【ジャノヒゲ(蛇の髭)のまとめ!】育て方(庭植えや株分け)と花言葉等12個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ジャノヒゲについてまとめていきたいと思います。

 

キジカクシ科ジャノヒゲ属に属するジャノヒゲは常緑多年草の植物となります。

 

花が小さい品種となり、花色も控えめであることから自生しているものは見つけることが少し難しい品種です。

花だけでなく実も楽しむことができますが、熱帯魚などと一緒に水槽で育成することも可能となります。

 

今回は、ジャノヒゲについてのポイント、

①ジャノヒゲの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ジャノヒゲの花や果実の画像(写真)!特徴は?
③ジャノヒゲの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ジャノヒゲは生薬として使われるの?実の食べる方法は?
⑤ジャノヒゲの苗の植え付けのポイントは?
⑥ジャノヒゲを庭で育てる際のポイントは?
⑦ジャノヒゲの増やし方!株分けはどうするの?
⑧ジャノヒゲに除草剤は効くの?
⑨ジャノヒゲとリュウノヒゲやヤブランの違いはなに?
⑩ジャノヒゲの価格はいくら位なの?
⑪ジャノヒゲの花言葉はなに?
⑫ジャノヒゲの種類や品種は何があるの?

 

以上12個の点についてお伝えします。

まずはジャノヒゲの育て方からお伝えします!

 

ジャノヒゲの育て方(栽培)は?

 

 

ジャノヒゲは、アジアが原産の植物であることから、日本でも育成がしやすい品種となります。

 

ジャノヒゲは植えたまま放置状態でも育つことが可能な植物です。

花つきをより良くするためには、日当たりが良い場所で育成してください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ジャノヒゲが好む環境についてお伝えします!

 

ジャノヒゲの育て方!環境はどうする?

 

ジャノヒゲは東アジアやフィリピンに生息している品種となります。

 

国内では北海道から九州と広い範囲で自生しており、山地や野原で見かける事ができます。

乾燥した環境だけでなく水中でも育成可能な逞しい植物となります。

 

次は、ジャノヒゲに適した用土についてお伝えします!

 

ジャノヒゲを育てる際の適した用土は何?

 

ジャノヒゲはどのような用土でも育成することができる植物となります。

 

より良い株を育成するのであれば、水ハケが良いものを選んでください。

自身で用土を作るのであれば、赤玉土7割に腐葉土3割を混ぜ合わせたものを使用してあげましょう。

次は、ジャノヒゲに必要な肥料についてお伝えします!

 

ジャノヒゲの育て方!肥料はどうする?

 

ジャノヒゲを庭植えで育成する場合、肥料は与えなくてもじゅうぶん育てることが可能です。

 

鉢植えでの育成を行うのであれば、肥料を与えないと株が弱ってしまうことがあります。

ゆっくりと効果が持続する暖効性肥料を、春時期の3月頃と秋時期の9月頃に与えてください。

では次は、ジャノヒゲの水やりポイントについてお伝えします!

 

ジャノヒゲを育てる際の水の量はどうする?

 

 

ジャノヒゲを植え付けてから根付くまでの間は、用土の表面が乾燥してきたら水やりを行いましょう。

 

ジャノヒゲを庭植えで育成する場合は、根付いてからは水やりを行う必要がほとんどありません。

鉢植えで育成を行う場合は、根付いてからも用土の表面が乾燥してきたら水を与えるようにしてください。

 

以上で基本的なジャノヒゲの育て方については終わりです。

次はジャノヒゲの写真をお見せします!

 

ジャノヒゲの花や果実の画像(写真)!特徴は?

 

ジャノヒゲは花穂状に開花する花姿が美しい植物となります。

 

また、花期を終え冬時期になると青色の美しい種子を実らせます。

ジャノヒゲの実は漢方としても利用することが可能となります。

 

ジャノヒゲの写真はこちらになります。

 

次に、ジャノヒゲの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

ジャノヒゲの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

スラッと花穂を伸ばし、爽やかな印象のあるジャノヒゲの花は、花姿が個性的な植物です。

 

ジャノヒゲの開花時期は、夏時期の7月頃から8月頃となります。

夏の暑い期間で開花する植物として非常に珍しい品種であるジャノヒゲは、開花してから1週間で花は落ちてしまいます。

 

次は、ジャノヒゲは生薬として使われるのかについてお伝えします。

 

ジャノヒゲは生薬として使われるの?実の食べる方法は?

 

ジャノヒゲの実は食べることができませんが、根は膨らんだ部分を乾燥させて漢方に使用することができます。

 

天日干ししたものは麦門冬と呼ばれ、滋養強壮や咳止め、去痰(きょたん)効果があります。

含まれる主な成分としてはステロイド配糖体がありますが、抗体産生抑制作用がある成分となります。

 

次に、ジャノヒゲの苗の植え付けのポイントをお伝えします。

 

ジャノヒゲの苗の植え付けのポイントは?

 

ジャノヒゲを植え付けをする時は、特に土質にこだわりる必要がなく行うことができ、市販の草花用培養土でもじゅうぶん育成ができます。

 

植え付け時期に関しても厳しい気候である真夏や真冬時期でなければ年中行うことが可能です。

植え付けを行う前に、腐葉土を混ぜ合わせてあげると、より良い育成に繋がります。

 

次は、ジャノヒゲを庭で育てる際のポイントをお伝えします。

 

ジャノヒゲを庭で育てる際のポイントは?

 

 

ジャノヒゲを庭植えで育成する場合は、5年程植え替えをせずに放置していても育つことができる植物となります。

 

植え付け場所には堆肥や腐葉土をよく混ぜ合わせてあげると良い株を育成することが可能です。

根付くまではこまめな水やりが必要となりますが、庭植えですが真夏の暑い時期が続く日でなければ放置状態で育成できます。

 

それでは次に、ジャノヒゲの増やし方をお伝えします。

 

ジャノヒゲの増やし方!株分けはどうするの?

 

ジャノヒゲは株分けや種まきで増やすことが可能な植物となります。

 

株分けで増やす場合は、掘り起こしてから株元を3芽程で割って植え付けてください。

種からでも増やす事は可能となりますが、一般的ではなく開花までの時間が掛かりますのであまりオススメいたしません。

 

次は、ジャノヒゲに除草剤は効くのかをお伝えします。

 

ジャノヒゲに除草剤は効くの?

 

ジャノヒゲは果樹園などで増殖するケースがありますが、除草剤で枯れない場合があります。

 

グリホサート系ラウンドアップを10倍に希釈して散布すれば、根まで枯れることができます。

除草剤の散布時期は、活発に活動を始める春時期から秋時期に行うと効果的となります。

次に、ジャノヒゲとリュウノヒゲやヤブランの違いはなにかをお伝えします。

 

ジャノヒゲとリュウノヒゲやヤブランの違いはなに?

 

ジャノヒゲと良く似た品種としては、リュウノヒゲやヤブランがございます。

 

ジャノヒゲとは異なりヤブランはヤブラン属に属する植物となります。

ヤブランは雄しべがとがっていることが尖っていますが、ジャノヒゲは尖っておりません。

 

また、シャクナゲの実色とは異なりヤブランの実は紫黒色となります。

 

ジャノヒゲとリュウノヒゲにつきましては、同じ種類の仲間となります。

ジャノヒゲとは異なり、リュウノヒゲは草丈が小さいもので5cm程と低い品種となります。

 

次は、ジャノヒゲの価格はいくら位なのかをお伝えします。

 

ジャノヒゲの価格はいくら位なの?

 

 

グラウンドカバープランツとして人気の高いジャノヒゲは、地面を覆って広がっていく植物となります。

 

乾燥した環境に強い植物となりますが、水中で育成が可能となりますのでアクアプランツとしても利用することができます。

様々な環境で楽しむことができるジャノヒゲの一般価格は700円〜1,800円となります。

次に、ジャノヒゲの花言葉をお伝えします。

 

ジャノヒゲの花言葉はなに?

 

学名でOphiopogon japonicusとなるジャノヒゲは和名では「麦門冬」となります。

 

ジャノヒゲの花言葉は「変わらぬ想い」「不変の心」です。

春夏秋冬どの季節でも変わらずに、青々と茂る葉姿からその花言葉がつけられています。

 

それでは最後に、ジャノヒゲの種類や品種は何があるのかをお伝えします。

 

ジャノヒゲの種類や品種は何があるの?

 

 

ジャノヒゲは約65種あるジャノヒゲ属に属する植物となります。

 

ノシラン

ノシランはジャノヒゲ属の大型品種の植物となります。

真っ白い花色の小柄な花をたくさん開花させるノシランの花はシランと良く似た花姿をしています。

 

オオバジャノヒゲ

ジャノヒゲと非常に似ている近縁種にオオバジャノヒゲがあります。

ジャノヒゲと比べて葉が約2倍の大きさであるのが特徴であるオオバジャノヒゲは草丈が最長30cmまで成長します。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ジャノヒゲのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは12個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ジャノヒゲの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ジャノヒゲは、アジアが原産の植物であることから、日本でも育成がしやすい品種となります。

ジャノヒゲは植えたまま放置状態でも育つことが可能な植物です。

花つきをより良くするためには、日当たりが良い場所で育成してください。

 

②ジャノヒゲの花や果実の画像(写真)!特徴は?

ジャノヒゲは花穂状に開花する花姿が美しい植物となります。

また、花期を終え冬時期になると青色の美しい種子を実らせます。

ジャノヒゲの実は漢方としても利用することが可能となります。

 

③ジャノヒゲの開花時期や季節はいつ頃なの?

スラッと花穂を伸ばし、爽やかな印象のあるジャノヒゲの花は、花姿が個性的な植物です。

ジャノヒゲの開花時期は、夏時期の7月頃から8月頃となります。

夏の暑い期間で開花する植物として非常に珍しい品種であるジャノヒゲは、開花してから1週間で花は落ちてしまいます。

 

④ジャノヒゲは生薬として使われるの?実の食べる方法は?

ジャノヒゲの実は食べることができませんが、根は膨らんだ部分を乾燥させて漢方に使用することができます。

天日干ししたものは麦門冬と呼ばれ、滋養強壮や咳止め、去痰(きょたん)効果があります。

含まれる主な成分としてはステロイド配糖体がありますが、抗体産生抑制作用がある成分となります。

 

⑤ジャノヒゲの苗の植え付けのポイントは?

ジャノヒゲを植え付けをする時は、特に土質にこだわりる必要がなく行うことができ、市販の草花用培養土でもじゅうぶん育成ができます。

植え付け時期に関しても厳しい気候である真夏や真冬時期でなければ年中行うことが可能です。

植え付けを行う前に、腐葉土を混ぜ合わせてあげると、より良い育成に繋がります。

 

⑥ジャノヒゲを庭で育てる際のポイントは?

ジャノヒゲを庭植えで育成する場合は、5年程植え替えをせずに放置していても育つことができる植物となります。

植え付け場所には堆肥や腐葉土をよく混ぜ合わせてあげると良い株を育成することが可能です。

根付くまではこまめな水やりが必要となりますが、庭植えですが真夏の暑い時期が続く日でなければ放置状態で育成できます。

 

⑦ジャノヒゲの増やし方!株分けはどうするの?

ジャノヒゲは株分けや種まきで増やすことが可能な植物となります。

株分けで増やす場合は、掘り起こしてから株元を3芽程で割って植え付けてください。

種からでも増やす事は可能となりますが、一般的ではなく開花までの時間が掛かりますのであまりオススメいたしません。

 

⑧ジャノヒゲに除草剤は効くの?

ジャノヒゲは果樹園などで増殖するケースがありますが、除草剤で枯れない場合があります。

グリホサート系ラウンドアップを10倍に希釈して散布すれば、根まで枯れることができます。

除草剤の散布時期は、活発に活動を始める春時期から秋時期に行うと効果的となります。

 

⑨ジャノヒゲとリュウノヒゲやヤブランの違いはなに?

ジャノヒゲとは異なりヤブランはヤブラン属に属する植物となります。

ヤブランは雄しべがとがっていることが尖っていますが、ジャノヒゲは尖っておりません。

また、シャクナゲの実色とは異なりヤブランの実は紫黒色となります。

 

⑩ジャノヒゲの価格はいくら位なの?

グラウンドカバープランツとして人気の高いジャノヒゲは、地面を覆って広がっていく植物となります。

乾燥した環境に強い植物となりますが、水中で育成が可能となりますのでアクアプランツとしても利用することができます。

様々な環境で楽しむことができるジャノヒゲの一般価格は700円〜1,800円となります。

 

⑪ジャノヒゲの花言葉はなに?

学名でOphiopogon japonicusとなるジャノヒゲは和名では麦門冬となります。

ジャノヒゲの花言葉は「変わらぬ想い」「不変の心」となります。

春夏秋冬どの季節でも変わらずに、青々と茂る葉姿からその花言葉がつけられています。

 

⑫ジャノヒゲの種類や品種は何があるの?

ジャノヒゲは約65種あるジャノヒゲ属に属する植物となります。

ノシラン

ノシランはジャノヒゲ属の大型品種の植物となります。

真っ白い花色の小柄な花をたくさん開花させるノシランの花はシランと良く似た花姿をしています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)