【ミツバシモツケのまとめ!】育て方(挿し木や株分け)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ミツバシモツケについてまとめていきたいと思います。

 

ミツバシモツケはバラ科ギレニア属に属します。

北アメリカ原産の耐寒性多年草です。

 

ミツバシモツケは、北アメリカの高地の広い範囲に分布しています。

温暖湿潤な日本の気候にも順応し、手入れが簡単で可愛らしい花をつけることから、ガーデニングでも人気のある花です。

 

今回は、ミツバシモツケについてのポイント、

①ミツバシモツケの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ミツバシモツケの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③ミツバシモツケの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ミツバシモツケの増やし方!株分けのポイントは?
⑤ミツバシモツケの挿し木のやり方はどうするの?
⑥ミツバシモツケの販売場所は?どこで買えるの?
⑦ミツバシモツケとミツバシモツケソウの違いはなに?
⑧ミツバシモツケの花言葉はなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはミツバシモツケの育て方からお伝えします!

 

ミツバシモツケの育て方は?

 

手入れが比較的優しく丈夫で、花や葉も美しいことから人気のあるミツバシモツケ。

 

鉢やプランターで育てたり、グランドカバーとして植えることも出来ます。

可憐な白い花がすっと咲く様子は、その空間に凛とした慎ましやかな華やかさをもたらします。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ミツバシモツケが好む環境についてお伝えします!

 

ミツバシモツケの育て方!環境はどうする?

 

ミツバシモツケは、年間を通して半日陰で適度な湿度がある場所を好みます。

直射日光に弱いので、夏は明るい日陰に移しましょう。

 

耐寒性が強いので、寒冷地では秋に紅葉が楽しめます。

耐暑性もあるので、関東以西では夏越し出来ます。

 

次は、ミツバシモツケに適した用土についてお伝えします!

 

ミツバシモツケを育てる際の適した用土は何?

 

ミツバシモツケを育てる際の用土は、赤玉土4:鹿沼土3:腐葉土3を配合した土が良いでしょう。

 

次は、ミツバシモツケに必要な肥料についてお伝えします!

 

ミツバシモツケの育て方!肥料はどうする?

 

ミツバシモツケを育てる際の肥料は、庭植えの場合は、春と秋に緩効性肥料を控えめに与えます。

鉢の場合は、これに加えて、植え付け・植え替え時に緩効性肥料を与え、更に夏を除いた生育期間中に液肥を月に1~2回与えます。

 

では次は、ミツバシモツケの水やりポイントについてお伝えします!

 

ミツバシモツケを育てる際の水の量はどうする?

 

ミツバシモツケは、土が乾く一歩手前で水やりをしましょう。

 

土が乾く前に早め早めに軽くお水をあげます。

夏場は水を切らさないように注意しましょう。

 

以上で基本的なミツバシモツケの育て方については終わりです。

次はミツバシモツケの写真をお見せします!

 

ミツバシモツケの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

 

ミツバシモツケは、すっと伸びた深紅の茎の先に咲く、5弁の花びらからなる白い可憐な花と大き目な細長い3枚の葉が特徴的な植物です。

 

草丈は50~100cm、横幅は30~60cmに成長します。

葉は緑色で、長さ3~9cm、卵型で縁はギザギザしています。

 

葉と茎の色が違うのが特徴的で、茎が細い割には乱れにくく丈夫です。

ナチュラルな植栽に人気で、園芸店ではリピーターも多いとされています。

 

ふわりとした姿は、ナチュラルガーデンにぴったりですね。

一本でも絵になるので、切り花にもお勧めです。

 

次に、ミツバシモツケの開花時期をお伝えします!

 

ミツバシモツケの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ミツバシモツケの開花時期は、4~5月(春)です。

 

次は、ミツバシモツケの株分けのポイントをお伝えします!

 

ミツバシモツケの増やし方!株分けのポイントは?

 

ミツバシモツケは、株分けで増やすことが出来ます。

株が広がりすぎたら株分けをしましょう。

 

鉢植えの場合は、根づまりを避ける為に2~3年に一度は定期的に株分けをし、一回り大きな鉢に植え替えましょう。

その他、鉢底から根が出ていたり、水やりの時に水がいつまでも吸収されずに土に残っているようだったら株分けするサインです。

 

株分けの適期は晩秋です。

ダメージを受けやすい夏と冬は避けましょう。

 

株分けの際は、株を優しく扱いましょう。

 

掘り起こした株のからまった根を少しずつほぐし、古い根の間を割るように、2~3株に分けます。

 

その際は、健康な根を切らないように気を付けましょう。

分けた株から悪い部分や弱った部分を取り除き、新しい土に植え替え水をたっぷりあげましょう。

 

それでは次に、ミツバシモツケの挿し木のやり方をお伝えします!

 

ミツバシモツケの挿し木のやり方はどうするの?

 

ミツバシモツケは、株分けで増やすことが一般的なので、挿し木をすることはあまりなさそうです。

 

次は、ミツバシモツケの販売場所をお伝えします!

 

ミツバシモツケの販売場所は?どこで買えるの?

 

ミツバシモツケは、園芸店やウェブ販売で、ポット苗や種を購入できます。

ウェブ販売では、ポット苗が1,000円弱、40種入りの種が600円位で販売されています。

 

次に、ミツバシモツケとミツバシモツケソウの違いをお伝えします!

 

ミツバシモツケとミツバシモツケソウの違いはなに?

 

ミツバシモツケソウは、ミツバシモツケの別名です。

 

また、シモツケソウという花もありますが、こちらは同じバラ科でもシモツケソウ属に属し、日本に自生する多年草です。

 

名前は似ていますが、花の色は濃いピンクです。

姿かたちはミツバシモツケとはかなり異なる花です。

 

それでは最後に、ミツバシモツケの花言葉をお伝えします!

 

ミツバシモツケの花言葉はなに?

 

ミツバシモツケの花言葉は、「清廉」です。

茎が細く、白い花がつつましやかで、可憐ながらも凛としているミツバシモツケにぴったりの花言葉ですね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ミツバシモツケのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ミツバシモツケの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ミツバシモツケは、年間を通して半日陰で適度な湿度がある場所を好みます。

直射日光に弱いので、夏は明るい日陰に移しましょう。

ミツバシモツケを育てる際の用土は、赤玉土4:鹿沼土3:腐葉土3を配合した土が良いでしょう。

庭植えの場合は、春と秋に緩効性肥料を控えめに与えます。

鉢の場合は、これに加えて、植え付け・植え替え時に緩効性肥料を与え、更に夏を除いた生育期間中に液肥を月に1~2回与えます。

水やりは土が乾く一歩手前で行います。

夏場は水を切らさないように注意しましょう。

 

②ミツバシモツケの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

ミツバシモツケは、すっと伸びた深紅の茎の先に咲く、5弁の花びらからなる白い可憐な花と大き目な細長い3枚の葉が特徴的な植物です。
草丈は50~100cm、横幅は30~60cmに成長します。

葉は緑色で、長さ3~9cm、卵型で縁はギザギザしています。

葉と茎の色が違うのが特徴的で、茎が細い割には乱れにくく丈夫です。

 

③ミツバシモツケの開花時期や季節はいつ頃なの?

ミツバシモツケの開花時期は、4~5月(春)です。

 

④ミツバシモツケの増やし方!株分けのポイントは?

ミツバシモツケは、株分けで増やすことが出来ます。

株が広がりすぎたら株分けをしましょう。

鉢植えの場合は、根づまりを避ける為に2~3年に一度は定期的に株分けをし、一回り大きな鉢に植え替えましょう。

その他、鉢底から根が出ていたり、水やりの時に水がいつまでも吸収されずに土に残っているようだったら株分けするサインです。

株分けの適期は晩秋です。

ダメージを受けやすい夏と冬は避けましょう。

株分けの際は、株を優しく扱いましょう。

掘り起こした株のからまった根を少しずつほぐし、古い根の間を割るように、2~3株に分けます。

その際は、健康な根を切らないように気を付けます。

分けた株から悪い部分や弱った部分を取り除き、新しい土に植え替え水をたっぷりあげましょう。

 

⑤ミツバシモツケの挿し木のやり方はどうするの?

ミツバシモツケは、株分けで増やすことが一般的なので、挿し木をすることはあまりなさそうです。

 

⑥ミツバシモツケの販売場所は?どこで買えるの?

ミツバシモツケは、園芸店やウェブ販売で、ポット苗や種を購入できます。

ウェブ販売では、ポット苗が1,000円弱、40種入りの種が600円位で販売されています。

 

⑦ミツバシモツケとミツバシモツケソウの違いはなに?

ミツバシモツケソウは、ミツバシモツケの別名です。

シモツケソウという花もありますが、こちらは同じバラ科でもシモツケソウ属に属し、日本に自生する多年草です。

 

⑧ミツバシモツケの花言葉はなに?

ミツバシモツケの花言葉は、「清廉」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)