【錦蝶(多肉植物)のまとめ!】育て方や販売価格等6個のポイント!

https://www.instagram.com/p/BWPWJqUlZvT/?utm_source=ig_web_copy_link

 

みなさんこんにちは。

今回は、錦蝶についてまとめていきたいと思います。

 

錦蝶は、ベンケイソウ科セイロンベンケイ属に属する多肉植物の多年草です。

 

原産地はマダガスカルです。

和名は「錦蝶」で、学名は「Kalanchoe delagoensis」です。

 

今回は、錦蝶についてのポイント、

①錦蝶の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②錦蝶の画像(写真)!特徴は?原産地はどこ?気持ち悪い見た目をしているの?
③錦蝶の開花時期や季節はいつ頃なの?
④錦蝶の値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤錦蝶の苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?
⑥錦蝶の増やし方!葉挿しや茎挿しのやり方は?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずは錦蝶の育て方からお伝えします!

 

錦蝶の育て方は?

 

錦蝶は温かい温暖な地域が原産の植物なので、一年を通し日光が良く当たる場所で育てます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、錦蝶が好む環境についてお伝えします!

 

錦蝶の育て方!環境はどうする?

 

錦蝶は日光をとても良く好み日光や暑さ乾燥には強いですが、夏の直射日光や湿気には弱いので高温多湿にならないように注意します。

 

次は、錦蝶に適した用土についてお伝えします!

 

錦蝶を育てる際の適した用土は何?

 

錦蝶の用土は、鹿沼土小粒・赤玉土小粒・ピートモス・川砂・燻炭を同じ割合で配合して作ります。

市販されている一般的な観葉植物用培養土や、多肉植物用の栽培土を使っても良いでしょう。

 

その他にも赤玉土や軽石、桐生砂なども効果的な用土の一つです。

 

次は、錦蝶に必要な肥料についてお伝えします!

 

錦蝶の育て方!肥料はどうする?

 

錦蝶は肥料や追肥を与えなくても普通に育ちますが、春や秋の生育期間に与えることで育ちが良くなります。

 

では次は、錦蝶の水やりポイントについてお伝えします!

 

錦蝶を育てる際の水の量はどうする?

 

錦蝶は多湿が苦手なので、半月から一ヶ月に一回程度土の表面が軽く濡れる程度水を与えます。

土の表面は一週間以上湿った状態が続かないように気をつけましょう。

 

以上で基本的な錦蝶の育て方については終わりです。

次は錦蝶の写真(画像)をお見せします!

 

錦蝶の画像(写真)!特徴は?原産地はどこ?気持ち悪い見た目をしているの?

 

https://www.instagram.com/p/BWPWJqUlZvT/?utm_source=ig_web_copy_link

錦蝶は、最大1m前後まで成長します。

 

原産地はマダガスカルで、葉の色は白っぽい灰緑色で紫黒色の模様があり見た目はグロテスクですが、紅葉の時期には葉が薄いピンク色に色づきとても可愛いです。

葉の先端に不定芽をつけ葉が成熟すると子株となり落下し、落下した不定芽は地中に伸び雑草のように増えます。

 

茎の先端から花茎を出し、花期には鮮やかな紅色の花を付けます。

 

次に、錦蝶の開花時期をお伝えします!

 

錦蝶の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

錦蝶の開花時期は、2年に1回程度です。

 

次は、錦蝶の値段や販売価格をお伝えします!

 

錦蝶の値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

錦蝶の販売価格は、385円程度です。

 

次に、錦蝶の苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントをお伝えします!

 

錦蝶の苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

 

錦蝶は、4月~6月の春から初夏にかけて植え付けや植え替えをします。

 

植え付けは一年に一回程の頻度で行い、真夏や真冬はなるべく避けます。

根っこを1cm程度切り揃えたら、1~2日程切り口を乾かし植え替えると元気な株に成長します。

 

小さい鉢に植え替えしてしまうと根詰まりの原因ともなるので、ワンサイズ大き目の鉢に植え替えましょう。

 

それでは最後に、錦蝶の増やし方をお伝えします!

 

錦蝶の増やし方!葉挿しや茎挿しのやり方は?

 

錦蝶は、芽挿しで増やすことが出来ます。

 

元気な成長する春か秋に行うと成功率が高くなります。

気温の低い時や湿度の高い時など、錦蝶が苦手とする時期には行わないようにしましょう。

 

他の多肉植物同様葉挿しでも増やすことは出来ますが、あまり成功率が高くはないのでおすすめしません。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

錦蝶のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①錦蝶の育て方(環境、土、肥料、水やり)

錦蝶は日光をとても良く好み日光や暑さ乾燥には強いですが、夏の直射日光や湿気には弱いので高温多湿にならないように注意します。

錦蝶の用土は、鹿沼土小粒・赤玉土小粒・ピートモス・川砂・燻炭を同じ割合で配合して作ります。

錦蝶は肥料や追肥を与えなくても普通に育ちますが、春や秋の生育期間に与えることで育ちが良くなります。

錦蝶は多湿が苦手なので、半月から一ヶ月に一回程度土の表面が軽く濡れる程度水を与えます。

 

②錦蝶の画像(写真)!特徴は?原産地はどこ?気持ち悪い見た目をしているの?

錦蝶は、最大1m前後まで成長します。

原産地はマダガスカルで、葉の色は白っぽい灰緑色で紫黒色の模様があり見た目はグロテスクですが、紅葉の時期には葉が薄いピンク色に色づきとても可愛いです。

葉の先端に不定芽をつけ葉が成熟すると子株となり落下し、落下した不定芽は地中に伸び雑草のように増えます。

茎の先端から花茎を出し、花期には鮮やかな紅色の花を付けます。

 

③錦蝶の開花時期や季節はいつ頃なの?

錦蝶の開花時期は、2年に1回程度です。

 

④錦蝶の値段や販売価格はいくらぐらいなの?

錦蝶の販売価格は、385円程度です。

 

⑤錦蝶の苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

錦蝶は、4月~6月の春から初夏にかけて植え付けや植え替えをします。

 

⑥錦蝶の増やし方!葉挿しや茎挿しのやり方は?

錦蝶は、芽挿しで増やすころが出来ます。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)