【キショウブのまとめ!】育て方(種まきや適した環境)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、キショウブについてまとめていきたいと思います。

 

キショウブはアヤメ科の植物で、ショウブ科のショウブの葉に似て、黄色の花をつけることがキショウブと名前が付けられたことが由来です。

 

現在ではため池や、岸辺など水深が0~10cm程度の浅い水辺域を好み、湿った環境であれば畑地,林縁にも見られます。

学名は「Iris pseudacorus」といいます。

 

今回は、キショウブについてのポイント、

①キショウブの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②キショウブの画像(写真)!特徴は?
③キショウブの開花時期や季節はいつ頃なの?
④キショウブの種まき時期と種まきのポイントは?
⑤キショウブは外来種?駆除するべき?
⑥キショウブの花言葉はなに?英語では何と言う?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはキショウブの育て方からお伝えします!

 

キショウブの育て方は?

 

キショウブは、寒さに強いため屋外で日当たりの良い場所で育てます

一年を通して水を切らさないようかつ与えすぎないように注意して育てるのがポイントです。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、キショウブが好む環境についてお伝えします!

 

キショウブの育て方!環境はどうする?

 

キショウブは日当たりが良く風通しの良いところで育てのが良いです

日陰や日当たりの悪い場所でも、育ちますが花の付きが悪くなる場合があります。

 

次は、キショウブに適した用土についてお伝えします!

 

キショウブを育てる際の適した用土は何?

 

キショウブの用土としては、赤玉土や硬質の鹿沼土を使用します

田んぼの土は生育が良くオススメです。

次は、キショウブに必要な肥料についてお伝えします!

 

キショウブの育て方!肥料はどうする?

 

キショウブを育てる際の肥料は、植え付け時には必要ありませんが、花後に与えます

肥料としては、緩効性の化学肥料、または油かすを使います。

では次は、キショウブの水やりポイントについてお伝えします!

 

キショウブを育てる際の水の量はどうする?

 

キショウブを育てる際は、一年を通じて絶えず土が湿っている状態にします

※根元が少し水に浸かっている状態でも大丈夫です。

 

土に表面が乾いたら充分に与えますが、過湿にも注意します。

 

以上で基本的なキショウブの育て方については終わりです。

次はキショウブの写真をお見せします!

 

キショウブの画像(写真)!特徴は?

 

 

キショウブの花径は0.5m~1m、上部で分岐して、黄色の花を咲かせます

 

外側の花弁は大型のため、垂れさがるのが特徴です。

葉には太い中脈が見られ、先が剣のように細く芳香があるのが特徴です。

 

次はキショウブの開花時期や季節についてお伝えします!

 

キショウブの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

キショウブの開花時期は初夏(4月~6月頃)です

 

春と夏の季節にまたがって開花させます。

外側の花弁の基部には斑紋があり、花弁は内側と外側それぞれ3枚ずつあります。

 

それでは次に、キショウブの種まき時期とポイントをお伝えします!

 

キショウブの種まき時期と種まきのポイントは?

 

キショウブの種まきの時期としては、秋早めにまくことで苗を増やすことができるため、花後採ってすぐにまくのが良いです。

 

タネをまいてから、3年ほどで開花します。

連鎖障害を防ぐために鉢植えの場合は、1~2年ごとに、庭植えの場合3年ごとに定期的に植え替えを行います。

続いてキショウブは外来種で駆除するべきなのかについてお話しします!

 

キショウブは外来種?駆除するべき?

 

キショウブは日本に自生せず、元々は観賞用として持ち込まれた外来植物です

 

繁殖力が強いため現在では、全国に野生化して水路やため池の強害雑草になっています。

及肥力が強いため在来種を駆逐するなど生態系に大きな影響を与える危険性があり、「要注意外来生物」の一種とされています。

 

水辺の植物を駆逐する危険性もあることから、駆除している地域もあります。

 

最後に、キショウブの花言葉や英語で何と言うのかについてお伝えします!

 

キショウブの花言葉はなに?英語では何と言う?

 

キショウブの花言葉は、「幸せをつかむ」や「信じる者の幸福」です。

 

花言葉「幸せをつかむ」は、一本の花茎から多くの花を咲かせることが由来となっているようです。

花言葉「信じる者の幸福」は、ギリシャ神話の「虹の女神」(神様からの良い便り)が由来となっているようです。

 

キショウブは英名で「Yellow Flag」といい、水辺で揺れる黄色の花がの旗のように見えることが由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

キショウブのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①キショウブの育て方(環境、土、肥料、水やり)

キショウブは日当たりが良く風通しの良いところで育てます。

用土としては、田んぼの土での生育が一番良いですが、赤玉土や硬質の鹿沼土でも大丈夫です。

肥料は、植え付け時には必要ありませんが、花後に緩効性の化学肥料、または油かすを使用します。

キショウブを育てる際は、一年を通じて絶えず土が湿っているまたは浸かっている状態にします。

 

②キショウブの画像(写真)!特徴は?

キショウブの花は鮮やかな黄色で、花径は0.5m~1mと大きく、垂れ下がります。

葉には太い中脈が見られ、先が剣のように細く芳香があるのも特徴です。

 

③キショウブの開花時期や季節はいつ頃なの?

キショウブの開花時期は初夏(4月~6月頃)で、春から夏にかけて開花します。

 

④キショウブの種まき時期と種まきのポイントは?

キショウブの種まきの時期としては、早めにまくことで苗を増やすことができるため、花後採ってすぐが良いです。

連鎖障害を防ぐために定期的に植え替えを行います。

 

⑤キショウブは外来種?駆除するべき?

キショウブは日本に自生せず、観賞用として持ち込まれた外来植物です。

「要注意外来生物」の一種とされており、生態系への危険性もあることから、駆除する地域もあります。

 

⑥キショウブの花言葉はなに?英語では何と言う?

キショウブの花言葉は、「幸せをつかむ」、「信じる者の幸福」です。

キショウブの英名は「Yellow Flag」といいます。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)