【トキワハゼのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、トキワハゼについてまとめていきたいと思います。

 

トキワハゼはハエドクソウ科の1年草で、葉が一年中あり、果実がはぜる様子から名前が付けられました。

 

今回は、トキワハゼについてのポイント、

①トキワハゼの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②トキワハゼの画像(写真)!特徴は?
③トキワハゼの開花時期や季節はいつ頃なの?
④トキワハゼの楽しみ方!グランドカバーなど
⑤トキワハゼに似た花は何がある?ムラサキサギゴケ(ムラサキゴケ)など
⑥トキワハゼの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはトキワハゼの育て方からお伝えします!

 

トキワハゼの育て方は?

 

トキワハゼの育て方庭植え、鉢植え、両方に適しています。

植えつけ時期は、冬先の休眠期間に当たる1月から2月、または秋先の9月です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、トキワハゼが好む環境についてお伝えします!

 

トキワハゼの育て方!環境はどうする?

 

トキワハゼが好む環境は、日当たりの良い乾燥しない場所です。

 

日陰で育てると花が付きずらくなります。

乾燥対策としては、鉢植えの場合は二重鉢にして防ぐと良いでしょう。

 

次は、トキワハゼに適した用土についてお伝えします!

 

トキワハゼを育てる際の適した用土は何?

 

トキワハゼに適した用土には、乾燥していない肥沃に富んだ土が良いとされています。

市販の草花用培養土を使うか、鉢植えの場合は、赤玉土6、腐葉土4の割合で混ぜた土でも良いです。

 

次は、トキワハゼに必要な肥料についてお伝えします!

 

トキワハゼの育て方!肥料はどうする?

 

トキワハゼの肥料は、草花用液体肥料を水で1000倍に薄めた物を使って下さい。

肥料を与える時期としては、春から夏の間月に2回程度施す様にしましょう。

 

では次は、トキワハゼの水やりポイントについてお伝えします!

 

トキワハゼを育てる際の水の量はどうする?

 

トキワハゼの水やりは、1日に1回(冬場は2~3日に1回)は必ず与えるようにしましょう。

鉢植えの場合は、土が乾燥していたらたっぷりと与えて下さい。

 

以上で基本的なトキワハゼの育て方については終わりです。

次はトキワハゼの写真をお見せします!

 

トキワハゼの画像(写真)!特徴は?

 

 

こちらがトキワハゼの写真です。

 

トキワハゼは、ハエドクソウ科の1年草で草丈は5cmから25cmほどの高さになります。葉は、根元から分かれて直立した茎に成長することが特徴です。

花は、茎先から星形の蕾を付けて紅紫色の1cmほどの小さな花を付けます。

 

花は、ルーペを使った方が良いくらい小さいです。

また、 花弁は3つに分かれており、真ん中に小さく黄色地に赤褐色の斑紋が見えますよ。

 

次に、トキワハゼの開花時期をお伝えします!

 

トキワハゼの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

トキワハゼの開花時期は、春先の4月から秋先の10月までです。

 

半年間も鑑賞できる開花期の長い花です。

毎日の散策でトキワハゼを探すのが日課になるかもしれませんね。

 

次は、トキワハゼの楽しみ方をお伝えします!

 

トキワハゼの楽しみ方!グランドカバーなど

 

 

トキワハゼの楽しみ方には、絨毯の様に苗を植えつけるグランドカバーという方法があります。

 

グランドカバーには、雑草の繁殖防止や降雨の際の土壌流出に効果があるそうです。

土1面にトキワハゼの苗を植えて置くと、開花期には緑の葉と紅紫色の花のコントラストで庭のイメージチェンジにもなりますよ。

 

次に、トキワハゼに似た花をお伝えします!

 

トキワハゼに似た花は何がある?ムラサキサギゴケ(ムラサキゴケ)など

 

トキワハゼに似た花には、ムラサキサギゴケ、ツタバウンランなどがあります。

 

ムラサキサギゴケは、同じハエドクソウ科の多年草で花期が4月~5月と短く、紫色の花です。

ツタバウンランは、オオバコ科のつる植物で、開花期が5月~7月で、距のある口唇形の薄い青紫色の花が特徴です。

 

良く見比べてみると違いがわかるほど似ていますよ。

 

それでは最後に、トキワハゼの花言葉をお伝えします!

 

トキワハゼの花言葉はなに?

 

 

トキワハゼの花言葉には、「いつもと変わらぬ心」という意味があります。

花の咲いている期間が長く、可憐な花をいつも咲かせてくれることから、心は変わらないということでしょうか。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

トキワハゼのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①トキワハゼの育て方(環境、土、肥料、水やり)

トキワハゼの育て方は庭植え、鉢植え、両方に適しています。植えつけ時期は、冬先の1月から2月、または秋先の9月です。

好む環境は、日当たりの良い乾燥しない場所です。

適した用土には、乾燥していない肥沃に富んだ土です。市販の草花用培養土を使うか、鉢植えの場合は、赤玉土6、腐葉土4の割合で混ぜた土でも良いです。

肥料は、草花用液体肥料を水で1000倍に薄めた物を使って下さい。時期としては、春から夏の間、月に2回程度施す様にしましょう。

水やりは、1日に1回 (冬場は2~3日に1回) は必ず与えるようにしましょう。

 

②トキワハゼの画像(写真)!特徴は?

トキワハゼは、ハエドクソウ科の1年草で草丈は5cmから25cmほどの高さになります。

花は、茎先から星形の蕾を付けて紅紫色の1cmほどの小さな花を付けます。

 

③トキワハゼの開花時期や季節はいつ頃なの?

トキワハゼの開花時期は、春先の4月から秋先の10月までです。

 

④トキワハゼの楽しみ方!グランドカバーなど

トキワハゼの楽しみ方には、絨毯の様に苗を植えつけるグランドカバーという方法があります。

土1面にトキワハゼの苗を植えて置くと、開花期には緑の葉と紅紫色の花のコントラストで庭のイメージチェンジにもなりますよ。

 

⑤トキワハゼに似た花は何がある?ムラサキサギゴケ(ムラサキゴケ)など

トキワハゼに似た花には、ムラサキサギゴケ、ツタバウンランなどがあります。

 

⑥トキワハゼの花言葉はなに?

トキワハゼの花言葉には、「いつもと変わらぬ心」という意味があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)