【モモイロタンポポのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等4個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、モモイロタンポポについてまとめていきたいと思います。

 

モモイロタンポポはキク科の植物で、「桃色蒲公英」と書きます。

イタリアの南部からバルカン半島にかけて広がっており、アジアでは観賞用に広く栽培されています。

 

日本では、東京都など一部の地域で自生しているのが確認されています。

 

名前は、タンポポに似た姿をしている事が由来となっているようです。

学名は、「Crepis rubra」といいます。

 

今回は、モモイロタンポポについてのポイント、

①モモイロタンポポの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②モモイロタンポポの画像(写真)!特徴は?
③モモイロタンポポの開花時期や季節はいつ頃なの?
④モモイロタンポポの花言葉はなに?

 

以上4個の点についてお伝えします。

まずはモモイロタンポポの育て方からお伝えします!

 

モモイロタンポポの育て方は?

 

モモイロタンポポは、日当たりと水はけが良い場所であれば放任でも育てられます。

 

耐寒性はありますが、霜や寒風に当たると株が傷んでしまうため、不織布を被せるなどの簡単な防寒を行います。

移植に弱いため、植え付けの際は、根を痛めないように注意が必要です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、モモイロタンポポが好む環境についてお伝えします!

 

モモイロタンポポの育て方!環境はどうする?

 

モモイロタンポポは、日当たりがよく、水はけの良い環境で管理します。

 

日当たりが悪いと徒長して容姿が乱れます。

過湿に弱いため、ジメジメした環境だと根腐れしやすくなります。

 

次は、モモイロタンポポに適した用土についてお伝えします!

 

モモイロタンポポを育てる際の適した用土は何?

 

モモイロタンポポを育てる際は、水はけの良い用土が適しています。

 

鉢植えの場合、市販の草花用培養土または、赤玉土6:腐葉土3:川砂1の割合で混ぜた土を使用します。

庭植えの場合、用土に腐葉土を混ぜ込み、水はけの良い環境を整えます。

 

次は、モモイロタンポポに必要な肥料についてお伝えします!

 

モモイロタンポポの育て方!肥料はどうする?

 

モモイロタンポポを育てる際の肥料は、春と秋の時期に緩効性の化成肥料を与えます。

 

鉢植えの場合、成長の速度が早いため、追肥として液体肥料を2週間に1回程度与えます。

庭植えの場合、肥料は必要ありません。

 

では次は、モモイロタンポポの水やりポイントについてお伝えします!

 

モモイロタンポポを育てる際の水の量はどうする?

 

モモイロタンポポを育てる際の水やりは、鉢植えと庭植えで異なります。

 

鉢植えの場合、表面の用土が乾いたら多めの水を与えます。

過湿を嫌うため、水のやりすぎには注意します。

 

庭植えの場合、乾燥し過ぎている場合を除き、降雨のみで大丈夫です。

 

以上で基本的なモモイロタンポポの育て方については終わりです。

次はモモイロタンポポの写真をお見せします!

 

モモイロタンポポの画像(写真)!特徴は?

 

 

モモイロタンポポは、花茎を長く伸ばし、よく枝分かれして茎の頂部に、花径3~5㎝程度の花を多数咲かせます。

 

花の色は淡桃色と白色があり、タンポポのような花を咲かせます。

名前にタンポポと入っていますが、タンポポとは品種が異なる植物で、茎や葉を折ると白い乳液が出ます。

 

葉は羽状に深く裂けており、株元でロゼット状に生えます。

 

次に、モモイロタンポポの開花時期をお伝えします!

 

モモイロタンポポの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

モモイロタンポポの花期は、春(4~5月)です。

花は舌状花と呼ばれる小さな花が集まって咲き、一つの花に40~100個程度集まって形成されています。

 

それでは最後に、モモイロタンポポの花言葉をお伝えします!

 

モモイロタンポポの花言葉はなに?

 

モモイロタンポポの花言葉は、「あたたかみのある心」です。

“あたたかみのある心”は、咲く花が淡いピンク色で優しく、暖かみがある様子が由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

モモイロタンポポのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは4個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①モモイロタンポポの育て方(環境、土、肥料、水やり)

モモイロタンポポは、日当たりがよく、水はけの良い環境で管理します。

育てる際の用土は、水はけの良い用土が適しています。

市販の草花用培養土または、赤玉土6:腐葉土3:川砂1の割合で混ぜた土を使用するのがオススメです。

育てる際の肥料は、春と秋の時期に緩効性の化成肥料を与えます。

育てる際の水やりは、鉢植えの場合、表面の用土が乾いたら多めの水を与えます。

庭植えの場合、乾燥し過ぎている場合を除き、降雨のみで大丈夫です。

 

②モモイロタンポポの画像(写真)!特徴は?

モモイロタンポポは、舌状花と呼ばれる小さな花が集まって咲き、一つの花に40~100個程度集まって形成されます。

花の色は淡桃色と白色があり、タンポポのような花を咲かせます。

 

③モモイロタンポポの開花時期や季節はいつ頃なの?

モモイロタンポポの花期は、春(4~5月)です。

 

④モモイロタンポポの花言葉はなに?

モモイロタンポポの花言葉は、「あたたかみのある心」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)