【キンバイソウ(西洋キンバイソウ)のまとめ!】似た花や花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、キンバイソウについてまとめていきたいと思います。

 

キンバンソウはキンポウゲ科の植物で、本州の高山の草地や林緑に生えます。

漢字では、「金梅草」と書き、花の色が黄金色で形が梅に似ていることが由来となっているようです。

 

学名は、「Trollius hondoensis」といいます。

 

今回は、キンバイソウについてのポイント、

①キンバイソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②キンバイソウの画像(写真)!特徴は?
③キンバイソウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④キンバイソウは伊吹山でみることができるの?
⑤キンバイソウに似た花は何がある?
⑥キンバイソウの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはキンバイソウの育て方からお伝えします!

 

キンバイソウの育て方は?

 

キンバイソウは耐寒性はありますが、耐暑性がないため気温が高くなる夏期の管理には注意が必要です。

高山植物で養分の少ない環境でも育つため、肥料や水やりの管理にもあまりてはかかりません。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、キンバイソウが好む環境についてお伝えします!

 

キンバイソウの育て方!環境はどうする?

 

キンバイソウを育てる際は、日当たりがよく水はけの良い場所で管理します。

乾燥に弱く、気温が低く湿った環境を好みます。

 

次は、キンバイソウに適した用土についてお伝えします!

 

キンバイソウを育てる際の適した用土は何?

 

キンバイソウを育てる際の用土は、水はけの良いものを使用します。

 

一般的な高山植物用の土または鹿沼土、腐葉土、砂利を混ぜ込んだものがオススメです。

鉢植えの場合は、鉢底に軽石などを敷き水はけを良くするのもオススメです。

 

次は、キンバイソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

キンバイソウの育て方!肥料はどうする?

 

キンバイソウを育てる際の肥料は、植え付ける前に緩効性の肥料を与えます。

肥料を与えすぎると根腐れする場合があるため、与えすぎには注意します。

 

では次は、キンバイソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

キンバイソウを育てる際の水の量はどうする?

 

キンバイソウを育てる際の水やりは、表面の土が乾いたら与えます。

庭植えの場合は、極端に乾燥している場合以外は自然の降雨のみで大丈夫です。

 

以上で基本的なキンバイソウの育て方については終わりです。

次はキンバイソウの写真をお見せします!

 

キンバイソウの画像(写真)!特徴は?

 

 

キンバイソウの花弁は楕円形で、橙黄色の萼片を5~6個つけます。

花弁は雄しべより長く、花が開くと雄しべと混ざって見えます。

 

葉は互生して付き、円心状で3~5裂します。

 

葉の縁には不揃いの鋸歯があり、表面には光沢があります。

 

それでは、キンバイソウの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

キンバイソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

キンバイソウの開花時期は夏(7~8月)です。

花径は4cm程の小柄な花です。

 

次は、キンバイソウは伊吹山でみることができるのかについてお伝えします。

 

キンバイソウは伊吹山でみることができるの?

 

キンバイソウは伊吹山に自生するため、観察することができます。

伊吹山は琵琶湖国定公園に指定されており、中でもキンバイソウは重要な植物として扱われています。

 

次に、キンバイソウに似た花は何があるのかをお伝えします。

 

キンバイソウに似た花は何がある?

 

キンバイソウに似た花として「シナノキンバイ」「レブンキンバイソウ」「チシマノキンバイソウ」があります。

 

”シナノキンバイ”は、花弁が雄しべより短いです。

葉が大きく5つに分裂し、分裂した裂片がさらに細かく切れ込んでいるのも特徴です。

 

”レブンキンバイソウ”は、花弁が橙赤色で先が広がり円頭か切形をしています。

”チシマノキンバイソウ”は、花弁は橙黄色で花柱がカギ状に曲がります。

 

次に、キンバイソウの花言葉をお伝えします。

 

キンバイソウの花言葉はなに?

 

キンバイソウの花言葉は、「品位」です。

花言葉”品位”は、咲かせる黄金色の花の様子が気品のある花のように見えることが由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

キンバイソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①キンバイソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

キンバイソウを育てる際は、日当たりがよく水はけの良い場所で管理します。

育てる際は水はけの良い用土を使用し、一般的な高山植物用の土または鹿沼土、腐葉土、砂利を混ぜ込んだものがオススメです。

育てる際の肥料は、植え付ける前に緩効性の肥料を与えます。

育てる際の水やりは、表面の土が乾いたら与えます。

庭植えの場合は、極端に乾燥している場合以外は自然の降雨のみで大丈夫です。

 

②キンバイソウの画像(写真)!特徴は?

キンバイソウの花弁は楕円形で、橙黄色の萼片を5~6個つけます。

花弁は雄しべより長く、花が開くと雄しべと混ざって見えるのが特徴です。

 

③キンバイソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

キンバイソウの開花時期は夏(7~8月)です。

 

④キンバイソウは伊吹山でみることができるの?

キンバイソウは伊吹山に自生し、重要な植物として扱われています。

 

⑤キンバイソウに似た花は何がある?

キンバイソウに似た花として「シナノキンバイ」「レブンキンバイソウ」「チシマノキンバイソウ」があります。

 

⑥キンバイソウの花言葉はなに?

キンバイソウの花言葉は、「品位」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)