【アガスターシェのまとめ!】育て方(苗の植え付けや増やし方)と花言葉等7個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、アガスターシェについてまとめていきたいと思います。

 

アガスターシェはシソ科の宿根草でハーブの仲間の園芸品種として知られています。

アメリカでは、昔はせきどめの薬として使われていたそうです。

 

今回は、アガスターシェについてのポイント、

①アガスターシェの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アガスターシェの画像(写真)!特徴は?
③アガスターシェの開花時期や季節はいつ頃なの?
④アガスターシェの苗の植え付けのポイントは?
⑤アガスターシェの増やし方のポイントは?種まき時期と種まきのポイントは?
⑥アガスターシェの花言葉はなに?
⑦アガスターシェの種類や品種は何があるの?ゴールデンジュビリーやブラックアダー、ローズミントなど

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはアガスターシェの育て方からお伝えします!

 

アガスターシェの育て方は?

 

アガスターシェを育てるには鉢植えか庭植えがおすすめです。

 

市販の苗を買ったり、種を撒いて育てたりします。

また、花壇に苗を植えてもきれいに育ちますよ。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、アガスターシェが好む環境についてお伝えします!

 

アガスターシェの育て方!環境はどうする?

 

アガスターシェの好む環境は、日当たりがあり風通しの良い場所です。

鉢植えは、ベランダや玄関先など外に鉢ごと置くようにしましょう。

 

次は、アガスターシェに適した用土についてお伝えします!

 

アガスターシェを育てる際の適した用土は何?

 

アガスターシェに適した土は扶沃に富んだ土です。

 

庭植えの場合は、腐葉土や市販の草花用培養土を庭土と混ぜておくと良いです。

鉢植えの場合は、赤玉土7、腐葉土3を混ぜた土を入れましょう。

 

次は、アガスターシェに必要な肥料についてお伝えします!

 

アガスターシェの育て方!肥料はどうする?

 

アガスターシェの肥料は、庭植えの場合は、元肥として化成肥料を施しましょう。

 

追肥は暖かくなったら行うようにします。

鉢植えの場合は、植えつけの際に緩効性肥料を元肥として施し春と秋に1週間に1回程度、液体肥料を追肥するようにします。

 

では次は、アガスターシェの水やりポイントについてお伝えします!

 

アガスターシェを育てる際の水の量はどうする?

 

アガスターシェの水やりについては、鉢植えは、表土が乾いたら鉢底から水が流れ出すくらいたっぷりと水やりを行うようにしましょう。

 

庭植えの場合には、根付いてからは必要ありません。

 

以上で基本的なアガスターシェの育て方については終わりです。

次はアガスターシェの写真をお見せします!

 

アガスターシェの画像(写真)!特徴は?

 

 

こちらがアガスターシェの写真です。

 

アガスターシェはシソ科の宿根草草丈は20cmから100cmほどの大きさです。

太い茎の先に穂の様な小さな花が固まり紫や黄色、ピンク色の花を咲かせます。

 

花の形は、モップに良く似ています。

葉は茎の下の方から生えて、こすり合わせるとすっきりとした香りがしますよ。

 

次に、アガスターシェの開花時期をお伝えします!

 

アガスターシェの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

アガスターシェの開花時期は、初夏から秋の5月から10月です。

半年と長く開花期があるので、庭園などで季節の移り変わりと共に観賞できますよ。

 

次は、アガスターシェの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

アガスターシェの苗の植え付けのポイントは?

 

 

アガスターシェの植えつけは、春から夏の4月から6月に行います。

 

鉢植えの場合は、苗ポットの底に根が充分に生えてきたら、鉢に植えつけをします。

1年に1度を目安に一回り大きな鉢に植え替えると良いでしょう。

 

庭植えの場合は、20cmから25cmの間隔を開けてから苗を植え付けましょう。

 

それでは次に、アガスターシェの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

アガスターシェの増やし方のポイントは?種まき時期と種まきのポイントは?

 

アガスターシェを増やすには、種まきで増やす方法株分けで増やす方法があります。

 

株分けする場合は、混み合っている株から数株摘みとり、別鉢か別の場所に植え替えを行います。

種まきで増やす場合は、春先の4月中旬(関東より北なら5月下旬)に、プランターに種まき用の土を入れて種を撒きましょう。

 

種を撒いたら、20℃から25℃の室温で管理すると発芽してきます。

発芽して葉が3枚ほど付いたら、鉢や庭に植え替えるようにしましょう。

 

次は、アガスターシェの花言葉をお伝えします!

 

アガスターシェの花言葉はなに?

 

 

アガスターシェの花言葉には、「澄んだ心」という意味があります。

 

葉の爽やかな香りから連想されており、香りで気がつくと心が澄んでいた・・ということでしょうか。

爽やかな花言葉だと思います。

 

それでは最後に、アガスターシェの種類や品種をお伝えします!

 

アガスターシェの種類や品種は何があるの?ゴールデンジュビリーやブラックアダー、ローズミントなど

 

アガスターシェの種類20種類ほどあり、代表的な品種として、ゴールデンジュビリーブラックアダーローズミントなどかあります。

 

ゴールデンジュビリーは、葉が黄金色で濃い青紫色の花が鮮やかな品種です。

ブラックアダーは、草丈が90cmと大きく蕾が濃い青紫色で淡い紫色の花を咲かせます。

ローズミントは、穂が長く名前の通り紫桃色の花が可愛らしい品種です。

 

それぞれの品種を育てて花色の違いを楽しむのも良いかもしれませんね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

アガスターシェのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アガスターシェの育て方(環境、土、肥料、水やり)

アガスターシェを育てるには鉢植えか庭植えがおすすめです。

好む環境は、日当たりがあり風通しの良い場所です。鉢植えは、ベランダや玄関先など外に鉢ごと置くようにしましょう。

適した土は庭植えの場合は、腐葉土や市販の草花用培養土を庭土と混ぜておくと良いです。

鉢植えの場合は、赤玉土7、腐葉土3を混ぜた土を入れましょう。

肥料は、庭植えは、元肥として化成肥料を施しましょう。追肥は暖かくなったら行うようにします。

鉢植えは、植えつけの際に緩効性肥料を元肥として施し、春と秋に1週間に1回程度、液体肥料を追肥するようにします。

水やりについては、鉢植えは、表土が乾いたら鉢底から水が流れ出すくらいたっぷりと水やりを行うようにしましょう。

庭植えは、根付いてからは必要ありません。

 

②アガスターシェの画像(写真)!特徴は?

アガスターシェはシソ科の宿根草で太い茎の先に穂の様な小さな花が固まり紫や黄色、ピンク色の花を咲かせます。

 

③アガスターシェの開花時期や季節はいつ頃なの?

アガスターシェの開花時期は、初夏から秋の5月から10月です。

 

④アガスターシェの苗の植え付けのポイントは?

アガスターシェの植えつけは、春から夏の4月から6月に行います。

鉢植えの場合は、苗ポットの底に根が充分に生えてきたら、鉢に植えつけをします。

庭植えの場合は、20cmから25cmの間隔を開けてから苗を植え付けましょう。

 

⑤アガスターシェの増やし方のポイントは?種まき時期と種まきのポイントは?

アガスターシェを増やすには、種まきで増やす方法と株分けで増やす方法があります。

株分けする場合は、混み合っている株から数株摘みとり、別鉢か別の場所に植え替えを行います。

種まきで増やす場合は、春先の4月中旬(関東より北なら5月下旬)に、プランターに種まき用の土を入れて種を撒きましょう。

 

⑥アガスターシェの花言葉はなに?

アガスターシェの花言葉には、「澄んだ心」という意味があります。

 

⑦アガスターシェの種類や品種は何があるの?ゴールデンジュビリーやブラックアダー、ローズミントなど

 

アガスターシェの種類は20種類ほどあり、代表的な品種として、ゴールデンジュビリーやブラックアダー、ローズミントなどかあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)