【アルケミラのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、アルケミラについてまとめていきたいと思います。

 

アルケミラはバラ科の植物で、ヨーロッパやアフリカの高山帯が原産です。

名前は、アラビア語の”Alkemelych”に由来し、アルケミラの持つ効能が由来となっているようです。

 

学名は「Alchemilla」といいます。

 

今回は、アルケミラについてのポイント、

①アルケミラの育て方(環境、土、肥料、水やり)や手入れの方法は?
②アルケミラの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③アルケミラの開花時期や季節はいつ頃なの?
④アルケミラの楽しみ方!切り花など
⑤アルケミラの花言葉はなに?
⑥アルケミラの種類や品種は何があるの?モリスやエリスロポーダ、ウルガリスなど

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはアルケミラの育て方からお伝えします!

 

アルケミラの育て方は?

 

アルケミラは耐寒性、耐暑性ともに強いため場所は選ばずに育てられます。

 

根詰まりを起こし、開花しない原因となるため、2年に1度は植え替えを行います。

直射日光に当て過ぎるとすぐに枯れてしまうため、夏期は室内で育てることをオススメします。

 

また、何度か夏越しをすることで耐暑性がつきます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、アルケミラが好む環境についてお伝えします!

 

アルケミラの育て方!環境はどうする?

 

アルケミラを育てる際は、日当たりの良い場所または明るい半日陰で管理します。

高温多湿には弱い植物であるため、夏は特に涼しく風通しの良い場所に置いておきます。

 

次は、アルケミラに適した用土についてお伝えします!

 

アルケミラを育てる際の適した用土は何?

 

アルケミラを育てる際は、水はけの良い用土を使用します。

 

鉢植えの場合は、赤玉土3:鹿沼土3:腐葉土2:軽石2の割合で混ぜたものがオススメです。

庭植えの場合は、庭土に3割ほど腐葉土を混ぜ込みます。

 

次は、アルケミラに必要な肥料についてお伝えします!

 

アルケミラの育て方!肥料はどうする?

 

アルケミラを育てる際は、植え付け時に元肥として緩効性の化成肥料を与えます。

 

庭植えの場合は、追肥は必要ありません。

鉢植えの場合は、10~11月、3~4月に液体肥料を5回ほど与えます。

 

では次は、アルケミラの水やりポイントについてお伝えします!

 

アルケミラを育てる際の水の量はどうする?

 

アルケミラを育てる際は、水切れに注意して管理します。

 

庭植えの場合は、水やりの必要はありません、

鉢植えの場合は、表面の土が乾燥してきたら水を与えます。

 

以上で基本的なアルケミラの育て方については終わりです。

次はアルケミラの写真をお見せします!

 

アルケミラの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

 

アルケミラの花は小さく、花色は黄緑色です。

 

葉は掌状に浅裂しており、直径は10cmほどです。

女性の月経不順や更年期の症状を和らげる効果があり、女性のハーブとも言われています。

 

次に、アルケミラの開花時期をお伝えします!

 

アルケミラの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

アルケミラの開花時期は、夏(5~7月)です。

花は散房花序に多数つけ、柔らかい色であるためほかの植物を際立たせてくれます。

 

次は、アルケミラの楽しみ方をお伝えします!

 

アルケミラの楽しみ方!切り花など

 

アルケミラは、植え付けて楽しむほかに「ドライフラワー」「ハーバリウム」「ハーブ」としても楽しめます。

ハーブとしての用途は、葉をお茶に混ぜて飲んだり、サラダとして他の野菜と一緒に混ぜて食べたりします。

 

次に、アルケミラの花言葉をお伝えします!

 

アルケミラの花言葉はなに?

 

アルケミラの花言葉は「輝き」「献身的な愛」「初恋」です。

これら花言葉は雨水が葉の上で輝く様子が由来となっているようです。

 

それでは最後に、アルケミラの種類や品種をお伝えします!

 

アルケミラの種類や品種は何があるの?モリスやエリスロポーダ、ウルガリスなど

 

アルケミラの品種は「モリス」「アウスレーゼ」「ウルガリス」「エリスロポダ」などがあります。

 

”モリス”は、アルケミラの中で園芸種で、日本でよく流通しています。

”アウスレーゼ”は、花が大きいのが特徴で、切り花としてよく使用されています。

 

”ウルガリス”は、他の品種と似ていますが、葉に深い切れ込みが入っていて、細身であるのが特徴です。

”エリスロポダ”は小型で、可愛らしいのが特徴です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

アルケミラのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アルケミラの育て方(環境、土、肥料、水やり)や手入れの方法は?

アルケミラを育てる際は、日当たりの良い場所または明るい半日陰で管理します。

高温多湿には弱い植物であるため、夏は特に涼しく風通しの良い場所に置いておきます。

育てる際の用土は、水はけの良いものを使用します。

育てる際の肥料は、植え付け時に元肥として緩効性の化成肥料を与え、鉢植えの場合は、10~11月、3~4月に液体肥料を週に1回程度与えます。

育てる際の水やりは、水切れに注意して管理します。

庭植えの場合、水やりは必要なく、鉢植えの場合、表面の土が乾燥してきたら水を与えます。

 

②アルケミラの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

アルケミラの花は小さく、花色は黄緑色です。

葉は掌状に浅裂しており、直径は10cmほどです。

女性の月経不順や更年期の症状を和らげる効果があり、女性のハーブとも言われています。

 

③アルケミラの開花時期や季節はいつ頃なの?

アルケミラの開花時期は、夏(5~7月)です。

 

④アルケミラの楽しみ方!切り花など

アルケミラは、植え付けて楽しむほかに「ドライフラワー」「ハーバリウム」「ハーブ」としても楽しめます。

 

⑤アルケミラの花言葉はなに?

アルケミラの花言葉は「輝き」「献身的な愛」「初恋」です。

 

⑥アルケミラの種類や品種は何があるの?モリスやエリスロポーダ、ウルガリスなど

アルケミラの品種は「モリス」「アウスレーゼ」「ウルガリス」「エリスロポダ」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)