【ハキダメギクのまとめ!】画像や花言葉等4個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ハキダメギクについてまとめていきたいと思います。

 

ハキダメギクはキク科の植物で、日本には全国的に道端などに広く分布しています。

漢字では「掃溜菊」と書き、名前は発見された場所が掃き溜めだった事が由来となっているようです。

 

学名は、「Galinosoga ciliata」といいます。

 

今回は、ハキダメギクについてのポイント、

①ハキダメギクの画像(写真)!特徴は?
②ハキダメギクの開花時期や季節はいつ頃なの?
③ハキダメギクが増えすぎる!おすすめの除草剤は?
④ハキダメギクの花言葉はなに?

 

以上4個の点についてお伝えします。

まずはハキダメギクの写真をお見せします!

 

ハキダメギクの画像(写真)!特徴は?

 

 

ハキダメギクの頭花は、舌状花と多数の管状花からなります。

舌状花は白色で3裂し、管状花は黄色です。

 

葉は根元についているものは細長く、先端についているものは楕円形をしています。

 

葉の表面には白色の毛が生えています。

草丈は10~50cm程で地を這うように成長し、繁殖力が強いため「外来侵食種」に分類され雑草扱いされています。

 

次に、ハキダメギクの開花時期をお伝えします!

 

ハキダメギクの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ハキダメギクの開花時期は、夏〜冬(6~11月)です。

花弁は5mmほどで小さく、真ん中の管状花は雄しべと雌しべをもちます。

 

次は、ハキダメギクにおすすめの除草剤をお伝えします!

 

ハキダメギクが増えすぎる!おすすめの除草剤は?

 

ハキダメギクを除去する際の除草剤としては、根まで枯らす除草剤がオススメです。

 

一般的に使用されている、「ラウンドアップ」や「サンフーロン」が良いです。

実際に使用する際は、100倍に希釈し、葉や茎に直接かかるように散布します。

 

それでは最後に、ハキダメギクの花言葉をお伝えします!

 

ハキダメギクの花言葉はなに?

 

ハキダメギクの花言葉は、「不屈の精神」です。

花言葉”不屈の精神”は、繁殖力が強く、除去しても何度も生えてくる様子が由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ハキダメギクのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは4個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ハキダメギクの画像(写真)!特徴は?

ハキダメギクの頭花は、舌状花と多数の管状花からなります。

葉の表面には白色の毛が生え、根元についているものは細長く、先端についているものは楕円形をしています。

草丈は、10~50cm程で地を這うように成長し、繁殖力が強いため「外来侵食種」に分類され雑草扱いされます。

 

②ハキダメギクの開花時期や季節はいつ頃なの?

ハキダメギクの開花時期は、夏〜冬(6~11月)です。

 

③ハキダメギクが増えすぎる!おすすめの除草剤は?

ハキダメギクを除去する際の除草剤としては、「ラウンドアップ」や「サンフーロン」がオススメです。

 

④ハキダメギクの花言葉はなに?

ハキダメギクの花言葉は、「不屈の精神」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)