【イワウチワのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、イワウチワについてまとめていきたいと思います。

 

イワウチワはイワウメ科の植物で、本州では関西以北の山林、岩場などで見られます。

名前は、岩の上の咲き葉の形がうちわに似ていることが由来となってるようです。

 

学名は「Shortia uniflora」といいます。

 

今回は、イワウチワについてのポイント、

①イワウチワの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②イワウチワの画像(写真)!特徴は?花や葉はどんな感じ?
③イワウチワが咲く山はある?群生地はどこ?
④イワウチワの開花時期や季節はいつ頃なの?
⑤イワウチワの販売場所は?どこで買える?
⑥イワウチワとイワカガミやトクワカソウの違いは何?
⑦イワウチワの花言葉はなに?

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはイワウチワの育て方からお伝えします!

 

イワウチワの育て方(栽培)は?

 

イワウチワは涼しい環境を好むため、暖地の場合は温度管理には注意が必要です。

水切れに弱いため、茎や根は浅く植え込み表土に水を含ませたミズゴケで覆うと効果的です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、イワウチワが好む環境についてお伝えします!

 

イワウチワの育て方(栽培)!環境はどうする?

 

イワウチワを育てる際は、直射日光を避け、風通しの良い場所で管理します。

湿地を好む植物でもあるため、乾燥にも注意が必要です。

 

次は、イワウチワに適した用土についてお伝えします!

 

イワウチワを育てる際の適した用土は何?

 

イワウチワを育てる際の用土は、水はけの良さが大切です。

市販されている山野草用の用土または、赤玉土に腐葉土を2割程度混ぜ込んだものを使用します。

 

次は、イワウチワに必要な肥料についてお伝えします!

 

イワウチワの育て方(栽培)!肥料はどうする?

 

イワウチワを育てる際は、植付け時に緩効性の肥料を与えます。

生育期(春~夏)にかけては、追肥として薄めた液肥を月に1回程度の頻度で与えます。

 

では次は、イワウチワの水やりポイントについてお伝えします!

 

イワウチワを育てる際の水の量はどうする?

 

イワウチワを育てる際の水やりは、表面の土が乾燥したら多めに与えます。

庭植えの場合は、極端に乾燥しない限りは自然の降雨だけで大丈夫です。

 

以上で基本的なイワウチワの育て方については終わりです。

次はイワウチワの写真をお見せします!

 

イワウチワの画像(写真)!特徴は?花や葉はどんな感じ?

 

 

イワウチワは、花径が3cm程で淡いピンク色の花を横向きにつけます。

花冠は先が5裂していて、裂片の先は細かく裂けています。

 

葉の質は厚く、広楕円形で長い柄があります。

 

葉の縁には鈍い鋸歯があり、色が薄い葉脈が特徴的です。

葉の先端部がやや扁平になっており、団扇を連想させます。

 

次に、イワウチワの群生地をお伝えします!

 

イワウチワが咲く山はある?群生地はどこ?

 

イワウチワが咲く山は「大塚山」「高鈴山」があります。

 

高鈴山は茨城県の日立市にあり、イワウチワの群生が綺麗に見れる山ということもあり、花の百名山に選ばれています。

イワウチワの群生地としては「那珂川町富山」があります。

 

栃木県にある”那珂川町富山”は、イワウチワの大群生地です。

広さは1ヘクタールを遥かに超え、イワウチワの群生規模としては日本一と言われています。

 

次は、イワウチワの開花時期をお伝えします!

 

イワウチワの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

イワウチワの開花時期は春(4~5月)です。

花は葉の間から10cmほどの花茎を立て、先端に1個の花をつけます。

 

それでは次に、イワウチワの販売場所をお伝えします!

 

イワウチワの販売場所は?どこで買える?

 

イワウチワはオンラインで苗のものを購入することができます。

 

金額は、9cmほどのポットが2000円程度になります。

育てる環境が重要になるため、環境を整えてからの購入をオススメします。

 

次は、イワウチワとイワカガミやトクワカソウの違いをお伝えします!

 

イワウチワとイワカガミやトクワカソウの違いは何?

 

イワウチワとイワカガミの違いは花の付け方です。

イワウチワは花茎に対して1つの花をつけますが、イワカガミは1本の花茎に多数の花をつけます。

 

イワウチワとトクワカソウの違いは葉にあります。

イワウチワは葉の基部がくびれていますが、トクカワソウの葉は円形またはくさび形をしています。

 

それでは最後に、イワウチワの花言葉をお伝えします!

 

イワウチワの花言葉はなに?

 

イワウチワの花言葉は、「春の使者」です。

花言葉”春の使者”は、花色が春らしい淡いピンク色であることや、春に開花するため見た人に春の訪れを感じさせることが由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

イワウチワのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①イワウチワの育て方(環境、土、肥料、水やり)

イワウチワを育てる際は、直射日光を避け、風通しの良い場所で管理します。

育てる際の用土は、水はけの良さが大切で、市販されている山野草用の用土または、赤玉土に腐葉土を2割程度混ぜ込んだものを使用します。

育てる際の肥料は、植付け時に緩効性の肥料を与えます。

追肥として、生育期(春~夏)にかけて薄めた液肥を月に1回程度の頻度で与えます。

育てる際の水やりは、表面の土が乾燥したら多めに与えます。

庭植えの場合は、極端に乾燥しない限りは自然の降雨だけで大丈夫です。

 

②イワウチワの画像(写真)!特徴は?花や葉はどんな感じ?

イワウチワは、花径が3cm程で淡いピンク色の花を横向きにつけます。

花冠は先が5裂していて、裂片の先は細かく裂けています。

葉の質は厚く、広楕円形で長い柄があり、先端が扁平になっていて団扇を連想させます。

葉の縁には鈍い鋸歯があり、色が薄い葉脈が特徴的です。

 

③イワウチワが咲く山はある?群生地はどこ?

イワウチワが咲く山は「大塚山」「高鈴山」があります。

群生地としては「那珂川町富山」が有名です。

 

④イワウチワの開花時期や季節はいつ頃なの?

イワウチワの開花時期は春(4~5月)です。

 

 

⑤イワウチワの販売場所は?どこで買える?

イワウチワはオンラインで苗のものを購入することができます。

 

⑥イワウチワとイワカガミやトクワカソウの違いは何?

イワウチワとイワカガミの違いは花の付け方です。

イワウチワとトクワカソウの違いは葉にあります。

 

⑦イワウチワの花言葉はなに?

イワウチワの花言葉は、「春の使者」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)