【シマスズメノヒエのまとめ!】特徴や画像等3個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら12月31日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[DEC2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、シマスズメノヒエについてまとめていきたいと思います。

 

シマスズメノヒエはイネ科の植物で、日本では太平洋側の暖地に多く広がっています。

漢字では、「島雀の稗」と書きます。

 

名前は、小笠原諸島で初めて発見されたことと、”ヒエ”に比べて小さいことからスズメが付けられたことが由来となっているようです。

学名は「Paspalum dilatatum」といいます。

 

今回は、シマスズメノヒエについてのポイント、

①シマスズメノヒエの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②シマスズメノヒエの画像(写真)!特徴は?
③シマスズメノヒエの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

以上3個の点についてお伝えします。

まずはシマスズメノヒエの育て方からお伝えします!

 

シマスズメノヒエの育て方は?

 

シマスズメノヒエを育てる際は、乾燥しない場所で管理します。

雑草として知られ、根茎が太く大型化したものは除去が大変になります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、シマスズメノヒエが好む環境についてお伝えします!

 

シマスズメノヒエの育て方!環境はどうする?

 

シマスズメノヒエは、日当たりの良い場所で管理します。

丈夫な地下茎を持つため、植える際は場所選びには注意が必要です。

 

次は、シマスズメノヒエに適した用土についてお伝えします!

 

シマスズメノヒエを育てる際の適した用土は何?

 

シマスズメノヒエを育てる際は、用土は選びません。

路肩や草地に自生する植物であるため、市販の草花培養土で大丈夫です。

 

次は、シマスズメノヒエに必要な肥料についてお伝えします!

 

シマスズメノヒエの育て方!肥料はどうする?

 

シマスズメノヒエを育てる際に肥料は必要ありません。

やせ地に強いため、肥料は与えなくとも成長します。

 

では次は、シマスズメノヒエの水やりポイントについてお伝えします!

 

シマスズメノヒエを育てる際の水の量はどうする?

 

シマスズメノヒエを育てる際は、水やりの必要はありません。

乾燥には強い植物であるため、自然の降雨だけで十分です。

 

以上で基本的なシマスズメノヒエの育て方については終わりです。

次はシマスズメノヒエの写真をお見せします!

 

シマスズメノヒエの画像(写真)!特徴は?

  

シマスズメノヒエの花序は、枝の長さが10cnほどで広く横に開きます。

枝の付け根には白色の毛が生えます。

茎の先端で総を5~6個出し、広い楕円形で緑と黒の小穂を密につけます。

葉は細長い線状披針形で、両面ともに無毛です。

雌しべは黒紫色で、雄しべは黒紫色の葯を垂れ下げます。

 

次は、シマスズメノヒエの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

シマスズメノヒエの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

シマスズメノヒエの花期は、(7~11月)です。

小穂は枝の下面に3~4列つけ、絹毛状の長毛が目立ちます。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

シマスズメノヒエのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは3個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①シマスズメノヒエの育て方(環境、土、肥料、水やり)

シマスズメノヒエは、日当たりの良い場所で管理します。

丈夫な地下茎を持つため、植える際は場所選びには注意が必要です。

育てる際の用土は、特に気にすることなく、市販の培養土で大丈夫です。

育てる際の肥料は必要ありません。

育てる際の水やりのは、自然の降雨で十分です。

②シマスズメノヒエの画像(写真)!特徴は?

シマスズメノヒエの花序は、枝の長さが10cnほどで広く横に開きます。

茎の先端で総を5~6個出し、広い楕円形で緑と黒の小穂を密につけます。

葉は細長い線状披針形で、両面ともに無毛です。

③シマスズメノヒエの開花時期や季節はいつ頃なの?

シマスズメノヒエの花期は、(7~11月)です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)