【スズメノテッポウのまとめ!】育て方(適した環境や増やし方)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、スズメノテッポウについてまとめていきたいと思います。

 

スズメノテッポウはイネ科の植物で、「雀乃鉄砲」と書きます。

 

日本全土の、田んぼや畑などに自生しています

学名は、「Alopecurus aequalis」といいます。

 

今回は、スズメノテッポウについてのポイント、

①スズメノテッポウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②スズメノテッポウの画像(写真)!特徴は?
③スズメノテッポウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④スズメノテッポウで花粉症やアレルギーになる?
⑤スズメノテッポウの駆除の仕方!除草剤はどれがおすすめ?
⑥スズメノテッポウの花言葉はなに?名前の由来は?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはスズメノテッポウの育て方からお伝えします!

 

スズメノテッポウの育て方は?

 


スズメノテッポウには、「水田型」と「畑型」の2種類に分けられます。

 

水田型は、田んぼで育つため、発芽までは水中にで管理され、水が抜かれてから、10~30度℃の温度で管理することで発芽します。

畑型は、発芽の適温である15℃で管理することで20日程度で発芽します。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、スズメノテッポウが好む環境についてお伝えします!

 

スズメノテッポウの育て方!環境はどうする?

 

スズメノテッポウの発芽には最適温度の20℃前後で管理します。

※管理できない場合は、昼と夜で温度に変化を与えます。

 

水田型は、湿気の多い環境を好みます。

丸みを帯びた種子を残し、水がなくなったタイミングで一斉に発芽し始めます。

 

畑型は、水気の少ない乾燥した環境を好みます。

環境的には少し悪い状況にあるため、種子は細く、温度管理がされていないため、じわじわと発芽します。

 

次は、スズメノテッポウに適した用土についてお伝えします!

 

スズメノテッポウを育てる際の適した用土は何?

 

スズメノテッポウを育てる際は、phが高めの培養土を使用します。

用土だけでなく、よく耕されている状態の用土の方がよく成長します。

次は、スズメノテッポウに必要な肥料についてお伝えします!

 

スズメノテッポウの育て方!肥料はどうする?

 

スズメノテッポウを育てる際は、肥料は必要ありません。

 

では次は、スズメノテッポウの水やりポイントについてお伝えします!

 

スズメノテッポウを育てる際の水の量はどうする?

 

スズメノテッポウを育てる際は、種類によって異なります。

 

水田型の場合は、定期的に与え、用土が乾かないように管理しましょう。

畑型の場合は、降雨だけでも成長しますが、開花が遅れます。

 

以上で基本的なスズメノテッポウの育て方については終わりです。

次はスズメノテッポウの写真をお見せします!

 

スズメノテッポウの画像(写真)!特徴は?

 

 

スズメノテッポウは花茎の先に穂がつき、その穂に小さな花を咲かせます。

 

葉は細長く、上に向かって伸び、毛は生えていません。

葉の中心部分には葉を支える円筒状の「葉鞘(ようしょう)」と呼ばれるものがあるのが特徴です。

 

葉鞘は抜き取り、息を吹き込むことで草笛になり、ピーと高い音を鳴らすことから「ピーピーグサ」と呼ばれています。

 

次に、スズメノテッポウの開花時期をお伝えします!

 

スズメノテッポウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

スズメノテッポウの開花時期は春(3月〜5月)です。

 

穂は黄緑色で、白色や黄色の小さな花を咲かせます。

雄しべの色は黄色、雌しべの色は白色になります。

 

次は、スズメノテッポウで花粉症やアレルギーになるかをお伝えします!

 

スズメノテッポウで花粉症やアレルギーになる?

 

スズメノテッポウの花粉はアレルギーの原因にもなるので注意が必要です。

 

次に、スズメノテッポウの駆除の仕方をお伝えします!

 

スズメノテッポウの駆除の仕方!除草剤はどれがおすすめ?

 

除草剤には「粒状タイプ」や「シャワータイプ」などがあるので、スズメノテッポウの状態によって使い分けましょう。

 

粒状のタイプは根から成分を吸収させて枯らす仕組みであるため、まだ小さい場合はこちらを使用します。

シャワータイプは、表面に出ている部分を枯らすため、成長しきっている場合はこちらでの駆除を勧めします。

それでは最後に、スズメノテッポウの花言葉をお伝えします!

 

スズメノテッポウの花言葉はなに?名前の由来は?

 

スズメのテッポウの花言葉は「遊戯」です。

 

遊戯というのは、穂が風にゆらゆらと揺れて遊んでいる様子が由来となっているようです。

名前の由来は、穂や葉の部位がまっすぐに伸び、スズメが持つ銃剣に見立てたことが由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

スズメノテッポウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①スズメノテッポウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

スズメノテッポウの発芽には最適温度の20℃前後で管理します。

用土は、phが高めの培養土を使用し、耕しておきます。

肥料は必要ありません。

水やりは、水田型の場合は、用土が乾かないように管理し、畑型の場合は、必要ありません。

 

②スズメノテッポウの画像(写真)!特徴は?

スズメノテッポウは花茎の先に穂がつき、その先に小さな花を咲かせます。

葉は細長く、上に向かって伸び、毛は生えていません。

 

③スズメノテッポウの開花時期や季節はいつ頃なの?

スズメノテッポウの開花時期は春(3月〜5月)です。

 

④スズメノテッポウで花粉症やアレルギーになる?

スズメノテッポウの花粉はアレルギーの原因にもなるので注意が必要です。

 

⑤スズメノテッポウの駆除の仕方!除草剤はどれがおすすめ?

使用する除草剤は、小さい場合は粒状のタイプ、成長しきっている場合はシャワータイプをオススメします。

 

⑥スズメノテッポウの花言葉はなに?名前の由来は?

スズメのテッポウの花言葉は「遊戯」です。

遊戯というのは、穂が風にゆらゆらと揺れて遊んでいる様子が由来となっているようです。

名前の由来は、穂や葉の部位がまっすぐに伸び、スズメが持つ銃剣に見立てたことが由来となっているようです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)