【薄雪万年草(多肉植物)のまとめ!】育て方や黄金万年草との違い等7個のポイント!

薄雪万年草

 

みなさんこんにちは。

今回は、薄雪万年草についてまとめていきたいと思います。

 

薄雪万年草(ウスユキマンネングサ)は、ベンケイソウ科セダム属に属する多肉植物です。

 

原産地は中央アジアです。

別名には、「磯小松」「ヒスパニクム」があります。

 

「パリダム」と間違われることも多い薄雪万年草は、横に広がるように育つので、グランドカバーに適しています。

 

今回は、薄雪万年草についてのポイント、

①薄雪万年草の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②薄雪万年草の画像(写真)!特徴は?
③薄雪万年草の開花時期や季節はいつ頃なの?
④薄雪万年草の値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤薄雪万年草の苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?
⑥薄雪万年草の増やし方!葉挿しのやり方は?
⑦薄雪万年草と黄金万年草との違いはなに?

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずは薄雪万年草の育て方からお伝えします!

 

薄雪万年草の育て方は?

 

耐寒性に優れている薄雪万年草は、冬の寒さや霜も気にせず非常に育てやすい植物です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、薄雪万年草が好む環境についてお伝えします!

 

薄雪万年草の育て方!環境はどうする?

 

薄雪万年草は、日陰では生育しないので、1日中日の当たる場所で育てましょう。

 

次は、薄雪万年草に適した用土についてお伝えします!

 

薄雪万年草を育てる際の適した用土は何?

 

薄雪万年草の用土は、赤玉土を3割、鹿沼土を3割、川砂を2割、ピートモス2割を混ぜて作ります。

市販の多肉植物用の培養土を使用しても栽培できます。

 

次は、薄雪万年草に必要な肥料についてお伝えします!

 

薄雪万年草の育て方!肥料はどうする?

 

薄雪万年草は、2カ月に1回緩効性の固形化成肥料を与えます。

 

では次は、薄雪万年草の水やりポイントについてお伝えします!

 

薄雪万年草を育てる際の水の量はどうする?

 

薄雪万年草の水やりは、地植えでは、雨が降らない日が続いて乾燥した場合に水やりをします。

鉢植えでは、水を与え過ぎないように乾燥気味にします。

 

以上で基本的な薄雪万年草の育て方については終わりです。

次は薄雪万年草の写真(画像)をお見せします!

 

薄雪万年草の画像(写真)!特徴は?

 

薄雪万年草

 

薄雪万年草は、直径50㎝程度ぐらいまで大きくなります。

 

茎は赤みを帯びています。

水を貯めることができる葉は、細長い球状となり、密に互生しています。

 

茎の先端に数本の花柄が伸び、花を付けます。

舌状に咲く花は、6枚の白い花びらの中央部に茶色の線が入っているのが特徴です。

薄雪万年草と似ているパリダムの花びらは5枚です。

 

次に、薄雪万年草の開花時期をお伝えします!

 

薄雪万年草の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

薄雪万年草の開花時期は、6月~8月の夏の間に咲きます。

 

次は、薄雪万年草の値段や販売価格をお伝えします!

 

薄雪万年草の値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

薄雪万年草は、多くは流通されていません。

販売価格は、200円~900円程度です。

 

それでは次に、薄雪万年草の苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントをお伝えします!

 

薄雪万年草の苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

 

薄雪万年草は、春または秋に植え付けや植え替えを行います。

 

生育が良いので、鉢植えでは1年に1回は植え替えをします。

 

鉢から出した薄雪万年草は、土を払い、悪くなった根は切り取ります。

ネットを敷いた鉢底には、軽石を置き、土を半分入れてから薄雪万年草を置き、残りの土を入れていきます。

 

次は、薄雪万年草の増やし方をお伝えします!

 

薄雪万年草の増やし方!葉挿しのやり方は?

 

薄雪万年草は、葉が小さいので葉挿しよりも挿し木がおすすめです。

 

5㎝程度に茎を切り、土に挿してあげます。

20日間ぐらいで根が出てきます。

 

他にも親株から生えてきた子株を切り離して増やしていくこともできます。

切り離した子株を乾いた土の上に載せます。

根が出てくるのを確認したら水やりをします。

根がしっかり根付くまで水やりは欠かしません。

 

それでは最後に、薄雪万年草と黄金万年草との違いをお伝えします!

 

薄雪万年草と黄金万年草との違いはなに?

 

薄雪万年草と同じセダム属の黄金万年草の中でも、「細葉黄金万年草」は薄雪万年草とよく似ています。

薄雪万年草の葉は、細長い球状の形をしていますが、細葉黄金万年草のは、米粒状で色も薄雪万年草よりも黄緑色に近いです。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

薄雪万年草のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①薄雪万年草の育て方(環境、土、肥料、水やり)

薄雪万年草は、一年中日当たりが良い場所で育てます。

用土は、赤玉土、鹿沼土、川砂、ピートモスを混ぜて作ります。

肥料は2カ月に1回、固形の化成肥料を与えます。

水やりは、乾燥気味にして控えめにします。

 

②薄雪万年草の画像(写真)!特徴は?

薄雪万年草の茎は赤みを帯びています。

水を貯めることができる葉は、細長い球状となり、密に互生しています。

舌状に咲く花は、6枚の白い花びらの中央部に茶色の線が入っているのが特徴です。

 

③薄雪万年草の開花時期や季節はいつ頃なの?

薄雪万年草の開花時期は、6月~8月の夏の間に咲きます。

 

④薄雪万年草の値段や販売価格はいくらぐらいなの?

薄雪万年草は、200円~900円程度で販売されています。

 

⑤薄雪万年草の苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

薄雪万年草は、春または秋に植え付けや植え替えを行います。

生育が良いので、鉢植えでは1年に1回は植え替えをします。

 

⑥薄雪万年草の増やし方!葉挿しのやり方は?

薄雪万年草は、葉挿しよりも挿し木や株分けで増やしていきます。

 

⑦薄雪万年草と黄金万年草との違いはなに?

薄雪万年草の葉は、細長い球状の形をしていますが、細葉黄金万年草のは、米粒状で色も薄雪万年草よりも黄緑色に近いです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)