【クライミングローズのまとめ!】育て方(剪定や誘引)と花言葉等7個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、クライミングローズについてまとめていきたいと思います。

 

クライミングローズはバラ科の植物で、北半球全般が原産です。

クライミングローズはバラの中でもつる性のバラの種類になります。

 

学名は「climbing rose」といいます。

 

今回は、クライミングローズについてのポイント、

①クライミングローズの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②クライミングローズの画像(写真)!特徴は?
③クライミングローズの開花時期や季節はいつ頃なの?
④クライミングローズの鉢植えで育てる際のポイントは?
⑤クライミングローズの剪定や誘引のポイントは?
⑥クライミングローズの花言葉はなに?
⑦クライミングローズの種類や品種は何があるの?アンジェラやブルームーン、ロココなど

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはクライミングローズの育て方からお伝えします!

 

クライミングローズの育て方は?

 

クライミングローズは「誘引」により壁面や支柱に這わせて育てます。

そのため、育てる際はある程度の広さを確保できる場所を選びます。

 

耐寒性はありますが、暑さと湿気には弱いため夏や梅雨の時期の管理には注意が必要です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、クライミングローズが好む環境についてお伝えします!

 

クライミングローズの育て方!環境はどうする?

 

クライミングローズを育てる際は、日当たりと風通しの良い場所で管理します。

風通しが悪い場所だと、うどんこ病が発生しやすくなります。

 

次は、クライミングローズに適した用土についてお伝えします!

 

クライミングローズを育てる際の適した用土は何?

 

クライミングローズを育てる際は、水はけと水持ちの良い用土を使用します。

バラ専用の配合土または赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜたものを使用します。

 

次は、クライミングローズに必要な肥料についてお伝えします!

 

クライミングローズの育て方!肥料はどうする?

 

クライミングローズを育てる際は、元肥を根に触れないように与えます。

その他に3~4月に追肥として、6~7月にお礼肥として液肥を与えます。

 

では次は、クライミングローズの水やりポイントについてお伝えします!

 

クライミングローズを育てる際の水の量はどうする?

 

クライミングローズを育てる際は、鉢植えの場合用土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

庭植えの場合は、極端に乾燥する場合のみ水やりをします。

 

以上で基本的なクライミングローズの育て方については終わりです。

次はクライミングローズの写真をお見せします!

 

クライミングローズの画像(写真)!特徴は?

 

クライミングローズは茎の節間が長くなり、支柱に寄りかかって成長するのが特徴です。

 

花は小輪から大輪まで様々です。

花色は赤・ピンク・白・黄・オレンジ・紫・青など色々な種類があります。

 

クライミングローズの枝は固く、光を求めるようにして伸びます。

 

次に、クライミングローズの開花時期をお伝えします!

 

クライミングローズの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

クライミングローズの開花時期は春~秋(4~9月)です。

咲き方は1季咲きから四季咲きと種類によって様々です。

 

次は、クライミングローズの鉢植えで育てる際のポイントをお伝えします!

 

クライミングローズの鉢植えで育てる際のポイントは?

 

クライミングローズを鉢植えで育てる場合は、7号以上の深さがある鉢を選びます。

また、元肥は根に触れないように植えた後に置き肥として与えます。

 

それでは次に、クライミングローズの剪定や誘引のポイントをお伝えします!

 

クライミングローズの剪定や誘引のポイントは?

 

クライミングローズの剪定は、冬の時期に行います。

 

株元から出ている新梢が多く出ている場合は、古くなった枝を株元から切り取り、新しい枝に切り替えます。

誘引の際は左右に振り分け、なるべく水平に誘引することで「頂芽優勢」の性質により多くの蕾がつきやすくなります。

 

次は、クライミングローズの花言葉をお伝えします!

 

クライミングローズの花言葉はなに?

 

クライミングローズの花言葉は「いつも美しい」「無邪気」「愛」です。

”いつも美しい”はバラ特有の美しさが由来となっているようです。

”無邪気”はしなやかにつるを伸ばして成長する様子を例えてつけられたようです。

 

それでは最後に、クライミングローズの種類や品種をお伝えします!

 

クライミングローズの種類や品種は何があるの?アンジェラやブルームーン、ロココなど

 

クライミングローズの種類には「アンジェラ」「カクテル」「ブルームーン」「ロココ」「ドロシー・パーキンス」などがあります。

”アンジェラ”は濃いピンクの八重咲きで、多数の花を付けます。

”カクテル”の花弁は赤色で、花つきがとてもよいです。

”ブルームーン”は淡いピンク色で、花径が12cmと大輪で花弁は反り返ります。

”ロココ”は杏色で、花径が10cmと大きく、花弁にウェーブが入っています。

”ドロシー・パーキンス”は濃いピンクで小輪の花で、花のもちや花つきが良いです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

クライミングローズのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①クライミングローズの育て方(環境、土、肥料、水やり)

クライミングローズを育てる際は、日当たりと風通しの良い場所で管理します。

育てる際の用土は、水はけと水持ちの良いものを使用します。

育てる際の肥料は、元肥を根に触れないように与えます。

育てる際の水やりは、鉢植えの場合用土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

庭植えの場合は、極端に乾燥する場合のみ水やりをします。

 

②クライミングローズの画像(写真)!特徴は?

クライミングローズは茎の節間が長くなり、支柱に寄りかかって成長するのが特徴です。

花色は赤・ピンク・白・黄・オレンジ・紫・青など色々な種類があります。

クライミングローズの枝は固く、光を求めるようにして伸びます。

 

③クライミングローズの開花時期や季節はいつ頃なの?

クライミングローズの開花時期は春~秋(4~9月)です。

 

④クライミングローズの鉢植えで育てる際のポイントは?

クライミングローズを鉢植えで育てる場合は、7号以上の深さがある鉢を選びます。

また、元肥は根に触れないように植えた後に置き肥として与えます。

 

⑤クライミングローズの剪定や誘引のポイントは?

クライミングローズの剪定は、冬の時期に行います。

株元から出ている新梢が多く出ている場合は、古くなった枝を株元から切り取り、新しい枝に切り替えます。

誘引の際は左右に振り分け、なるべく水平に誘引することで「頂芽優勢」の性質により多くの蕾がつきやすくなります。

 

⑥クライミングローズの花言葉はなに?

クライミングローズの花言葉は「いつも美しい」「無邪気」「愛」です。

 

⑦クライミングローズの種類や品種は何があるの?アンジェラやブルームーン、ロココなど

クライミングローズの種類には「アンジェラ」「カクテル」「ブルームーン」「ロココ」「ドロシー・パーキンス」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)