は約70種もあり、主にアメリカの熱帯地域に生息しています。

栽培されているムラサキゴテンは、パープルハートの名で流通していることがありますが同じ種類の植物となります。

似ている品種としては同じムラサキツユクサ属に属するムラサキツユクサがあり、三弁花であることや葯が黄色でありますのでムラサキゴテンと似ています。

 

⑩ムラサキゴテンの花言葉はなに?

6月30日の誕生花となるムラサキゴテンは、立派である邸宅の御殿が名前の由来になっています。

別名パープルハートとも呼ばれているムラサキゴテンは、優しいカラーリーフの雰囲気が青春時代の初恋のような花であることから

花言葉として「優しい愛情」が付けられています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)