【ヤブタビラコのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等5個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、ヤブタビラコについてまとめていきたいと思います。

 

ヤブタビラコはキク科の植物で、日本の在来種になります。

日本全土に分布し、道端や草地に自生します。

 

名前は、”タビラコ”に似ていることと藪に多く生えていることが由来となっています。

学名は「Lapsanastrum humile」といいます。

 

今回は、ヤブタビラコについてのポイント、

①ヤブタビラコの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヤブタビラコの画像(写真)!特徴は?
③ヤブタビラコの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヤブタビラコの花言葉はなに?
⑤ヤブタビラコとオニタビラコ(コオニタビラコ)との違いはなに?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはヤブタビラコの育て方からお伝えします!

 

ヤブタビラコの育て方は?

 

ヤブタビラコは道端にも自生していますが、似た植物も多く混同しやすいです。

 

薄暗い緑林にも自生するため、植える場所はあまり選びません。

ただし、成長すると放射状に成長するため、予め広い場所を選んでおくと管理しやすいです。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヤブタビラコが好む環境についてお伝えします!

 

ヤブタビラコの育て方!環境はどうする?

 

ヤブタビラコを育てる際は、日当たりがよく湿気があるところを好みます。

自生するヤブタビラコは半日陰でも花を咲かせるため、細かな管理は必要なさそうです。

 

次は、ヤブタビラコに適した用土についてお伝えします!

 

ヤブタビラコを育てる際の適した用土は何?

 

ヤブタビラコを育てる際は、水持ちの良い用土を使用します。

市販の培養土または赤玉土を主体として、鹿沼土や腐葉土を混合したものを使用します。

 

次は、ヤブタビラコに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヤブタビラコの育て方!肥料はどうする?

 

ヤブタビラコを育てる際は、元肥として植え付けの際に緩効性の肥料を与えます。

生育期には月に1~2回液肥を与えます。

 

では次は、ヤブタビラコの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヤブタビラコを育てる際の水の量はどうする?

 

ヤブタビラコを育てる際は、細かな水やりは必要ありません。

 

鉢植えの場合は、表面の土が乾いたらたっぷりと水を与えます。

庭植えの場合は、自然の降雨だけで大丈夫です。

 

以上で基本的なヤブタビラコの育て方については終わりです。

次はヤブタビラコの写真をお見せします!

 

ヤブタビラコの画像(写真)!特徴は?

 

 

ヤブタビラコの花は、直径が8mm程度で、花弁を12~20枚つけます。

 

花色は黄色で、深裂しています。

開花後に総苞が丸くなり、次第に垂れ下がってくるのが特徴です。

 

葉は、羽状に深く裂け、先端の烈片が大きく角ばっています。

 

茎は直立することはなく、斜上したり倒れたりします。

果実に冠毛がない。

 

次に、ヤブタビラコの開花時期をお伝えします!

 

ヤブタビラコの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヤブタビラコの開花時期は夏(5~7月)です。

地表際からひょろっとした茎を伸ばし、先端に散房状に頭花を付けます。

 

次は、ヤブタビラコの花言葉をお伝えします!

 

ヤブタビラコの花言葉はなに?

 

ヤブタビラコの花言葉は「仲間と一緒に」「純愛」「想い」です。

花言葉は、群生して分布するヤブタビラコの様子に由来しているようです。

 

それでは最後に、ヤブタビラコとオニタビラコ(コオニタビラコ)との違いをお伝えします!

 

ヤブタビラコとオニタビラコ(コオニタビラコ)との違いはなに?

 

ヤブタビラコとオニタビラコの違いは遠目ではわかりにくいですが、花や総苞に違いがあります。

 

オニタビラコは、茎が直立しヤブタビラコに比べてやや大きく花弁の数が少ないのが特徴です。

また、オニタビラコの総苞は円筒形をしており、開花後もあまり丸くならないのが特徴です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヤブタビラコのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヤブタビラコの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヤブタビラコを育てる際は、日当たりがよく湿気があるところを好みます。

育てる際の用土は、水持ちの良いものを使用します。

育てる際の肥料は、元肥として植え付けの際に緩効性の肥料を与えます。

生育期には月に1~2回液肥を与えます。

育てる際の水やりは、表面の土が乾いたらたっぷりと水を与えます。

 

②ヤブタビラコの画像(写真)!特徴は?

ヤブタビラコの花は、直径が8mm程度で、花弁を12~20枚つけます。

花色は黄色で、深裂しています。

開花後に総苞が丸くなり、次第に垂れ下がってくるのが特徴です。

葉は、羽状に深く裂け、先端の烈片が大きく角ばっています。

 

③ヤブタビラコの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヤブタビラコの開花時期は夏(5~7月)です。

 

④ヤブタビラコの花言葉はなに?

ヤブタビラコの花言葉は「仲間と一緒に」「純愛」「想い」です。

 

⑤ヤブタビラコとオニタビラコ(コオニタビラコ)との違いはなに?

オニタビラコは、茎が直立しヤブタビラコに比べてやや大きく花弁の数が少ないのが特徴です。

また、オニタビラコの総苞は円筒形をしており、開花後もあまり丸くならないのが特徴です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)