【タマサンゴ(玉珊瑚)のまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等5個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、タマサンゴ(玉珊瑚)についてまとめていきたいと思います。

 

タマサンゴはナス科の植物で、南米が原産です。

名前は、真っ赤な丸い果実を丸く加工したサンゴに喩えたことが由来となっているようです。

 

学名は「Solanum pseudo-capsicum」といいます。

 

今回は、タマサンゴ(玉珊瑚)についてのポイント、

①タマサンゴ(玉珊瑚)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②タマサンゴ(玉珊瑚)の画像(写真)!特徴は?どんな花なの?毒はあるの?
③タマサンゴ(玉珊瑚)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④タマサンゴ(玉珊瑚)は食べられるの?
⑤タマサンゴ(玉珊瑚)の花言葉はなに?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはタマサンゴ(玉珊瑚)の育て方からお伝えします!

 

タマサンゴ(玉珊瑚)の育て方は?

 

タマサンゴを育てる際は、寒耐性がないため冬の時期は室内での管理が安全です。

 

水を好む植物ではありますが、過湿を嫌うため、通気性の良い環境を整えます。

庭植えする際は、ナス科の植物と連鎖障害を起こすため、2年以内にナス科の植物を植えた場所への植え込みは避けてください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、タマサンゴ(玉珊瑚)が好む環境についてお伝えします!

 

タマサンゴ(玉珊瑚)の育て方!環境はどうする?

 

タマサンゴを育てる際は、日当たりが良く、水はけの良い場所で管理します。

 

日当たりが悪いと花の付きが悪くなります。

日差しの強い夏の時期は、直射日光に当て続けると葉焼けを起こしてしまうため、半日陰に移動して育てておくと安心です。

 

次は、タマサンゴ(玉珊瑚)に適した用土についてお伝えします!

 

タマサンゴ(玉珊瑚)を育てる際の適した用土は何?

 

タマサンゴを育てる際は、水はけの良い用土を使用します。

市販の培養土または赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜたものを使用します。

 

次は、タマサンゴ(玉珊瑚)に必要な肥料についてお伝えします!

 

タマサンゴ(玉珊瑚)の育て方!肥料はどうする?

 

タマサンゴを育てる際は、通常の植物よりも多めに必要です。

 

葉の色が黄色くなってきたら肥料切れのサインになります。

肥料を与える頻度としては、月に1回緩効性の肥料または週に1回液肥を与えます。

 

では次は、タマサンゴ(玉珊瑚)の水やりポイントについてお伝えします!

 

タマサンゴ(玉珊瑚)を育てる際の水の量はどうする?

 

タマサンゴを育てる際は、過湿にならないように水やりには注意が必要です。

 

長時間ジメジメしていると根腐れしてしまいます。

水を与えるタイミングとしては、用土が乾燥してきたら適宜与えます。

 

以上で基本的なタマサンゴ(玉珊瑚)の育て方については終わりです。

次はタマサンゴ(玉珊瑚)の写真をお見せします!

 

タマサンゴ(玉珊瑚)の画像(写真)!特徴は?どんな花なの?毒はあるの?

 

 

タマサンゴは白色の小さな花を咲かせます。

 

葉は互生し、10cm程度の楕円形をしており、葉の先は次第に細くなり尖ります。

草丈は30cmほどまで成長し、ドーム状に広がって成長していきます。

 

果実は1.5mmの球形をしており、緑色~赤色に熟していきます。

ただし、この果実には毒があるため、口にしないように注意してください。

 

次に、タマサンゴ(玉珊瑚)の開花時期をお伝えします!

 

タマサンゴ(玉珊瑚)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

タマサンゴの開花時期は夏~冬(6~11月)です。

冬の時期にも目立つ赤い果実をつけているのが特徴で、別名で「フユサンゴ」とも呼ばれています。

 

次は、タマサンゴ(玉珊瑚)は食べられるのかをお伝えします!

 

タマサンゴ(玉珊瑚)は食べられるの?

 

タマサンゴの実には毒があるため、食べられません。

食した場合は、嘔吐、胃炎、下痢などの症状を引き起こす可能性があります。

 

それでは最後に、タマサンゴ(玉珊瑚)の花言葉をお伝えします!

 

タマサンゴ(玉珊瑚)の花言葉はなに?

 

タマサンゴの花言葉は、「神秘的」「あどけない」「愛情」などがあります。

 

”神秘的”という花言葉は、同種類の植物に鎮痛作用を持つものがあることに由来しているようです。

タマサンゴの実は、緑~赤~黄と変化していくため変わる行く姿にあどけなさを感じ取れます。

 

また、タマサンゴは11月16日の誕生花になります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

タマサンゴ(玉珊瑚)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①タマサンゴ(玉珊瑚)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

タマサンゴを育てる際は、日当たりが良く、水はけの良い場所で管理します。

育てる際の用土は、水はけの良いものを使用します。

育てる際の肥料は、通常の植物よりも多めに必要です。

葉の色が黄色くなってきたら肥料切れのサインになります。

育てる際の水やりは、過湿にならないように注意が必要です。

水を与えるタイミングとしては、用土が乾燥してきたら適宜与えます。

 

②タマサンゴ(玉珊瑚)の画像(写真)!特徴は?どんな花なの?毒はあるの?

タマサンゴは白色の小さな花を咲かせます。

葉は互生し、10cm程度の楕円形をしており、葉の先は次第に細くなり尖ります。

果実は1.5mmの球形をしており、緑色~赤色に熟していきます。

ただし、この果実には毒があるため、口にしないように注意してください。

 

③タマサンゴ(玉珊瑚)の開花時期や季節はいつ頃なの?

タマサンゴの開花時期は夏~冬(6~11月)です。

 

④タマサンゴ(玉珊瑚)は食べられるの?

タマサンゴの実には毒があるため、食べられません。

食した場合は、嘔吐、胃炎、下痢などの症状を引き起こす可能性があります。

 

⑤タマサンゴ(玉珊瑚)の花言葉はなに?

タマサンゴの花言葉は、「神秘的」「あどけない」「愛情」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)