【ゴデチア(イロマツヨイ)のまとめ!】育て方(切り戻しや挿し木)と花言葉等10個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ゴデチアについてまとめていきたいと思います。

 

ゴデチアはアカバナ科ゴデチア属に属する植物となります。

 

一年草となるゴデチアは樹高が高いもので約90cmまで成長します。

ゴデチアの種類の中でも矮性種が出来たことでより幅広い環境で育成することができるようになりました。

 

今回は、ゴデチアについてのポイント、

①ゴデチアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ゴデチアの画像(写真)!花の特徴は?
③ゴデチアの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ゴデチアの苗の植え付けのポイントは?
⑤ゴデチアの鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?
⑥ゴデチアの切り戻しや摘心(摘芯)のポイントは?
⑦ゴデチアの挿し木のやり方はどうするの?
⑧ゴデチアの種まき時期と種まきのポイントは?こぼれ種でも育つの?種の採取はいつできるの?
⑨ゴデチアの切り花で花束を作ろう!
⑩ゴデチアの花言葉はなに?何日の誕生花なの?

 

以上10個の点についてお伝えします。

まずはゴデチアの育て方からお伝えします!

 

ゴデチアの育て方(栽培)は?

 

 

水あげや花もちが良い品種であるゴデチアは、切った状態でも長い間花を楽しむことができます。

初心者でも育成することができる植物となりますが、アブラムシなどの害虫がつくことがありますので見つけ次第駆除してください。

 

その他立枯病の病気にかかることがあり、株が腐って最悪枯れることがありますので、

過湿状態にならないように注意してあげましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ゴデチアが好む環境についてお伝えします!

 

ゴデチアの育て方!環境はどうする?

 

 

ゴデチアはアメリカ西部が原産地の植物となります。

 

水ハケの良い日向での環境を好む植物となりますので、風通しの良い日向で育成をしてください。

耐寒性のあるゴデチアですが真夏の暑さには弱い品種となりますので注意してあげましょう。

 

次は、ゴデチアに適した用土についてお伝えします!

 

ゴデチアを育てる際の適した用土は何?

 

 

ゴデチアの用土は水ハケと通気性の良いものを選んでください。

 

市販の用土を使用する場合は、草花用培養土を使用してあげましょう。

自身で用土を作るのであれば赤玉土の小粒を6割に腐葉土を3割、軽石小粒1割の割合で混ぜ合わせてください。

 

次は、ゴデチアに必要な肥料についてお伝えします!

 

ゴデチアの育て方!肥料はどうする?

 

ゴデチアは肥料を多く与えると株が倒れやすくなりますので注意してあげましょう。

 

元肥としてゆっくりと効果が持続する緩効性化成肥料を与えてください。

肥料は追肥は必要ありませんが、肥料切れの場合は春時期に液体肥料を与えると良いでしょう。

 

では次は、ゴデチアの水やりポイントについてお伝えします!

 

ゴデチアを育てる際の水の量はどうする?

 

植え付けした後の水やりは、水切れを起こさないように気にかけて与える必要があります。

 

ゴデチアの水やりは用土が乾燥したタイミングでたっぷりと与えてあげましょう。

開花時期は特に水を必要としますので表土が乾燥してきたらすぐに水やりをしてください。

 

以上で基本的なゴデチアの育て方については終わりです。

次はゴデチアの写真をお見せします!

 

ゴデチアの画像(写真)!花の特徴は?

 

ゴデチアは高性や矮性品種など様々な品種があります。

 

ゴデチアは光沢のある美しい花弁が魅力的な植物となります。

透明感のある色あいが特徴となるゴデチアの花は約2週間ほど花を楽しむ事が出来ます。

 

ゴデチアの写真はこちらになります。

 

次に、ゴデチアの開花時期をお伝えします!

 

ゴデチアの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ゴデチアは大輪や八重咲きなど幅広い品種があります。

 

ゴデチアの開花時期は初夏時期の5月頃から6月頃となります。

花色は赤やピンク色オレンジ等となり、花壇に華やかさを与えてくれる植物となります。

 

次は、ゴデチアの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ゴデチアの苗の植え付けのポイントは?

 

 

直根性であるゴデチアは移植を嫌う植物となります。

 

苗の植え付けを行う適時期は秋時期の9月頃から10月頃となります。

時期を遅れて植え付けを行うと冬に根が定着しない場合がありますので防寒対策を行ってあげましょう。

 

次に、ゴデチアの鉢植え(プランター)で育てる際のポイントをお伝えします!

 

ゴデチアの鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?

 

 

ゴデチアは花弁の薄い植物となります。

 

雨に花弁が打たれると傷んでしまいますので鉢植えでの育成をオススメします。

梅雨時期は雨に当たらないようにできるだけ軒下に移動して育成をしてあげましょう。

 

次は、ゴデチアの切り戻しや摘心(摘芯)のポイントをお伝えします!

 

ゴデチアの切り戻しや摘心(摘芯)のポイントは?

 

ゴデチアは摘芯をしてあげると花数が増えて、背丈も抑えることができます。

 

また、ゴデチアは種がつきやすい品種となりますので花がら摘みを行ってください。

花がら摘みは開花時期を終えた花の花首を切り取ってあげましょう。

 

次に、ゴデチアの挿し木のやり方をお伝えします!

 

ゴデチアの挿し木のやり方はどうするの?

 

 

ゴデチアは移植を苦手とする植物となりますので、挿し木よりも種まきで増やすことをオススメします。

 

基本的に種まきで繁殖していくので、熟した種袋が乾燥したタイミングで中の種を取り出してください。

ゴデチアは移植を避けるために直まきをしてあげましょう。

 

次は、ゴデチアの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

ゴデチアの種まき時期と種まきのポイントは?こぼれ種でも育つの?種の採取はいつできるの?

 

ゴデチアは種まきをして増やすことが可能な植物となります。

 

種まきを行う適時期は秋時期の9月中旬頃から10月頃となります。

放任状態でも種は出来ますので開花時期を終えてから採取してください。

 

次に、ゴデチアの切り花で花束の作り方をお伝えします!

 

ゴデチアの切り花で花束を作ろう!

 

 

ゴデチアの花は頂部に咲かせる品種となりますので、株はこんもりとして可愛らしくなります。

 

とても華やかな印象のゴデチアを切り花として飾ると小さな蕾まで咲いて、花束はきらびやかな印象になります。

ゴデチアは花瓶の水をまめに取り替えてあげると花は長持ちします。

 

それでは最後に、ゴデチアの花言葉をお伝えします!

 

ゴデチアの花言葉はなに?何日の誕生花なの?

 

 

ゴデチアは別名のイロマツヨイと言われていますが、ツキミソウと似ている花姿が由来となります。

 

4月15日、5月23日の誕生花であるゴデチアの花言葉は「変わらぬ愛」となります。

「変わらぬ愛」は季節が移り変わっても、花を美しく開花させることが由来となります。
それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ゴデチアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ゴデチアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

水あげや花もちが良い品種であるゴデチアは、切った状態でも長い間花を楽しむことができます。

初心者でも育成することができる植物となりますが、アブラムシなどの害虫がつくことがありますので見つけ次第駆除してください。

その他立枯病の病気にかかることがあり、株が腐って最悪枯れることがありますので、過湿状態にならないように注意してあげましょう。

 

②ゴデチアの画像(写真)!花の特徴は?

ゴデチアは高性や矮性品種など様々な品種があります。

ゴデチアは光沢のある美しい花弁が魅力的な植物となります。

透明感のある色あいが特徴となるゴデチアの花は約2週間ほど花を楽しむ事が出来ます。

 

③ゴデチアの開花時期や季節はいつ頃なの?

ゴデチアは大輪や八重咲きなど幅広い品種があります。

ゴデチアの開花時期は初夏時期の5月頃から6月頃となります。

花色は赤やピンク色オレンジ等となり、花壇に華やかさを与えてくれる植物となります。

 

④ゴデチアの苗の植え付けのポイントは?

直根性であるゴデチアは移植を嫌う植物となります。

苗の植え付けを行う適時期は秋時期の9月頃から10月頃となります。

時期を遅れて植え付けを行うと冬に根が定着しない場合がありますので防寒対策を行ってあげましょう。

 

⑤ゴデチアの鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?

ゴデチアは花弁の薄い植物となります。

雨に花弁が打たれると傷んでしまいますので鉢植えでの育成をオススメします。

梅雨時期は雨に当たらないようにできるだけ軒下に移動して育成をしてあげましょう。

 

⑥ゴデチアの切り戻しや摘心(摘芯)のポイントは?

ゴデチアは摘芯をしてあげると花数が増えて、背丈も抑えることができます。

また、ゴデチアは種がつきやすい品種となりますので花がら摘みを行ってください。

花がら摘みは開花時期を終えた花の花首を切り取ってあげましょう。

 

⑦ゴデチアの挿し木のやり方はどうするの?

ゴデチアは移植を苦手とする植物となりますので、挿し木よりも種まきで増やすことをオススメします。

基本的に種まきで繁殖していくので、熟した種袋が乾燥したタイミングで中の種を取り出してください。

ゴデチアは移植を避けるために直まきをしてあげましょう。

 

⑧ゴデチアの種まき時期と種まきのポイントは?こぼれ種でも育つの?種の採取はいつできるの?

ゴデチアは種まきをして増やすことが可能な植物となります。

種まきを行う適時期は秋時期の9月中旬頃から10月頃となります。

放任状態でも種は出来ますので開花時期を終えてから採取してください。

 

⑨ゴデチアの切り花で花束を作ろう!

ゴデチアの花は頂部に咲かせる品種となりますので、株はこんもりとして可愛らしくなります。

とても華やかな印象のゴデチアを切り花として飾ると小さな蕾まで咲いて、花束はきらびやかな印象になります。

ゴデチアは花瓶の水をまめに取り替えてあげると花は長持ちします。

 

⑩ゴデチアの花言葉はなに?何日の誕生花なの?

ゴデチアは別名のイロマツヨイと言われていますが、ツキミソウと似ている花姿が由来となります。

4月15日、5月23日の誕生花であるゴデチアの花言葉は「変わらぬ愛」となります。

「変わらぬ愛」は季節が移り変わっても、花を美しく開花させることが由来となります。
それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)