【フヨウ(芙蓉)のまとめ!】育て方(挿し木や剪定)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、フヨウ(芙蓉)についてまとめていきたいと思います。

 

フヨウはフヨウ科の低木で、英語名のmutableから「変化しやすい」という意味があります。

 

今回は、フヨウ(芙蓉)についてのポイント、

①フヨウ(芙蓉)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②フヨウ(芙蓉)の画像(写真)!特徴は?
③フヨウ(芙蓉)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④フヨウ(芙蓉)の苗の植え付けのポイントは?
⑤フヨウ(芙蓉)の剪定のポイントは?
⑥フヨウ(芙蓉)の増やし方!挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?
⑦フヨウ(芙蓉)の花言葉はなに?
⑧フヨウ(芙蓉)の種類や品種は何があるの?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはフヨウ(芙蓉)の育て方からお伝えします!

 

フヨウ(芙蓉)の育て方は?

 

フヨウは落葉低木のため、庭植えで育てるのに適しています。

 

葉も大きく成長するため少し広めの庭が良いでしょう。

また、プランターや鉢植えには適していません。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、フヨウ(芙蓉)が好む環境についてお伝えします!

 

フヨウ(芙蓉)の育て方!環境はどうする?

 

フヨウに適した環境日当たりの良い場所です。

 

日に当てることで花が咲きやすくなるためです。

また、フヨウは寒さにあまり強くないので寒風の当たらない場所を選びましょう。

 

次は、フヨウ(芙蓉)に適した用土についてお伝えします!

 

フヨウ(芙蓉)を育てる際の適した用土は何?

 

フヨウに適した用土は、水はけの良い土です。

 

種類は特にありませんが、乾燥を防ぐのに腐植質に富んだ土壌が適しています。

市販の腐葉土を使用しても良いでしょう。

 

次は、フヨウ(芙蓉)に必要な肥料についてお伝えします!

 

フヨウ(芙蓉)の育て方!肥料はどうする?

 

フヨウに肥料を与える際は、花つきを良くしたいなら、7月から9月に緩効性化成肥料を1/3程度追肥するようにしましょう。

冬場は12月から1月に油かすなどの有機質肥料を寒肥として施します。

 

では次は、フヨウ(芙蓉)の水やりポイントについてお伝えします!

 

フヨウ(芙蓉)を育てる際の水の量はどうする?

 

水やりは特に必要ありません。

ただし、乾燥しているようなら水を与えるようにしましょう。

 

以上で基本的なフヨウ(芙蓉)の育て方については終わりです。

次はフヨウ(芙蓉)の写真をお見せします!

 

フヨウ(芙蓉)の画像(写真)!特徴は?

 

 

こちらがフヨウの写真です。

フヨウはフヨウ科の落葉低木で樹高は2mから3mほどの大きさです。

 

葉は掌ほどの大きさがあり、白い毛が生えています。

 

花は、ほおずきに似たつぼみから花弁が5枚のピンクや白の花を咲かせます。

花の直径は10cmから15cmと大きく、朝に咲いて夕方になるとしぼんでしまうことが特徴です。

 

次はフヨウ(芙蓉)の開花時期についてお伝えします。

 

フヨウ(芙蓉)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

フヨウの開花時期は、晩夏から秋の8月から10月です。

開花期が長く、秋の花見として楽しむことができますよ。

 

次に芙蓉(芙蓉)の苗の植え付けのポイントについてお伝えします。

 

フヨウ(芙蓉)の苗の植え付けのポイントは?

 

フヨウの植え付けに最適な時期は、春先の3月下旬から5月です。

 

根よりも一回り大きな植え穴を掘り、株を植えつけて下さい。

その際、植え穴に腐葉土と完熟堆肥を混ぜた土を先に入れておきましょう。

 

植え付けたら、植え穴の周りに水をまき、スコップなどで土と根を馴染ませます。

 

次はフヨウ(芙蓉)の剪定のポイントについてお伝えします。

 

フヨウ(芙蓉)の剪定のポイントは?

 

 

フヨウを剪定する際は、冬場の落葉期に樹形をみながら行うようにします。

混みすぎた枝は基部から取り除き、枝の中にも日光が当たるようにしましょう。

 

そうすることで、春先の花芽が付きやすく花も咲きやすくなります。

花芽の出は良いため、思いきって刈り込むのもおすすめです。

 

それでは次にフヨウ(芙蓉)の増やし方!挿し木(挿し芽)のやり方についてお伝えします。

 

フヨウ(芙蓉)の増やし方!挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

 

フヨウを増やしたい場合は、挿し木を行います。

 

挿し木は花期以外ならいつでもできますが、花後の9月下旬から10月の間に行って下さい。

具体的には、15cmほどの長さに枝を切り取り、葉は残して小粒の赤玉土や挿し木用の土に挿します。

 

水やりは乾燥に注意してたっぷりと与え、日陰で管理すると1ヶ月位で発根します。

 

次はフヨウ(芙蓉)の花言葉についてお伝えします。

 

フヨウ(芙蓉)の花言葉はなに?

 

 

フヨウの花言葉には、「繊細な美」「しとやかな恋人」という意味があります。

花びらの細やかさに繊細な美しさや優しさがあり、朝に咲いて夕方には閉じてしまう生真面目さをしとやかな女性に例えているのでしょうね。

 

それでは最後にフヨウ(芙蓉)の種類や品種についてお伝えします。

 

フヨウ(芙蓉)の種類や品種は何があるの?

 

フヨウには複数の種類がありますが、代表的な品種として、スイフヨウアメリカフヨウタイタンビカスがあります。

 

スイフヨウは、八重咲きの変種で朝に白い花を咲かせますが時間が経つとピンクに花色が変わることが特徴です。

アメリカフヨウは、フヨウの巨大種で白やピンクの直径が30cmほどの花をつけます。卵形の葉も特徴的です。

 

また、タイタンビカスは園芸品種でハイビスカスに似た赤やピンクの花を咲かせます。もみじの様な葉が特徴的です。

上記の品種は栽培も簡単なため、庭植えをして違いを楽しむのも良いですね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

フヨウ(芙蓉)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①フヨウ(芙蓉)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

フヨウに適した環境は日当たりの良い場所です。

適した用土は、水はけの良い土です。種類は特にありませんが、乾燥を防ぐのに腐植質に富んだ土壌が適しています。

フヨウに肥料を与える際は、花つきを良くしたいなら、7月から9月に緩効性化成肥料を1/3程度追肥するようにしましょう。

水やりは特に必要ありません。

 

②フヨウ(芙蓉)の画像(写真)!特徴は?

フヨウはフヨウ科の落葉低木で、花は、ほおずきに似たつぼみから花弁が5枚のピンクや白の花を咲かせます。

花の直径は10cmから15cmと大きく、朝に咲いて夕方になるとしぼんでしまうことが特徴です。

 

③フヨウ(芙蓉)の開花時期や季節はいつ頃なの?

フヨウの開花時期は、晩夏から秋の8月から10月です。

 

④フヨウ(芙蓉)の苗の植え付けのポイントは?

フヨウの植え付けに最適な時期は、春先の3月下旬から5月です。

根よりも一回り大きな植え穴を掘り、株を植えつけて下さい。

 

⑤フヨウ(芙蓉)の剪定のポイントは?

フヨウを剪定する際は、冬場の落葉期に樹形をみながら行うようにします。

混みすぎた枝は基部から取り除き、枝の中にも日光が当たるようにしましょう。

 

⑥フヨウ(芙蓉)の増やし方!挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

挿し木は花期以外ならいつでもできますが、花後の9月下旬から10月の間に行って下さい。

具体的には、15cmほどの長さに枝を切り取り、葉は残して小粒の赤玉土や挿し木用の土に挿します。

 

⑦フヨウ(芙蓉)の花言葉はなに?

フヨウの花言葉には、「繊細な美」「しとやかな恋人」という意味があります。

 

⑧フヨウ(芙蓉)の種類や品種は何があるの?

フヨウには複数の種類がありますが、代表的な品種として、スイフヨウ、アメリカフヨウ、タイタンビカスがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)