【ヤブツバキ(薮椿)のまとめ!】育て方(剪定や挿し木)と花言葉等11個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、ヤブツバキ(薮椿)についてまとめていきたいと思います。

 

ヤブツバキは、ツバキ科ツバキ属に属する常緑高樹です。

 

一般的には「ツバキ」と呼ばれていて、「ヤブツバキ」という呼び名は植物学上の名称です。

 

しかし、ツバキ属に属する植物全てを指して「ツバキ」と呼ぶこともありますので、混乱を避けたい場合は、「ヤブツバキ」と表現しましょう。

 

ヤブツバキは、日本が原産で本州、四国、九州、南西諸島に分布しています。

海外では、朝鮮半島の南部と台湾に生息しています。

 

今回は、ヤブツバキ(薮椿)についてのポイント、

①ヤブツバキ(薮椿)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヤブツバキ(薮椿)の画像(写真)!特徴は?種や花や実はどんな感じ?
③ヤブツバキ(薮椿)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヤブツバキ(薮椿)の価格(値段)はいくらくらいなの?
⑤ヤブツバキ(薮椿)の苗の植え付けのポイントは?
⑥ヤブツバキ(薮椿)の剪定(切り戻し)のポイントは?
⑦ヤブツバキ(薮椿)の増やし方!挿し木のポイントは?
⑧ヤブツバキ(薮椿)の椿油(ツバキオイル)のおすすめは?
⑨ヤブツバキ(薮椿)は食用?おすすめの食べ方は?
⑩ヤブツバキ(薮椿)の花言葉や学名はなに?
⑪ヤブツバキ(薮椿)とユキツバキ、ツバキ、侘助の違いはなに?

 

以上11個の点についてお伝えします。

まずはヤブツバキ(薮椿)の育て方からお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)の育て方は?

 

ヤブツバキは、丈夫で寿命が長い樹木です。

日本が原産なので、土質や気候も気にせず育てることができます。

 

しかし、花付きを良くするためには植え付ける場所を選ぶ必要があります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヤブツバキ(薮椿)が好む環境についてお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)の育て方!環境はどうする?

 

ヤブツバキは、日陰でも日向でも育ちます。

しかし、花付きを良くするためには半日陰が適しています。

 

半日陰とは、西日や直射日光の当たらない、比較的明るい日陰です。

また、ヤブツバキは北風と西風の当たらない場所に植え付けることも大切です。

 

強い風が当たると蕾が落ちて花付きが悪くなるので、建物の東側か南側の湿り気の多い場所に植え付けましょう。

 

次は、ヤブツバキ(薮椿)に適した用土についてお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)を育てる際の適した用土は何?

 

ヤブツバキは、水はけが良く有機質に富んだ弱酸性の用土で育てましょう。

 

地植えする場合は、粘土質の場所だけは避けてください。

そして、あらかじめ腐葉土や鶏糞などの緩効性肥料を元肥として庭の土に混ぜてから植え付けましょう。

 

鉢植えの場合は、赤玉土(小粒)と腐葉土、鹿沼土をそれぞれ均等に混ぜた用土を使用してください。

用土がアルカリ性に傾くと、葉が黄色くなり落葉してしまうので注意してください。

 

次は、ヤブツバキ(薮椿)に必要な肥料についてお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)の育て方!肥料はどうする?

 

ヤブツバキは、地植えの場合は2月に、鉢植えの場合は3月の開花後に追肥をしましょう。

 

地植えの場合は有機肥料を株元に施しておきます。

鉢植えの場合は与える肥料は化成肥料にし、生育が悪い場合や花芽が少ない場合は秋にも追肥をしましょう。

 

また、同じ個所に追肥をし続けると肥料焼けを起こす可能性がありますので、毎年違う場所へ追肥するようにしてください。

 

では次は、ヤブツバキ(薮椿)の水やりポイントについてお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)を育てる際の水の量はどうする?

 

ヤブツバキを地植えする場合は、植え付けてから2年間は土の表面が乾いたら水やりをしましょう。

 

2年以上が経過したら、乾燥状態が続く場合のみ水やりをしてください。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら水やりをしましょう。

 

以上で基本的なヤブツバキ(薮椿)の育て方については終わりです。

次はヤブツバキ(薮椿)の写真をお見せします!

 

ヤブツバキ(薮椿)の画像(写真)!特徴は?種や花や実はどんな感じ?

 

 

ヤブツバキは、成長すると樹高15mにもなる常緑高樹です。

 

葉は互生していて、長さ4cm~8cmの楕円形で縁にはギザギザがあります。

また、葉には厚みがあり、光沢のある濃い緑色をしています。

 

ヤブツバキの花は、花径5cm~7cmで薄い紅色から濃い紅色まで濃淡のある花を付けます。

花びらは5枚ありますが1枚1枚が独立した離弁花です。

 

雄しべの花糸が白く雌しべは黄色いので、花びらと葉、しべの色のコントラストが美しく目を引きます。

 

 

花は、多数の雄しべと花びらがくっついていて筒状になっているので、落ちるときは花全体がまとまって落ちるのが特徴的です。

 

筒状になった花の底には大量の蜜を持ち、鳥が集まる様は風情があります。

実は蒴果で、直径2cm~2.5cmの球形で果皮はかなり厚く、中に大きな黒褐色の種子が6個ほど入っています。

 

(ヤブツバキの実)

 

実が熟すと3つに分裂してはじけて種が出てきますが、その種からは「椿油」が採れ、化粧品や整髪剤などに用いられています。

 

(ヤブツバキの種)

 

次に、ヤブツバキ(薮椿)の開花時期をお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヤブツバキの開花時期は、11月~12月と2月~4月の年に2回あります。

また、常緑高木なので葉は一年中緑色を保ってくれます。

 

葉が黄色くなってきたら、土がアルカリ性に傾いていると思ってください。

 

ヤブツバキは、土がアルカリ性に傾いてしまうと最悪の場合枯れてしまうので早めに対処しましょう。

変色してきたら、生理的酸性肥料(硫酸アンモニウムなど)を株元に施してみてください。

 

次は、ヤブツバキ(薮椿)の価格(値段)はいくらくらいなのかをお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)の価格(値段)はいくらくらいなの?

 

ヤブツバキの価格は、樹高により異なります。

小さなものであれは、600円前後から購入できますが、大きくなると10000円を超えるものもあります。

 

それでは次に、ヤブツバキ(薮椿)の苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)の苗の植え付けのポイントは?

 

 

ヤブツバキの植え付けは、3月~4月又は9月~10月に行いましょう。

地植えする場合は、根鉢の倍の大きさの穴を掘り根鉢を崩さずに植え付けてください。

 

あまり深く植え付けずに、根鉢の表面が地面と同じ場所にくるようにしましょう。

 

鉢植えの場合は、あまり大きな鉢に植え付けないように株よりも1号~2号大きめの鉢に植え付けてください。

また、鉢の底に鹿沼土を敷いておくと水はけが良く、酸性の用土に傾けることができます。

 

地植えの場合も鉢植えの場合も、根付くまでは支柱を立ててあげると良いでしょう。

植え付けたらたっぷりと水やりをし、鉢植えの場合は1週間程度は日陰で様子を見てから徐々に動かしていきましょう。

 

次は、ヤブツバキ(薮椿)の剪定(切り戻し)のポイントをお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)の剪定(切り戻し)のポイントは?

 

ヤブツバキの剪定は、花後の4月~5月中に行いましょう。

 

6月になると花芽が付いてくるので、剪定をする場合は花が終わったらすぐに行ってください。

剪定は、混み合っている場所や分岐した枝を切り落とすようにしましょう。

 

ヤブツバキは、樹形はあまり乱れませんが枝分かれが多いので、間引くように剪定すると風通しが良くなります。

 

また、樹高を高くしたくない場合は頂点も切り戻しをしましょう。

ヤブツバキは強めの剪定を嫌がるので、毎年こまめに剪定するようにしてください。

 

次に、ヤブツバキ(薮椿)の挿し木のポイントをお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)の増やし方!挿し木のポイントは?

 

 

ヤブツバキの挿し木は、6月~8月に行いましょう。

挿し木をするには、まずはその年の春に伸びだした枝を10cm~20cmほどの長さに切り落とします。

 

切り落としたら水に挿して10分ほど吸水させましょう。

吸水させたら、湿らせた挿し木用の用土などに枝を挿してください。

 

その後に、穴を開けたビニール袋で挿し木をした容器ごと覆ってください。

そうすることによって、中の湿度が保たれて乾燥させずに成長させることができます。

 

管理は、直射日光の当たらない明るい日陰で行い、用土が乾燥しないように注意しながら育てましょう。

 

挿し木が成功すれば、9月にはポット苗として移植することができるでしょう。

 

次は、ヤブツバキ(薮椿)の椿油(ツバキオイル)のおすすめをお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)の椿油(ツバキオイル)のおすすめは?

 

ツバキオイルは、世界3大オイルの1つとされています。

酸化しにくいことから、化粧品や食用だけでなく精密機械にも使用されています。

 

また、ヤブツバキの精油は成分の約85%がオレイン酸で、オリーブ油よりも多く含みます。

そのため、ツバキオイルは健康に良いだけではなく蒸発しにくいという特徴を持ちます。

 

しかし、販売されているツバキオイルの中には、ヤブツバキの種子から精油100%のものと、そうでないものがあります。

 

食用、化粧品用、整髪用、精密機械用など、用途によって使い分けることが大切です。

 

それでは次に、ヤブツバキ(薮椿)のおすすめの食べ方をお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)は食用?おすすめの食べ方は?

 

 

ヤブツバキは食べることができます。

花や蕾はお茶にしたり、天ぷらや酢の物、ジャムや卵焼きなどで食べましょう。

 

花や蕾にはアントシアニンやオイゲノールといった成分が含まれており、乾燥させてお茶にすると滋養強壮や健胃整腸などの効果が期待されます。

 

天ぷらや酢の物にすれば、色合いもよく食欲が湧くこと間違いないでしょう。

また、蕾を利用してヤブツバキ酒を造ってお酒とおつまみをヤブツバキで揃えてみるのも楽しいですね。

 

次は、ヤブツバキ(薮椿)の花言葉や学名をお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)の花言葉や学名はなに?

 

ヤブツバキの花言葉は、「誇り」・「控えめな優しさ」です。

「控えめ」という言葉が付くのは、椿の花に香りがないことに由来するそうです。

 

香りがなくても花姿は大きく見ごたえがあることから、「誇り」という花言葉にも繋がったのでしょうか。

 

また、ヤブツバキの学名は「Camellia japonica」です。

 

それでは最後に、ヤブツバキ(薮椿)とユキツバキ、ツバキ、侘助の違いをお伝えします!

 

ヤブツバキ(薮椿)とユキツバキ、ツバキ、侘助の違いはなに?

 

ユキツバキは、ヤブツバキの近縁種です。

 

ユキツバキは、主に山地に自生していて北海道の南部でも栽培することができます。

そのため、ヤブツバキよりも寒い地域で育てることができるのが違いの1つです。

 

ユキツバキの自生地の最北地は、青森県津軽郡平内町の夏泊半島で、椿山と呼ばれる自生地です。

 

椿山では約1万株のユキツバキの群生を観ることができ、この群生は天然記念物にも指定されています。

 

また、ユキツバキとヤブツバキは、葉と花で見分けることができます。

ユキツバキの葉を日に当ててみると葉脈が透けて見えますが、ヤブツバキは見えません。

 

そして、ユキツバキの雄しべの花色は黄色く、花びらの先端にへこみがあります。

それに比べてヤブツバキは、雄しべの花糸は白く、花びらにへこみはありません。

 

(ユキツバキ)

 

また、ヤブツバキは上述したように一般的には「ツバキ」と呼ばれていて、「ヤブツバキ」という呼び名は植物学上の名称です。

 

侘助は、ヤブツバキと中国原産のチャノキとの交雑種だとされています。

 

侘助は「ウラクツバキ」とも呼ばれていて、ウラクツバキから改良された品種のことも含めて侘助と呼ぶこともあります。

また、「葯が退化していて花粉を作らないこと」も侘助の定義とされていて、実が作られにくいのが特徴です。

 

そして、花も小さく一重咲きのものが多く、茶花としても愛されている花の1つです。

 

(侘助)

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヤブツバキ(薮椿)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは11個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヤブツバキ(薮椿)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヤブツバキは、半日陰の場所で育てましょう。

用土は水はけが良く有機質に富んだ弱酸性の用土を使用し、地植えする場合は、粘土質の場所だけは避けてください。

用土がアルカリ性に傾くと、葉が黄色くなり落葉してしまうので注意しましょう。

追肥は、地植えの場合は2月に鉢植えの場合は3月の開花後に行ってください。

また、地植えの場合は植え付けてから2年間は土の表面が乾いたら水やりをしましょう。

2年以上が経過した株は、乾燥状態が続く場合のみ水やりをしてください。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら水やりをしましょう。

 

②ヤブツバキ(薮椿)の画像(写真)!特徴は?種や花や実はどんな感じ?

ヤブツバキは、成長すると樹高15mにもなる常緑高樹です。

葉は互生していて、長さ4cm~8cmの楕円形で縁にはギザギザがあります。

ヤブツバキの花は、花径5cm~7cmで薄い紅色から濃い紅色まで濃淡のある花を付けます。

花びらは5枚ありますが離弁花で、落ちるときは花全体がまとまって落ちるのが特徴的です。

実は蒴果で、直径2cm~2.5cmの球形で果皮はかなり厚く、中に大きな黒褐色の種子が6個ほど入っています。

実が熟すと3つに分裂してはじけて種が出てきますが、その種からは「椿油」が採れ、化粧品や整髪剤などに用いられています。

 

③ヤブツバキ(薮椿)の開花時期や季節はいつ頃なの?

ヤブツバキの開花時期は、11月~12月と2月~4月の年に2回あります。

また、常緑高木なので葉は一年中緑色を保ってくれます。

 

④ヤブツバキ(薮椿)の価格(値段)はいくらくらいなの?

ヤブツバキの価格は、樹高により異なります。

小さなものであれは600円前後から購入できますが、大きくなると10000円を超えるものもあります。

 

⑤ヤブツバキ(薮椿)の苗の植え付けのポイントは?

ヤブツバキの植え付けは、3月~4月又は9月~10月に行いましょう。

地植えする場合は、根鉢の倍の大きさの穴を掘り根鉢を崩さずに植え付けてください。

あまり深く植え付けずに根鉢の表面が地面と同じ場所にくるようにしましょう。

鉢植えの場合は、株よりも1号~2号大きめの鉢に植え付けてください。

地植えの場合も鉢植えの場合も、根付くまでは支柱を立ててあげると良いでしょう。

 

⑥ヤブツバキ(薮椿)の剪定(切り戻し)のポイントは?

ヤブツバキの剪定は、花後の4月~5月中に行いましょう。

ヤブツバキは枝分かれが多いので、間引くように剪定すると風通しが良くなります。

また、樹高を高くしたくない場合は頂点も切り戻しをしましょう。

 

⑦ヤブツバキ(薮椿)の増やし方!挿し木のポイントは?

ヤブツバキの挿し木は、6月~8月に行いましょう。

まず、その年の春に伸びだした枝を10cm~20cmほどの長さに切り落とします。

切り落としたら水に挿して10分ほど吸水させましょう。

吸水させたら、湿らせた挿し木用の用土などに枝を挿してください。

その後に、穴を開けたビニール袋で挿し木をした容器ごと覆ってください。

直射日光の当たらない、明るい日陰で管理し、用土が乾燥しないように注意しながら育てましょう。

成功すれば、9月には株として移植することができるでしょう。

 

⑧ヤブツバキ(薮椿)の椿油(ツバキオイル)のおすすめは?

ツバキオイルは、世界3大オイルの1つとされています。

酸化しにくいことから、化粧品や食用だけでなく精密機械にも使用されています。

販売されているツバキオイルの中には、ヤブツバキの種子から精油100%のものと、そうでないものがあります。

食用、化粧品用、整髪用、精密機械用など、用途によって使い分けることが大切です。

 

⑨ヤブツバキ(薮椿)は食用?おすすめの食べ方は?

ヤブツバキは食べることができます。

花や蕾はお茶にしたり、天ぷらや酢の物、ジャムや卵焼きなどで食べましょう。

また、蕾を利用してヤブツバキ酒を造ることも可能です。

 

⑩ヤブツバキ(薮椿)の花言葉や学名はなに?

ヤブツバキの花言葉は、「誇り」・「控えめな優しさ」です。

学名は「Camellia japonica」です。

 

⑪ヤブツバキ(薮椿)とユキツバキ、ツバキ、侘助の違いはなに?

ユキツバキは、ヤブツバキの近縁種です。

ユキツバキは、ヤブツバキよりも寒い地域で育てることができます。

自生地の最北地は、青森県津軽郡平内町の夏泊半島で、椿山と呼ばれる自生地です。

また、ユキツバキとヤブツバキは、葉と花で見分けることができます。

ユキツバキは、日に当ててみると葉脈が透けて見えますがヤブツバキは見えません。

そして、ユキツバキの雄しべの花色は黄色く、花びらの先端にへこみがあります。

それに比べてヤブツバキは、雄しべの花糸は白く、花びらにへこみはありません。

ヤブツバキは上述したように一般的には「ツバキ」と呼ばれていて、「ヤブツバキ」という呼び名は植物学上の名称です。

侘助は、ヤブツバキと中国原産のチャノキとの交雑種だとされています。

侘助は実が作られにくく、花も小さく一重咲きのものが多いです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)