【ツキミソウ(月見草)のまとめ!】育て方(苗の植え方や種まき)と花言葉等8個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ツキミソウ(月見草)についてまとめていきたいと思います。

 

ツキミソウは、アカバナ科マツヨイグサに属する二年草または多年草です。

メキシコ原産で、日本には観賞用として江戸時代に渡来しました。

 

ツキミソウは、別名は「シロバナヨルザキツキミソウ」で、学名は「Oenothera tetraptera」です。

 

今回は、ツキミソウ(月見草)についてのポイント、

①ツキミソウ(月見草)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ツキミソウ(月見草)の画像(写真)!花の特徴は?別名や英名はなに?
③ツキミソウ(月見草)の開花時期や季節はいつ頃なの?いつの季語なの?咲いてる場所はどこ?
④ツキミソウ(月見草)の値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤ツキミソウ(月見草)の増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?
⑥ツキミソウ(月見草)はオイルや化粧水やサプリやお茶として使われるの?効能(薬効)は?副作用はある?
⑦ツキミソウ(月見草)に似た花はなにがあるの?ヒルザキツキミソウやマツヨイグサとの違いはなに?
⑧ツキミソウ(月見草)の花言葉はなに?何日の誕生花なの?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはツキミソウ(月見草)の育て方からお伝えします!

 

ツキミソウ(月見草)の育て方(栽培方法)は?

 

ツキミソウは、日当たりを好む植物なので、日光が良く当たる暖かい場所に置きます。

 

日照不足だと花付きが悪くなるので気をつけて管理しましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ツキミソウ(月見草)が好む環境についてお伝えします!

 

ツキミソウ(月見草)の育て方!環境はどうする?

 

ツキミソウは、日陰だと花付きも悪く良く育たないため、日当たりの良い場所で育てるようにしましょう。

 

次は、ツキミソウ(月見草)に適した用土についてお伝えします!

 

ツキミソウ(月見草)を育てる際の適した用土は何?

 

ツキミソウは、水はけの良い土壌を好みます。

 

地植えで育てる場合は、土を高く盛り上げて育てます。

また、元々の土の状態が良くない場合は、小石や砂利を敷いた上に草花用の培養土を盛って育てると良いでしょう。

 

次は、ツキミソウ(月見草)に必要な肥料についてお伝えします!

 

ツキミソウ(月見草)の育て方!肥料はどうする?

 

ツキミソウは、肥料を与えなくても良く育ちます。

 

逆に肥料を与えると良く育ちますが、花が咲かなくなってしまうので、与え過ぎないように注意しましょう。

 

では次は、ツキミソウ(月見草)の水やりポイントについてお伝えします!

 

ツキミソウ(月見草)を育てる際の水の量はどうする?

 

ツキミソウを鉢植えで育てる場合は、乾燥を好む植物なので、土の表面が乾いたら水をたっぷりとあげましょう。

 

ツキミソウを地植えで育てる場合は、降水だけでも良く育ちますが、日照りが続く場合は、状態を見ながら水を与えましょう。

 

以上で基本的なツキミソウ(月見草)の育て方については終わりです。

次はツキミソウ(月見草)の写真をお見せします!

 

ツキミソウ(月見草)の画像(写真)!花の特徴は?別名や英名はなに?

 

https://www.instagram.com/p/Bz8_vnhglXO/?utm_medium=copy_link

 

ツキミソウは、草丈が30cm~60cm程で、光が透ける薄い花びらで、白い花を咲かせます。

 

花びらは4枚、中心には雌しべがあり、その周りには雄しべは8本あります。

ツキミソウの一番の特徴は、夕暮れから夜に花を咲かせますが、一晩しか咲かないこと。

 

咲き始めは白く、終わりにはピンク色となり翌朝萎んでしまいます。

 

ツキミソウの別名は「シロバナヨルザキツキミソウ」で、英語名は「Evening primrose」です。

 

次に、ツキミソウ(月見草)の開花時期をお伝えします!

 

ツキミソウ(月見草)の開花時期や季節はいつ頃なの?いつの季語なの?咲いてる場所はどこ?

 

ツキミソウは、初夏から初秋の6月~9月が開花します。

ツキミソウの季語は「月見草」で、日光が良く当たる風通しの良い場所に咲きます。

 

次は、ツキミソウ(月見草)の値段や販売価格をお伝えします!

 

ツキミソウ(月見草)の値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

ツキミソウは、3号ポットであれば、インターネット販売で400円程で販売されています。

 

それでは次に、ツキミソウ(月見草)の増やし方をお伝えします!

 

ツキミソウ(月見草)の増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

 

ツキミソウは、秋には花が終わり種が出来るので、その種を冷蔵庫に保管し、翌年2月~3月頃に種を蒔きます。

種まきをする際は、土の上にパラパラッと蒔いた後、軽く土を被せ、たっぷり水を与えましょう。

 

次は、ツキミソウ(月見草)はオイルや化粧水やサプリやお茶として使われるのかをお伝えします!

 

ツキミソウ(月見草)はオイルや化粧水やサプリやお茶として使われるの?効能(薬効)は?副作用はある?

 

ツキミソウは、オイル成分が様々な症状や疾患に効果があると言われているので、化粧水やサプリなどにも使われています。

 

特にアトピー性皮膚炎や女性ホルモンのバランス、美肌などのアンチエイジングに効果が期待されています。

 

その他にも、ツキミソウは、昔から「ツキミソウ茶」としても良く知られています。

免疫力や代謝促進、コレステロール減少や体内脂肪の分解・排出に効能があり、ダイエット効果が期待されています。

 

また、ツキミソウに最も多い副作用は、「腹痛」、「腹部膨満感」、「悪心」など、一過性消化器症状とされています。

 

次に、ツキミソウ(月見草)に似た花をお伝えします!

 

ツキミソウ(月見草)に似た花はなにがあるの?ヒルザキツキミソウやマツヨイグサとの違いはなに?

 

ツキミソウは、「ヒルザキツキミソウ」や「マツヨイグサ」と似ていると言われますが、どこが違うのか見ていきましょう。

 

ヒルザキツキミソウは、白い十字形の雌しべが特徴で、雌しべの根元が綺麗な緑色をしています。

また、花のサイズも大きさがあるので、道端に咲いていても良く目立ちます。

 

マツヨイグサは、花のサイズはツキミソウと変わりませんが、花の色が黄色で繁殖力が強いのが特徴です。

 

それでは最後に、ツキミソウ(月見草)の花言葉をお伝えします!

 

ツキミソウ(月見草)の花言葉はなに?何日の誕生花なの?

 

ツキミソウの花言葉は「ほのかな恋」と「移り気」で、6月21日の誕生花です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ツキミソウ(月見草)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ツキミソウ(月見草)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

ツキミソウは、日陰だと花付きも悪く良く育たないため、日当たりの良い場所で育てるようにしましょう。

ツキミソウは、水はけの良い土壌を好みます。

地植えで育てる場合は、土を高く盛り上げて育てます。

また、元々の土の状態が良くない場合は、小石や砂利を敷いた上に草花用の培養土を盛って育てると良いでしょう。

ツキミソウは、肥料を与えなくても良く育ちます。

逆に肥料を与えると良く育ちますが、花が咲かなくなってしまうので、与え過ぎないように注意しましょう。

ツキミソウを鉢植えで育てる場合は、乾燥を好む植物なので、土の表面が乾いたら水をたっぷりとあげましょう。

ツキミソウを地植えで育てる場合は、降水だけでも良く育ちますが、日照りが続く場合は、状態を見ながら水を与えましょう。

 

②ツキミソウ(月見草)の画像(写真)!花の特徴は?別名や英名はなに?

ツキミソウは、草丈が30cm~60cm程で、光が透ける薄い花びらで、白い花を咲かせます。

花びらは4枚、中心には雌しべがあり、その周りには雄しべは8本あります。

ツキミソウの一番の特徴は、夕暮れから夜に花を咲かせますが、一晩しか咲かないこと。

咲き始めは白く、終わりにはピンク色となり翌朝萎んでしまいます。

ツキミソウの別名は「シロバナヨルザキツキミソウ」で、英語名は「Evening primrose」です。

 

③ツキミソウ(月見草)の開花時期や季節はいつ頃なの?いつの季語なの?咲いてる場所はどこ?

ツキミソウは、初夏から初秋の6月~9月が開花します。

ツキミソウの季語は「月見草」で、日光が良く当たる風通しの良い場所に咲きます。

 

④ツキミソウ(月見草)の値段や販売価格はいくらぐらいなの?

ツキミソウは、3号ポットであれば、インターネット販売で400円程で販売されています。

 

⑤ツキミソウ(月見草)の増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

ツキミソウは、秋には花が終わり種が出来るので、その種を冷蔵庫に保管し、翌年2月~3月頃に種を蒔きます。

種まきをする際は、土の上にパラパラッと蒔いた後、軽く土を被せ、たっぷり水を与えましょう。

 

⑥ツキミソウ(月見草)はオイルや化粧水やサプリやお茶として使われるの?効能(薬効)は?副作用はある?

ツキミソウは、オイル成分が様々な症状や疾患に効果があると言われているので、化粧水やサプリなどにも使われています。

特にアトピー性皮膚炎や女性ホルモンのバランス、美肌などのアンチエイジングに効果が期待されています。

その他にも、ツキミソウは、昔から「ツキミソウ茶」としても良く知られています。

免疫力や代謝促進、コレステロール減少や体内脂肪の分解・排出に効能があり、ダイエット効果が期待されています。

また、ツキミソウに最も多い副作用は、「腹痛」、「腹部膨満感」、「悪心」など、一過性消化器症状とされています。

 

⑦ツキミソウ(月見草)に似た花はなにがあるの?ヒルザキツキミソウやマツヨイグサとの違いはなに?

ツキミソウは、「ヒルザキツキミソウ」や「マツヨイグサ」と似ていると言われますが、どこが違うのか見ていきましょう。

ヒルザキツキミソウは、白い十字形の雌しべが特徴で、雌しべの根元が綺麗な緑色をしています。

また、花のサイズも大きさがあるので、道端に咲いていても良く目立ちます。

マツヨイグサは、花のサイズはツキミソウと変わりませんが、花の色が黄色で繁殖力が強いのが特徴です。

 

⑧ツキミソウ(月見草)の花言葉はなに?何日の誕生花なの?

ツキミソウの花言葉は「ほのかな恋」と「移り気」で、6月21日の誕生花です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)