【ヨメナ(嫁菜)のまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ヨメナ(嫁菜)についてまとめていきたいと思います。

 

ヨメナはキク科の植物で、日本の在来種です。

日本では、四国や九州地方の山地の湿気のある地域に自生しています。

 

名前の由来は、若葉の香りや味がよく、見た目の優しさが由来となっているようです。

学名は「Aster yomena」といいます。

 

今回は、ヨメナ(嫁菜)についてのポイント、

①ヨメナ(嫁菜)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヨメナ(嫁菜)の画像(写真)!特徴は?
③ヨメナ(嫁菜)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヨメナ(嫁菜)は食用の山菜?おすすめの食べ方は?
⑤ヨメナ(嫁菜)とチョウセンヨメナやノコンギク、シロヨメナとの違いは?
⑥ヨメナ(嫁菜)の花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはヨメナ(嫁菜)の育て方からお伝えします!

 

ヨメナ(嫁菜)の育て方は?

 

ヨメナは強健で、環境を整えれば放置していても育ちます。

 

成長速度が早い植物で、根詰まりを起こしやすいため、鉢植えの場合は毎年植え替えを行います。

また、多くの花を咲かせるために種を採らないのであれば、開花後の花径は切り取ります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヨメナ(嫁菜)が好む環境についてお伝えします!

 

ヨメナ(嫁菜)の育て方!環境はどうする?

 

ヨメナは、水はけと日のよく当たる場所で管理します。

 

湿気を好むため、乾燥しやすい夏の時期は日陰に移すなど乾燥防止をすると安全です。

日当たりさえ良ければ問題なく育つ丈夫な植物です。

 

次は、ヨメナ(嫁菜)に適した用土についてお伝えします!

 

ヨメナ(嫁菜)を育てる際の適した用土は何?

 

ヨメナを育てる際は、水はけの良い用土を使用します。

市販の草花用培養土または赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜたものを使用します。

 

次は、ヨメナ(嫁菜)に必要な肥料についてお伝えします!

 

ヨメナ(嫁菜)の育て方!肥料はどうする?

 

ヨメナを育てる際は、特に肥料は必要ありません。

 

大きく育てたい場合は、元肥として緩効性の肥料を与え、2週間に1回2000倍に希釈した液肥を与えます。

ただし、肥料を与えすぎると容姿が乱れてくるため、与えすぎには注意します。

 

では次は、ヨメナ(嫁菜)の水やりポイントについてお伝えします!

 

ヨメナ(嫁菜)を育てる際の水の量はどうする?

 

ヨメナを育てる際、鉢植えの場合は、表面の土が乾燥してきたら水を与えます。

庭植えの場合は、極端に乾燥しない限りは自然の降雨のみで大丈夫です。

 

以上で基本的なヨメナ(嫁菜)の育て方については終わりです。

次はヨメナ(嫁菜)の写真をお見せします!

 

ヨメナ(嫁菜)の画像(写真)!特徴は?

 

 

ヨメナの花は、直径が3cmほどの頭花を1つ、舌状花10~20個を付けます。

 

花色は、頭花は黄色で、舌状花は青紫色〜白色です。

葉は互生し、長さは10cmほどの長楕円形をしています。

 

葉には光沢があり、縁には鋸歯を持ちます。

痩果は、3mmほどの倒卵形で0.5mmほどの剛毛があります。

 

次に、ヨメナ(嫁菜)の開花時期をお伝えします!

 

ヨメナ(嫁菜)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヨメナの開花時期は、秋(7~10月)です。

枝先はよく枝分かれし、枝先に頭状花序に花をつけます。

 

次は、ヨメナ(嫁菜)のおすすめの食べ方をお伝えします!

 

ヨメナ(嫁菜)は食用の山菜?おすすめの食べ方は?

 

ヨメナの若葉は香りがよく、食用として食べられています。

ヨメナの食べ方としては、若葉の混ぜご飯、天ぷら、おひたしなどがオススメです。

 

次に、ヨメナ(嫁菜)とチョウセンヨメナやノコンギク、シロヨメナとの違いをお伝えします!

 

ヨメナ(嫁菜)とチョウセンヨメナやノコンギク、シロヨメナとの違いは?

 

「チョウセンヨメナ」、「ノコンギク」、「シロヨメナ」の特徴は次のようになります。

 

”チョウセンヨメナ”は、ヨメナと比べると開花時期が早く(6~9月)、茎が直立しているのが特徴です。

”ノコンギク”は、ヨメナと比べると葉にざらつきがあること、冠毛の長さが異なるのが特徴です。

”シロヨメナ”は、ヨメナと比べると毛が少なくツルッとしているのが特徴です。

 

それでは最後に、ヨメナ(嫁菜)の花言葉をお伝えします!

 

ヨメナ(嫁菜)の花言葉はなに?

 

ヨメナの花言葉は、「従順」「隠れた美しさ」です。

 

”従順”は、嫁が主人に従うといった花の名前が由来となっているようです。

”隠れた美しさ”は見た目の美しさとは別に、良い香りを放つことが由来となっていそうです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヨメナ(嫁菜)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヨメナ(嫁菜)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヨメナは、水はけと日のよく当たる場所で管理します。

育てる際の用土は、水はけの良いものを使用します。

育てる際の肥料は特に必要ありません。

大きく育てたい場合に、元肥として緩効性の肥料、追肥として2週間に1回2000倍に希釈した液肥を与えます。

ただし、肥料を与えすぎると容姿が乱れてくるため、与えすぎには注意します。

鉢植えの場合は、表面の土が乾燥してきたら水を与え、庭植えの場合は、極端に乾燥しない限りは自然の降雨のみで大丈夫です。

 

②ヨメナ(嫁菜)の画像(写真)!特徴は?

ヨメナの花は、直径が3cmほどの頭花を1つ、舌状花10~20個を付けます。

花色は、頭花は黄色で、舌状花は青紫色〜白色です。

葉には光沢があり、長さは10cmほどの長楕円形で、縁には鋸歯を持ちます。。

痩果は、3mmほどの倒卵形で0.5mmほどの剛毛があります。

 

③ヨメナ(嫁菜)の開花時期や季節はいつ頃なの?

ヨメナの開花時期は、秋(7~10月)です。

 

④ヨメナ(嫁菜)は食用の山菜?おすすめの食べ方は?

ヨメナの若葉は香りがよく、食用として食べられています。

ヨメナの食べ方としては、若葉の混ぜご飯、天ぷら、おひたしなどがオススメです。

 

⑤ヨメナ(嫁菜)とチョウセンヨメナやノコンギク、シロヨメナとの違いは?

”チョウセンヨメナ”は、ヨメナと比べると開花時期が早く(6~9月)、茎が直立しているのが特徴です。

”ノコンギク”は、ヨメナと比べると葉にざらつきがあること、冠毛の長さが異なるのが特徴です。

”シロヨメナ”は、ヨメナと比べると毛が少なくツルッとしているのが特徴です。

 

⑥ヨメナ(嫁菜)の花言葉はなに?

ヨメナの花言葉は、「従順」「隠れた美しさ」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)